ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

ヨガ・インストラクターになるには

ライターさん(最終更新日時:2013/6/28)投稿日:

  • ナイス!:

    19

  • 閲覧数:78741

印刷用のページを表示する

はじめに

 ヨガのインストラクターになりたいという方は沢山いらっしゃると思います。

そこで、どうやったらインストラクターになれるの?

という方にインストラクターになるまでの道のりを解説します。

 

ステップ1 ヨガを経験する

 「ヨガの先生になりたいんです。ヨガ未経験ですけど」では流石に無理がありますので、まずは生徒として、ヨガスタジオやフィットネスクラブである程度の経験を積みましょう。

経験が浅いと養成に付いていけなかったり、卒業できないといった事態になりかねないので、それなりに出来るようになるまで頑張りましょう。

 

また、色々なヨガを体験して自分に合ったものを見つける事も重要です。

 

 私が養成講座を受けたスタジオでも、まったくの未経験者がインストラクター養成講座を受けに来る人がちょくちょくいるそうで、そういう場合は丁重にお断りするそうです。

 

ステップ2 養成講座探し

 ある程度の経験を積んだら、次はインストラクター養成講座探しです。

養成講座は本当に沢山あって、色々なスタジオで行われています。

10時間程度の短いものから、200時間を超える大掛かりなものまで千差万別です。

どれが良い悪いというのもではないので、自分に合ったものを見つけましょう。費用は10万~50万程度です。

 通っているスタジオで養成講座があればそこで受けてもいいし、これまでに習ったヨガの先生に相談するのも良いと思います。

 

 知識や技術向上のために複数の養成講座を受けたり、インストラクターになった後にも受けに行く先生もいらっしゃいます。

ヨガは一生勉強みたいなものですからね。

 

 養成講座は絶対受けなければならないかというと、そうではありません。

ヨガインストラクターの資格は各スタジオや団体が独自に認定しているだけなので、情報処理資格のような国家試験の類はありません。

また、資格であって免許ではないので、必ずしも資格取得が必要という事ではないです。

なかには養成講座は受けずに、親しい先生から個人指導を受けてインストラクターになる方もいます。

ただ、資格があった方が履歴書が書きやすく、採用されやすいのも事実です。

 

ステップ3 養成講座を卒業

 養成講座は実技(ポーズ)だけでなく、哲学や解剖学なども学びます。

なので筆記用具は必ず持っていきましょう。

 通常の流れとしては所定の時間の授業を受けて、卒業試験(認定試験)をクリアして卒業となります。短時間の養成の場合は卒業試験は無いこともあります。

 

卒業試験をクリアして晴れて卒業となりますが、私の知り合いにも何度も挑戦して不合格を繰り返している人もいます。

重要なことは練習することです。教わった事は次回の授業までに理解し、実技であれば出来るようになることです。

 

養成の時間=勉強時間ではありません。養成の期間=勉強時間なのです。

 

ステップ4 クラスを持つ

 養成講座を卒業したらいよいよ自分のクラスを持ちます。

といってもそんな簡単なことではありません。新人お断りや、経験3年以上というスタジオも多くあるからです。

 

方法としては主に3つです。

 

(1)養成講座を受けたスタジオにそのまま所属する。

 養成講座を実施しているスタジオのなかには、そのまま所属インストラクターとして採用する制度を設けているところもあります。

そのスタジオでクラスを受け持つだけでなく、他の施設を紹介してくれたりします。

ただし、この場合はロイヤリティーが発生し、レッスン代の10~20%を支払うことになります。

 

(2)知り合いのインストラクターに紹介してもらう。

 養成を受けた先生や、これまでレッスンを受けた先生に相談して紹介してもらうという方法です。

紹介された側もむげには出来ないので、そのまま採用される可能性が高いです。

この場合はフリーの扱いのため、ロイヤリティーも発生しません。

 

(3)頑張ってオーディションを受ける。

 インストラクターの募集はスタジオやフィットネスクラブでよく行われています。

ただ、インストラクターの絶対数が多いため、競争率も非常に高くなります。

ダメもとで多く受けてみるのが良いと思います。それも経験です。

 

おまけ 私がインストラクターになったわけ

  そもそも私は運動経験ゼロで、部活すらやった事のない人(帰宅部)でした。

GWに暇だったし、最近太ってきた事を気にしていたので、近所のスポーツクラブに行ってみることにしました。

 

 まずはジムで筋トレやって(実際にはやらされた)、次にスタジオレッスンに入りました。ここで、これまで運動する事の無かった私の人生で、初めて運動が気持ちよく楽しいと気づきます。

エアロビクス、ダンス、ヨガ、格闘技などなど、どれも楽しく、なにより痩せました。

初めは身体も硬かったのですが、その頃(約6年前)はヨガブームで毎日のようにヨガのクラスがあり、みるみる柔軟性も高まっていきました。

 

それから3ヶ月くらい経った頃、ニューロン体操(気功法と呼吸を合わせた体操)の先生から「あなたはインストラクターになるべきよ」と言われましたが、その時はなんとも思いませんでした。

 

それからすぐに、今度はルーシーダットン(タイのストレッチみたいなもの)の先生から「インストラクターになりませんか」と誘われました。自分はもしかしたらインストラクターに向いているのかも?と思い、養成を受けることになります。

 

養成は3ヶ月程度でしたが、その間に今度はヨガのインストラクターさんから「養成講座を受けてみませんか?」と誘われて、ヨガの養成も受ける事になります。

 

そして現在、ヨガとルーシーダットンのインストラクターをやっています。

 

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

あなたにおすすめの知恵ノート

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-3

yamasan_mk3さん男性

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ