ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

馬券の買い方~初心者のための馬券講座②~<ボックス・流し・マルチ・フォーメーション>

ライターさん(最終更新日時:2017/2/15)投稿日:

  • ナイス!:

    12

  • 閲覧数:39133

印刷用のページを表示する


馬券の購入方法について

前回の「初めての馬券購入①」で馬券の種類について触れましたが、今回はさらに実践的な内容です。

実際に馬券を購入するにあたって、様々なパターンがあると思います。

 

 ・馬連で5頭すべての組み合わせを買いたい

 ・本命馬1頭から相手数頭買いたい

 ・馬単で1着流しと2着流し両方買いたい

 ・3連単で1着に2頭、2着と3着に5頭買いたい時などなど

 

こういった時にひとつひとつマークシートに記入したり、ネット投票で選んでいると、間違いや見落としがあるかもしれませんし、点数が多くなりすぎて大変です。

 

そこで次に紹介する馬券購入のテクニックを使用します。

とてもスリムで簡潔に購入する事ができます。

 

馬券購入テクニック①ボックス

ボックスとは、選んだ複数の馬番の組み合わせを全通り購入する方法です。ボックスを含め、以下のテクニックは2頭以上の組み合わせで使用するので、単勝・複勝には使用できません。

例えば、馬連①②③④の4頭のボックスだと、

 

①-②、①-③、①-④

②-③、②-④

③-④ の6通りです。

 

いかがですか?ひとつずつ購入すると6点分になるものを

「①②③④のボックス」とする事で1回で済みます。

 

同様に枠連・ワイド、馬単、3連複や3連単でもボックスが使用できます。

枠連の場合同枠(⑧-⑧や⑥-⑥等)を買うかどうかに注意して下さい。

3連単の場合は点数がかなり多くなります。3連複のボックスの6倍になります。

 

【こんな時に使用!】

・有力馬は絞れたが、軸馬が決まらない

 

馬券購入テクニック②流し

流しとは、軸馬と相手馬を決め、軸馬からすべての相手馬を対象に購入する方法です。

例えば、馬連でを軸馬、⑤⑥⑦⑧⑨を相手馬とすると、

 

-⑤、-⑥、-⑦、-⑧、-⑨ の5通りです。

 

同様に3連複で軸馬、相手馬⑤⑥⑦⑧⑨とすると、

 

-⑤-⑥、-⑤-⑦、-⑤-⑧、-⑤-⑨

-⑥-⑦、-⑥-⑧、-⑥-⑨

-⑦-⑧、-⑦-⑨

-⑧-⑨ の10点です。

 

3連単の場合は軸馬を1着固定にして相手馬を2~3着にする「1着固定流し」、

同様に軸馬「2着固定流し」「3着固定流し」と、

次に紹介する「マルチ」があります。

 

【こんな時に使用!】

・馬連や3連複で軸馬は堅いと見て、絶対に絡むようにしたい

・ボックスだと点数が多すぎるので1頭軸馬にして点数を減らしたい

・3連単で1着が堅い馬がいる時に固定して買いたい

・3連単で単勝2倍以下の超人気馬を2着や3着にして高配当を獲りたい

 

馬券購入テクニック③マルチ

マルチとは、馬単と3連単で、軸馬と相手馬の着順を入れ替えたものを含めすべて購入する方法です。少し言葉では理解しにくいですね。実際に見てみましょう。

 

馬単のマルチは簡単です。軸馬①から相手馬②③④に流した場合、

・マルチなし1着①から2着②③④流しの3点です。(軸馬2着固定もできます)

・マルチあり→上記3点に加え、2着①から1着②③④への流し3点で計6点です。

つまり「裏」も購入するって事です。軸馬が1着の時と2着の時両方が対象です。

 

3連単のマルチは少し複雑です。

「軸1頭マルチ」と「軸2頭マルチ」があります。

 

軸1頭マルチ

軸馬①から相手馬②③④の場合、

1着①から2・3着②③④に流した場合の

-②-③、-②-④、-③-②、-③-④、-④-②、-④-③ の6点に加え、

2着①から1・3着②③④に同様に流した場合の6点、

3着①から1・2着②③④に同様に流した場合の6点の計18点です。

 

軸2頭マルチ

軸馬①②から相手馬③④⑤の場合、

①-②-☆、 ②-①-☆、 -☆‐、 ‐☆‐、 ☆‐①‐②、 ☆‐②‐①

以上の6パターンがあり、の部分に相手馬③④⑤が入ります。

よって6パターン×相手3頭で計18点です。

 

【こんな時に使用!】

・とにかく軸馬から抜け目なく買いたいが、3連複より高配当の3連単で狙いたい

 

馬券購入テクニック④フォーメーション

最後はフォーメーションについて説明します。

フォーメーションとは1着(1頭目)、2着(2頭目)、3着(3頭目)にそれぞれ馬番を選び、その組み合わせすべてを購入する方法です。同じ馬番を1着と2着など複数の箇所に入れる事も可能です。

 

単勝・複勝以外すべての式別で使用できますが、ここでは3連複と3連単について説明します。

 

3連複の場合

1頭目

2頭目②③④

3頭目②③④⑤⑥⑦

 

‐③、‐④、‐⑤、‐⑥、‐⑦

‐④、‐⑤、‐⑥、‐⑦

‐⑤、‐⑥、‐⑦ の計12点です。

 

3連単の場合

1着

2着②③④

3着②③④⑤⑥⑦

 

この場合‐☆、‐☆、‐☆の3パターンです。2頭目の馬番はすべて3頭目にも入っているので、その他の5点が☆に入ります。

よって3パターン×相手5頭で計15点です。

 

3連単のフォーメーションはよく使われていますが、3連複のフォーメーションはあまり使われていないうえ、知らない競馬ファンもいます。

例のように軸馬◎がいて、2番手候補○▲が複数いて、穴馬△がたくさんいる場合には便利です。

 

【こんな時に使用!】

・3連複、3連単で、

 ◎→○▲△△△△△のような予想になったが、◎からすべて流すと点数が多い。

 ◎は間違いなく、○か▲のどちらかは絡むだろう。でも穴馬△が多い。

・3連単で1着候補は1~2頭だが、3着候補はたくさんいる場合。

 

では実践で使用してみて下さい

 一度見ただけでは覚えれませんが、実際に使って慣れるうちにとても便利な買い方だと気付くと思います。是非、「こんな時に使用」を参考にして思い出した時に使ってみて下さい。

 

ご清覧ありがとうございました。


”初心者のための馬券講座②”では基本的な馬券の種類や用語の解説、実際の購入方法などを紹介しています。


http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n193822

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

Androidの標準ブラウザーでYaho...
 はじめにAndroidの標準ブラウザーの検索窓で、Yahoo!検索を...
幼稚園の補助金について -私立...
この知恵ノートについて 私が幼稚園の補助金、「私立幼稚園就...
iPodtouch 初期設定方法
前書きiPodtouchは購入直後にすぐに使うことができず、初期設...
本文はここまでです このページの先頭へ