ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

広汎性発達障害のWAIS-Ⅲ知能テスト

ライターさん(最終更新日時:2013/6/18)投稿日:

  • ナイス!:

    22

  • 閲覧数:45120

印刷用のページを表示する

いわゆるIQを調べる知能テストのことです。

おそらくその業界ではごく初歩的というか、調べるなら

まずはコレっていうのがウェクスラー成人知能検査

というテストです。

 

アスペルガーを疑った私も、病院にてこの検査を何週にも

わたって受けてきました。その結果により、アスペルガーだとか

自閉症傾向だとかADHDだとか、いろんな細かい分類がされます。

 

よく、空気が読めないとか人と関わるのがへたという理由で

「私はアスペなんだ」といってる人がいますが、それは正確な

ものではありません。アスペも、私の広汎性発達障害も

こういったテストを病院や施設等のきちんとした指導や

観察の元で行われたもので、そこで初めて診断されます。

つまり、診断されないことには、正確な発達障害ではありません。

 

しかし「アスペ」という言葉は、そういう「空気よめねえやつ」の

俗語みたいになってしまったので、このたびなくなることに

なったんじゃないか、と勝手に思っています。個人的には

まあどうでもいいかなって感じです。

 

どんなテストかというと、ネットで調べたら出てくると思うので

あまり詳しくは書きませんが、14種類もあり、一度でやりきれる

ものではありませんでした。よくテレビでやってる「コレができたら

IQ110」とかいうような感じ・・・ではあるんですが、あんなおもしろ

おかしいものではなくて、もっと地味でまじめで静かで暗いw

 

テレビのやつは、一問できたらIQいくら、みたいに言われてますが

一問どころじゃない量を、淡々と黙々となんども繰り返すように

進めていくので、結構うんざりします。正直もうやりたくない。

 

大雑把に言うとこのテストは以下の項目で評価されます。

詳しくは以下リンクなど、ネットにいっぱいあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ウェクスラー成人知能検査

 

■言語性検査

知識、数唱、単語、算数、理解、類似

■動作性検査

絵画完成、符号、積木模様、行列推理、絵画配列、記号探し、組合せ

■総合評価

 

各項目別にテストがあります。たとえば「言語の理解」であれば

ある熟語を挙げられて、「どういう意味ですか」など説明させられたり、

「動作性の組合せ」などは、柄のついたブロックを渡され、見本と

同じ模様にするとかたしかそんなんだったと思います。これが、

2~3回ではなく、何十回もあり、だんだんと難しいものになっていく

ので結構なストレスというか、疲れが出ますw特に苦手分野(誰にも

起こるそうですが)の場合などは、心底うんざりしてしまうほどです。

ずっと検査士の方とマンツーマンです。時間も計られています。

 

そして全てが終わり、数週間後に結果をいただくのですが、

知能指数は数字で書かれており、さらにグラフにも表されています。

それによって診断されるという仕組みです。

 

大体このテストで、健常であればなだらかな折れ線グラフになります。

もし、仮に発達障害になりきって?思い込んで受けたとしても、

だいたい結果は本人に忠実に、正確に出てくるそうです。

 

IQも85~115以内で、偏りは誰にでもありますが、基準値内での変動。

偏りというのは、簡単に言うと得意不得意、なので個性というヤツです。

たまに、人とコミュニケーションが取るのが苦手だから、アスペだとか、

仕事がうまくいかないからアスペだ、と診断されに来る人がいるそうですが、

ほとんどの人はこの結果で「普通です、大丈夫です」と証明されて

しまったりもするそうです。。テストの使い方がおかしいですw

 

私の場合ですが、検査結果は先生が言うには「見事にガタガタ!」

と第一声に言われました。実際に見ると、まあすごかったです。

自作自演でここまでえらいことにはできないと思いましたし、ちょろっと

書いてある占いみたいな診断コメントも、妙に当たっていて、驚きました。

 

私の検査結果で極端だったのは以下のとおりです。

非常に高かったもの

●言語理解・単語 (IQ120~)

言葉の意味、由来、使い方など、要は理屈っぽいんだと思いますw

これに関しては、私が対人で話をするのが苦手で、文章で書くほうが

表現しやすいといったことから、潜在的にはもっと上かもしれないと

言われました。テスト自体は口頭でした。少し詰まり気味だった気も。

●行列推理・組合せ (IQ115~120

なんだかよくわかんないですが、推理能力だそうです。たぶん

なにか似たような記号が並んでて、次に来るやつは何だみたいな

やつかなーと。自分ではあんまり好きじゃない問題でした。

 

非常に低かったもの

●算数 (IQ70)

これはひどかった・・・。算数というか、記憶能力の問題でした。

「3・6・2・・・」などランダムな数字を言われて、同じように言えるかとか、

逆から言ってみてとか、暗算をしたりするっていう。もうさっぱりわからず。

そういえば、電話番号どころか、郵便番号も覚えられないし、暗算なんか

繰上りがある時点で一桁でもフリーズする。いまだ7+8とか悩むw

数を数えるのも本当に苦手で、100個あるものを数えても、数え終わると

100にならないということが頻繁に起こります。70というのは、障害

と健常のボーダーなんだそうで、ショックというより納得しました。

 

※なのに、因数分解だとか何とか方程式だとか、証明だとかは

難問になるほど大得意で、算数、数学の成績はわりといい方でした。

おそらく、IQの高い推理、統合などの分野でもあったからかもしれません。

 

●記号探し(IQ75~80

これもなんだかよく覚えてないけど、急かされた気がする。苦痛という

思い出しかなったので、アレですが、要は処理能力だそうです。

作業をすることに、飲み込みが早く、手早くできるかなどです。

絵画は得意で大学も美術だったんですが、それとはちょっと違うらしい。

 

と、よいものは飛びぬけてよく、悪いものはこれまたすごく悪い

この特徴があるのはアスペルガー、発達障害なんだそうです。

このIQ120で「東大入れるじゃん!!」って一瞬思いますが、

私は無理です。なぜなら記憶力のほうで大ゴケしているので、

頭は動いても、開放に導く素材を頭に残しておく能力に欠けて

いるので、東大なんか全然無理wwつまり、思考はできても

そこに必要な予備知識(暗記系)が一切身につかないんです。

英文の作り方はわかるけど、単語書けねえって言ってるようなもの。

 

私の場合アスペルガーでなく広汎性と診断された大きなポイントは、

記憶能力です。アスペの場合、ここはとても良いのが特徴で、思いっきり

落ち込んでいる私は若干別枠になる。あと、アスペに不足している項目

が普通だったり良かったりと、若干典型パターンとはずれるそうです。

特徴としては、発達障害だが、アスペルガーには当てはまらない

という意味で、広汎性発達障害・ADHD(注意欠陥)と診断されました。

このように、極端なんですが、おもしろいことに総合(平均値)は、

超平均の100前後のIQでしたwアテにはならないんですが。。

わかりやすく言うと、学校の勉強5教科の評価で、健常の人は2~4

の範囲で平均すると3になるのに対し、私などの発達障害は、1か5

オンリーしか取らずして、平均で3になった、っていう感じです。

 

 

極端がゆえに、ほかの平均的な人ととの折り合いが難しかったり、

一般の人の普通や常識が、少し理解しにくかったりすることが

発達障害であることのデメリットともいえますが、それをデメリットと

取らない人もいます。ほんとにその個人によるものなんですねー。

 

個人的には、女の人に良くある「察して」や「皮肉」が全然意味が

わからない上に、あとからじっくりと考えないと理解もできないので

女の友達がほぼいません。その辺は損だなあとは思いますが、

少しめんどくさい気も正直するので、まあいいかと思っています。

ただ、それで悩むのなら、やはり「察するとはどういうことか」という

学習をしなければなりません。元々あるものではないのなら、

嘆くよりも学習、努力・工夫しかないと思います。なんとかなります。

 

 と、こういう話をすると、妙に同情されるとかちょっとかわいそう目線

で「気にせず前を向いて生きろ」とか言う人もいますが、私個人は

気にはなるけど気には病んでいません。(こういう言い回しがポイです)

気に病むもなにも、別に診断されたからって何も変わらないんです。

診断前が現状で、診断後なにかアカンことになったわけでもない。

なので、言われても「そっかーー!」で感情面は終わってしまいました。

なので、あまり同情的に接してこられると、ちょっとめんどくさいです。

 

個人的に分析とか好きなので、こうしてこまごまと書いています。

そもそも検査に行った理由が、「発達障害のような状態で困っていた」

のではなく「自分のコレはなんなのか」に興味を持ち、調べて明確に

しなければ気がすまなくなったからです。「わかったところでどうなるの」

とよく聞かれましたが、どうもなりません。すっきりするだけで、目的は

「知りたかっただけ」です。「こだわり」という特徴の一つともいえるかも。

もちろん、本来は「困っている」と思う人が診察を受けるべきです。

私は最初「この理由で検査は怒られるかな」と思っていました。

怒られはしませんでしたが、正直にその旨を話し、了承してもらいました。

 

上に書いた、「うまくいかないから発達障害のせいにしたい」という人は

実は結構多いようですが、やはりあまりそういう使い方はお勧めは

しません。私の「興味が止まらないから」というのも変ではありますがw

実際は私もうまくいかないことが多かったというより、うまくいかない

のが普通でした。なので、「うまくいくはずなのに悔しい」という意識は

あまりなく、「うまくいかないのが普通だから、やりたければ気にせず

人の倍努力や工夫をすればいい」と考えて生きてきました。

 

別に前向きなわけでもなく、理屈に従っていただけだと思います。

「偉いね」という人もいましたが「できないならしょうがないでしょう、

普通にできるに越したことないわ」と思っていました。偏屈です。

 

そういう違いは自覚がありましたし、自然とできている普通の人が

とてもうらやましかったのも事実です。たとえば、100数えるとか、

子供の頃はできなくてもたいてい大人になれば間違えないでしょう?

当然、いつまでもできないことを叱られます。損だなあと思います。

叱られたってどうしようもないんです。69の次が70ですよね。でも

「・・・じゅう・・きゅう。あれ?十の位は6だっけ7だっけ」ってなる。

ありえない忘れ方を普通にします。それを「責任感が薄いから」

とか叱られます。そういう問題ではないのに、とかいうと余計

叱られます。そういうときは少し困ります。

 

普通にできたらいいのに、と思いつつ、でもできないから、しょうが

ないのでなにかしらひと手間工夫する。100数えるなら、一気に

100まで数えるのではなく、10まで数えるを10回繰り返す。

その10も数えてるうちに忘れるのでメモをする、など、です。

正直面倒です。当然こんなことせず普通に数えられたらいい

に違いありません。

 

理解をして欲しいとか、気を使って欲しいとかも、個人としては特に

ありません。私としては、わかってもらえるのはありがたいけど、

自分でできる限界のことまではやるよという考えなので、あまり

他人に期待していない面がちらほらしてる気もします。でも

どうしてもだめなところは、正直にお願いしたり、助けを求めます。

 

けれど、読んでいただく方で、当事者の方やご家族の方の場合、

困惑や心配で視野がとても狭くなってる方もたくさんいらっしゃる

と思います。特にご家族などは。けれど、意外にも本人は客観的に

とらえ、思ったよりもドライだったり、またコレ自体とは全く別のところで

悩んでるという場合もあります。どうか広い視野を持ってください。

 

そういうのもほんとに人それぞれなので、テストや傾向もいいんですが

あくまでメインは個人、その人自身をしっかりと見てあげて欲しいです。

テストはあくまでサブというか、参考程度でいいと私は思います。

読んでいただいた方で、もしご参考になれば、幸いです。

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ