ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

seo対策 検索エンジン最適化

ライターさん(最終更新日時:2014/4/4)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:1045

印刷用のページを表示する

seo  検索エンジン 検索順位上位 ブログやホームページ

 グーグルやyahooの検索で上位に入るには 初心者向け動画

 

part 1

https://www.youtube.com/watch?v=KPB6JfGi59w

 

part 2 

 https://www.youtube.com/watch?v=RYNyGlSceYY

 

part 3

https://www.youtube.com/watch?v=WEWnfTvOtjg


最新2014

https://www.youtube.com/watch?v=k46J8zamgvQ

 

seo                             

 

 グーグルのエンジニアのmatt Cuts マット カットさん 20135月13日

日本語約 2013年の夏ごろにアップデート予定の話

現在 グーグルが行おうとしていることは深い内容はいえませんが、アップデートする

時期に変更がされる可能性もあるので、ほんの少し言えることは (今日にほとんど確定していること) 次回のペンギン (penguin update 社内では  penguin 2.0 と呼ばれています。) は主にブラックハットblack hat) ウェブスパム (webspam)を行ってランクを上げているサイトをターゲットにしています ブラックハット ホワイトハット 


今回のものは penguin 1.0 より総合的なものになる予定で、さらに深く追求する形になるでしょう。

それと advertorials (アドバトリアル advertisementeditorialを合わせた言葉 広告記事)の中で

本来の広告記事とガイドラインを犯すようなものを見つけ。 もし誰かがお金を払って広告記事を

載せた場合。それはページランクを上げるように反映されないべきです。 アメリカ、世界中で見られるのですが、 料金を取り記事にサイトのアドレスを載せページランクを上げさせる行為。 広告記事がグーグルの指標 を犯すような場合、もう少し影響がでます。 本質的に広告記事や本来の広告は問題があるわけではないですが、広告がページランクをあげるべきではなく。訪問者がこの記事は支払われたもので論説ではないということをはっきりと公開されるべきです


それと専門分野で権限のある人たちを助けるようにしたいです。 医療関係、旅行などでもし記事を書いた人がその分野で権限のある人 (アルゴリズムにより)であればページのランクが上がるように。 それがグーグルではユーザーにとって適切と考えられます。 さらにパンダにも訂正を加える予定です。 細かいところ、質の高いか低いサイト 分かりづらい部分をさらに改良

していきます。また前回のパンダアップデートにより影響されたサイトがしっかり正しく反映されるように。

 

 

 

 

googleペナルティ チェック

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-1

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ