ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

【胎児から成人まで】★子育ての知恵★総集編★【151個】

ライターさん(最終更新日時:2016/5/15)投稿日:

  • ナイス!:

    4

  • 閲覧数:6406

印刷用のページを表示する

・絶対音感を身につける方法

アイマスク学習法を3歳からするのがいい。

具体的には、

①子供にアイマスクをさせる

②親がピアノの音を出す

③その音を子供にピアノで再現させる

これを繰り返し行う。

 

子供成績UP七カ条

①効率的に勉強できる環境を整える

②子供と一緒に勉強する

③ネガティブなことを言わない

④週一で家族みんなで勉強する

⑤勉強をゲーム感覚にさせる

⑥成績のつく仕組みを理解させる

⑦デジタル機器を駆使する 

 


 

子供教育五箇条

①勉強に運動を取り入れる(記憶率13%UP)

②テレビは2時間以内

③過剰な内容を見せない(ホラー・性的描写→伸び悩みにつながる)

④オートミールを朝食にする

⑤毎日同じ時間に寝かせる

 

・子供の三日坊主脱却のために

①目標をはっきり決める

②活動を記録するボードを作る(努力の積み重ねがみえるように)

③親が努力を見守る

 

・子供を寝かしつける方法

①寝る前は刺激を少なくする(テレビなど)。

②寝る儀式をつくる。

③やわらかいものを触る 。

④親が寝たふりをする 。

⑤お風呂にいれる (体温が下がる時に眠たくなる)。

 

・英語の成績を爆発的に伸ばすとっておきの方法

→英英辞書を徹底的に引くこと

 

・天才にする方法

赤ちゃんに

①動くものを見せる

②声をかける

③音楽を聞かせる

3~5歳の時に

①よくしゃべらせる

②よく手や指を動かさせる

が有効。

4歳になるまでに

たくさんの絵本を読んであげる。

遊園地や動物園も4歳までが効果的。

(4歳を過ぎると効果は薄くなる)


・子供3人を東大医学部に進学させた母親

 ・3歳までに絵本をのべ1万冊読んであげ・音楽をのべ1万曲を歌って聞かせた。(一日10冊、10曲程度)

.・1歳から公文式に通い、3歳からバイオリン、4歳からスイミング。習い事は小学校高学年に入るころにやめて、4年生からは進学塾へ。

・兄弟を絶対に比べない。各自が弱い部分をきちんと把握して、その子に応じた方法で改善策を考え教えたそうです。


・妊娠中編

・妊婦さんは生肉・生ハム・レアの肉を食べてはいけない。危険な細菌に感染し、胎児の脳に障害を起こす可能性があるから。
・妊婦さんはガーデニングもしてはいけない。危険な細菌トキソプラズマに感染し、胎児の脳に障害を起こす可能性があるから。
・妊婦さんはマグロなどの大きい魚を食べないほうがよい。大きい魚は水銀が蓄積されているため、胎児の脳に影響がある。
・妊婦さんはマッサージをしないほうがよい。子宮を収縮させるつぼがあるため。早産の危険がある。
・妊婦さんはレントゲン禁止。
・妊婦さんは辛いものは控えた方がよい。妊婦さんは便秘になりやすく、辛いものは痔の原因になりやすいからである。
・妊婦さんは喫煙・飲酒・コーヒー・ウーロン茶・日本茶・紅茶(カフェイン)禁止。麦茶は大丈夫。
・妊婦さんは塩分・糖分の取り過ぎはだめ。
・妊婦さんは自転車に乗ってもダメ。重いものを持ったり、高い所に登ったり、うつ伏せ寝もよくない。激しい運動もよくない。
・貧血に注意。鉄分、亜鉛の不足のママからはアトピーの子供が生まれやすい。
・妊婦さんの温泉は感染症にかかりやすいので避けた方がよい。
・カマンベールチーズ、ブルーチーズなどのソフトチーズは細菌感染の危険がある。リステリア症になり、死産の危険が高い。
・牛乳・卵は必要以上に食べない。子供がアレルギー体質になる可能性がある。
・風疹、インフルエンザなどの 予防接種 がまだの場合は必ず済ませておく。
・妊娠中はレントゲン厳禁なので、健康診断 は先に済ませておくこと(ビザの更新時にレントゲンが必要であるが、妊娠中である旨のドクターの診断書があれば免除される。)
・糖尿病、心臓病、腎臓病のチェックを必ずしておく。糖尿病の場合は、胎児が大きくなりすぎて難産となったり、母体のインシュリンの影響をうけて仮死になったりすることがよくあるらしい。
・デンタルチェックをする。虫歯 はもちろんのこと、とくにかく全てを完治しておく。妊娠後1年は歯を抜くことになっても麻酔は出来ないというのを覚悟するべし。
・妊婦さんは バランスの良い食事 を心がけよう。1日30品目を目標に、野菜や魚をメインにし、塩分や油分、糖分を控え、「和」の食事を心がける。また、葉酸 (Folic Acid) を多く含むほうれん草、ブロッコリー、アスパラガス、キャベツなどは、妊娠する3ヶ月前から摂取するのだとか。但し葉酸は熱に弱いため、サプリメントをとるのが一番。
・魚には ダイオキシン が蓄積されている場合があるので、アジ、イワシ、サバ、サッパ(ママカリ)、コノシロ(コハダ)、ハマチ(ブリ)、ハゼ、タチウオ等の近海魚は避けるべき。逆に、エビ、タコ 、イカ、貝類、遠洋魚(カツオ、マグロ、サンマ)等はOKらしい。(水銀にも注意を払うべき)ダイオキシンがくっつきやすい脂の多い魚は危なく、特にダイオキシンが蓄積されている

内臓は、絶対に食べてはいけない。脂の少ない日本海側で捕れた魚が良いということだ。
・ポテトチップスやフライドポテトに、発ガン性物質が大量に含まれている のだそうだ。
炭水化物(デンプン質)を多く含む穀類を高い温度で調理することより、発ガン性物質であるアクリルアミド(acrylamid)が生成される。中でも、ポテトチップス、フライドポテト、かりんとう、コーンスナックはアクリルアミドの検出率が高い。

 ・葉酸は妊娠3カ月までは大切な栄養素であるが、それ以降も摂りすぎると逆に子供が喘息になりやすくなるので注意。

・ツワリが強いほど元気な子。ツワリは胎児が最も大切な器官を形成している最中でその時期に母が悪いものを食べて影響を受けないようにする胎児の防衛反応です。


・勉強・IQ編

・風邪薬を試験前に飲むとアセチルコリン濃度が低下し、思い出すことが困難になる。

・カレーを食べると数時間IQが7ポイント上昇するので試験前に食べるといい。

・褒めるときは「頑張ったね」を使い、絶対に「頭いいね」を使わない。「頑張ったね」を使うことで、応用問題にも挑戦していき、さらに成績が伸びる1.3倍アップ。「頭いいね」を使うと成績が20%ダウンする。

・バイリンガル脳は7歳までに英語・日本語の環境に置くことで作られる。

・勉強にはには青ペンを用いて、記憶ノートに覚えることを書くまくるのが効果的。ポイントは青ペン。青ペンで勉強させるように。

・親が高学歴の人を褒め尊敬することで、子供も憧れ、自然と勉強は絶対善だと思うようになる。

・できない子には、どんなに簡単でもわかる問題を与えよ。

・子供の見ているところで、本を読め。子供も本を読むようになる。
・「お父さんとお母さんの子なんだから、できるに決まってる」といって育てる。それが自信になる。

・運動神経・性格・IQなどもすべて3歳までに決まる。
・箸置きを使って食事をすると賢い子になる。

・大豆・卵黄・小魚に含まれるレシチンは体内でアセチルコリンに代わり、記憶を引き出す能力を上げる。

・スポーツや勉強ができるようになりたければ、スポーツ・勉強の後すぐに仮眠を70分とる
・人間は25~26度が快適に作業ができる。

・甘いものを食べ過ぎると、頭の回転が鈍くなる。また脳卒中のリスクが上がる。

・生後2年の時期お菓子や市販の清涼飲料水などをよく摂取していた子供はIQが最高で2ポイント低く、健康的な食生活をおくっていた子供はIQが最高で2ポイント高かった。また生後2年間の食生活は、脳組織の発達に必要な栄養分を吸収するため、子供にとって非常に重要なものです。そのため親は、子供たちに与える食事をしっかり考慮しなければなりません。

・妊娠中の食事で子供の性格が決まる。基本は高タンパクで、魚を食べること。肉を食べたよりも子供のIQが高くなる。

・14か月までにジェスチャーでコミュニケーションを取ろうとした親子の場合、4歳の時点で語彙力が2倍の差が生まれる。
・またジェスチャーする夫婦は高収入なことが多い。

・殺虫剤・蚊取り線香は子供のいるところで使わない。IQ低下を招くからである。

・3歳まではインプットのみ。アウトプットできなくてもいい。

・教育方針が変わると子供が混乱して、うつ病の危険が出てくる。したがって、12~15歳までは勉強を絶対善とするなどの、一貫した教育方針をとる。たとえば、「勉強がすべてではないんだ」と15歳くらいまではいってはいけない。

・ipad教育は子供の学習への参加を促進するため、教育上効果的だと判明。
・質問された時:子供に何か質問された時には、すぐには答えてあげないほうがいい。「どう思う?」と逆に聞き返して、考える時間をあげるのが、教育にはよい。
・東大合格には「人に頼るな!自分で調べる力」がとにかく大切!子どもが安易に答えを求めてきたら、思い切って知らないフリをしてみよう!

・人は、目線の下の光は焚き火を連想し、落ち着く上からの光は太陽を連想する。なので勉強はデスクライトですると落ち着く。
・フラッシュカードを、リズムとちょっとした刺激を耳で聞いて覚えるといい。2歳くらいから。
・水色を見ていると時間が短く感じる。したがって、勉強部屋は水色で統一するといい。逆に赤は時間が長く感じる。
・国語力をアップさせるには、4コマ漫画を文章化することがいい。
・好きなことを勉強にかえることが、大切。例えば、電車が好きなら、電車に関する文章を英語に変えたりする。

・自由勉強ノートを作って、毎日2ページ自由にノートに興味のあることを調べたりする。これを行った小学校は模試で全国トップレベルになった。
・勉強が終わっら、普段している好きなことをさせると良い。例「宿題や勉強が終わったら、大好きな音楽を聴こうね」⇒〇 「ケーキを食べようね」→×

・姿勢を正しくさせることが最重要。姿勢のいい不良はいない。姿勢のいい子は、集中できる、勉強できる、スポーツもできる。

・3~5歳の子供の質問には絶対に「どう思う?」と聞き返して考えさせること。

・母乳で育った時期が長い子どもほどIQが高くなる(米研究)。7歳の時点でIQテストを受けさせると、1歳になるまでの1年間を主に母乳で育った子は、哺乳瓶のミルクのみで育った子に比べ、言語領域のIQが4ポイント高くなったそうです。それに加え、母乳の時期が1カ月延びるごとにさらに0.35ポイントずつ上昇したとのこと。

・虫取りが大好きな少年は理系の天才になる。

・赤ちゃんの脳は物に触れることで発達する。

・時間を決めず欲しがった時に授乳した方が子どもの頭は良くなる。

・毎日、絵本で読み聞かせすることで脳が発達する。
・ダンスや踊りが真似てすることが脳を発達させる。

・子供は6ヶ月で言葉を理解できる。

・手のひらに数字・文字を書いて、覚えるようにすると、IQが高まる。

・アメリカの研究では、18才以前に生殖行動=セックスを体験した女子の場合、 高校中退や大学に行かない確率が2倍程高まる。

・6歳で音楽を始めると脳が5%大きくなる。IQの上昇も著しい。

・百ます計算は凄まじい成果を残している。

・ある実験によると、12枚の課題を2時間でやった場合、平均5枚しかできなかった。逆に30分に3枚の課題を4回に分けてしたときは12枚できたという。

・勉強は少し暑い・少し寒い環境ですると頑張れる。

・何よりも大切な学習は「読むこと」なのだそう。 文字に集中することは、読み書きの能力だけでなく、数学や科学の分野でも能力を高めることが分かりました。

・4歳までに「我慢」を覚えると、後々成績が上がる。

・鉛筆の持ち方が成績を左右する。正しい持ち方をすると読みやすく素早く字を書くことができるので、効率的に勉強を進められる。

・「て・に・を・は」を意識して音読することで国語力が上がる。家庭でも、「ティッシュ【を】とって」など親も意識して使うようにする。10歳までに「てにをは」をしっかり覚えるのがいい。

・親は子供を怒る前に6秒を頭の中で数えて待つこと。感情的に怒ることがなくなる。

・6歳までに「ツッコミ」を覚えた子供はよく考えるようになる。具体例:親は(馬を見て)、「牛さんかわいいね」と言ってみる。

・リビングは適度に散らかしておいた方がよい。それが子供の好奇心を刺激する。

・子供に読み聞かせる時には、同じ絵本を何度も読んであげた方が、言葉を覚えやすい。

・小学校受験前にしておくといいこと→一緒にクッキング・トランプ→考える力が付く・コミュニケーション力が付く

・小学校受験の親の面接では標準語を使うべき。

・面接試験で気を付けること→①学校の教育方針には賛同すること②周りの人々に感謝する姿勢を示すこと③いじめが起きた時の対応は担任に報告すること




・生活・健康編

・アレルギー予防には赤ちゃんの頃から皮膚をクリームで保湿することが有効。

・アレルギー反応を抑える物質を増やすのには昆布を食べることが有効。

・息子を「さん」付けで呼ぶとモテる子供に育つ

・子供に何かしてほしい時には、お願いをする⇒「それはダメ」と言っただけで言うことを聞くようになる。怒らずに済む。
・朝は起こさない方がよい⇒ちゃんと自分で起きるようになる
・子供の思春期にに「クソババア」「うるさい」と言われれば、子育て大成功
・時間を決めず欲しがった時に授乳した方が子どもの頭は良くなる。
・名前が人生に与える多大な影響:不運な名前の人は喫煙する傾向が高く、教育レベルが低く、自尊心が低い傾向にあるそうだ。

・デート相手を探すサイトにおいて人気のある名前は人気のない名前よりも2倍以上の数のプロフィール閲覧数があったという。名前による人気の差は確かに存在するようだ。
・三歳までは徹底的にかわいがる。
・甘やかして育てると甘えない子供になる。反抗期が短くなり、高価なものも買わずに済む。
・発音しやすい名前の人は出世が早い:社会心理学の論文に発音が簡単な名前の持ち主は社会的に成功しやすいという調査結果が発表された。名前の長さや名前が異国風かどうかという点よりも、いかに簡単に発音できるかがポイントだそう。
・父親が教育に関して子供に口出ししないと不良になりやすくなる。口出しするように。
・母に厳しく(時間通りに授乳)された子は太る。授乳はほしがった時に。
・乳児期の肥満は、親の寿命と関連しており、親の寿命が短いことが分かる。
・授乳中の母の食事を低たんぱくにすることで、子供の寿命が伸びる。
・十分に満足な生活だと寿命が2/3になる。腹八分目にしてストレスを加えることで寿命を全うできる。
・母が貧血だと、育児放棄しやすくなる。鉄分の摂取を忘れずに。
・妊娠中に母が好んで食べた物を、子供も好きになる。
・泣いている赤ちゃんは、思いを表現している。叱ると感情表現が下手になる。叱らないように。
・ケンカする子ほどやさしい子になる。
・元気に育つ(病気をしない・よく成長する)新生児はよく話しかけられている。
・嫌がるものは食べさせない方がよい。
・明るいところで寝かせると将来近視になりやすい。薄暗い所がいい。
・子供が嫌がることは無理にさせない。
・布団は頻繁に干さない。ぜんそくの可能性が高まる。
・父親が高齢な子供は長生きする。
・娘が父親に対して"怖い"、"厳しい"、"頑固"、"近寄りがたい"というイメージをもっていると自分に自信がもてない。反対に、娘が父親に対して"自分は父親の役に立っている"、"自分は頼りにされている"というイメージをもっていると自分に自信がもてる。
・猫を飼っているとトキソプラズマに感染する可能性が高まる。感染すると、統合失調症や双極性障害にかかりやすくなる。
・夏はおなかにタオルをかけて、それをどけるとおなかを壊す。初めからかけなければ、おなかを壊さない。
・朝晩10分の日光浴は、ビタミンDを合成させ、頭がよくなり、インフルエンザにかかりにくくなる。

・部活などで筋肉を付けたい場合は、運動の後30分以内に糖分とタンパク質を摂るとよい。

・タンパク質が不足することと、糖分を取り過ぎることはともにイライラさせ、ケンカの原因になる。
・2,3歳の第一次反抗期の「嫌だ」をつぶすと自己肯定力が育たない。「嫌だ」⇒「ああそうですか しりませんよ」でOK。
・子供は7歳から大人の嘘(自分が得する嘘)をつくようになる。注意するのは7歳からがいい。
・赤ちゃんにミルクと毛布を見せた場合、毛布を選択する。赤ちゃんは温かさを求めている。
・父が浮気すると、子も浮気をしやすい。
・第一子が2,3歳の時に、最も離婚しやすい。それは、母が産後にホルモンバランスが2年程度は崩れているために、交感神経が優位になっており、攻撃的だからである。それを見た夫が妻は変わってしまったと感じるために離婚の可能性が高まる。またこの時期、妻は資格を取りたいと思うようになりやすい。
・子供を怒り過ぎると免疫力が低下する。
・「野菜を食べなさい」⇒「なんで?」⇒「体にいいからね!」と断定するのがいい。ただ、それは0~6歳までに断定しておかないといけない。
・高脂肪が好きな夫の子供は、糖尿病になる可能性が高い。
・リビングと子供部屋が遠いとひきこもりになりやすい。
・子供部屋は白がいい。ただし、白すぎるとよくないので、絵をかけたりした方がいい。
・3歳まで親と一緒に寝てないと、ぐれやすい。
・排卵日に娘は父のにおいで父を嫌いになる。これにより、近親相姦を避けている。
・親の愛情を受けてない女性は、離婚率が2倍になる。
・夫婦仲が悪いと子供の学力に悪影響がある。
・7歳から父親と昆虫採集をするのがいい。将来結婚しやすく、子供の数が多くなる傾向に。

・5~10歳の間に来ている服が人格に影響を与える。セクシーな服をよく着ていると、プライドのない行儀の悪い子になる。逆に子供らしい服を着ていると行儀のいい子に育つ。

・3~7歳の頃の色の好みは大人になっても続く

・親は子供を①信じること②見つめること③しつけることが大切。

・子供がちゃんとできたら、「やったね」「ありがとうね」と自分の気持ちを伝える。褒めすぎると良いことをしないと褒められないと思ってしまう。

・子供と遊ぶコツは、子供の動きを観察して真似をすることである。子供は関心を持たれるとやる気になる。

・子供を泣きやませたい時、「痛いなら検査に行こうね。検査はもっと痛いよ。」と言ってみる。

・一歳未満には、牛乳を与えてはいけない。また、ほこりの少ない衛生的な環境が望ましい。アレルギーの原因になるため。

・野菜嫌いには「ベーコンスープ」がおすすめ。

・子供の好き嫌いについて、苦味は毒物、酸味は腐ったもの連想するため、本能的に避ける

・①親切にする②ルールを守る③勉強する④嘘をつかない これをしつけられた子供は年収が平均より86万円高い。

・家族とゲームをして育った女の子は、落ち着いた子に育つ。

・一説ではしつけはしない方がいいと言われる。

・多くのワクチンの保存料には水銀が含まれているため、メリットが上回るときだけに限定する。


----------------------------------------------------------------------------

↓「ナイス!」ありがとうございます!


このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ