ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

中国と韓国の本音がわかります。 南京大虐殺、従軍慰安婦の捏造、竹島、魚釣島、 中国、韓国が戦わずして日本に勝つ戦略を分かりやすく解説します.

ライターさん(最終更新日時:2013/9/29)投稿日:

  • ナイス!:

    4

  • 閲覧数:3089

印刷用のページを表示する

中国と韓国の本音がわかります。 南京大虐殺、従軍慰安婦の捏造、竹島、魚釣島、 中国、韓国が戦わずして日本に勝つ戦略を分かりやすく解説します。 そして日本が今どれだけ窮地にあるかも。

 

 まずは鳩山元首相の最近の発言です。

 

東京で香港メディアの単独インタビューを受けた際「日本政府は釣魚島(日本名・尖閣諸島)に領有権争いが存在することを認めなければならない。中国側が日本が釣魚島を盗んだというのには中国側の道理がある」「日本は挑発行為を止めなければならない」と述べたのだ。 <中略> 中国側から見て日本が中国の領土を盗み取ったというのも一理ある。 <つまり魚釣島は元々、中国領であり日本が不法に領有権を主張しているこの島は、日中友好の為、早急に中国に返却されなくてはならない。え、?>

 

 続きはこちらで、

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n205384

 中国の日本侵略は着々と進んでいます。 この鳩山発言も中国の情報戦争の成果の氷山の一角にすぎません。 韓国の世界中での「慰安婦像建立問題」、「日本海の東海への名称変更運動」、「日本文化への侵略問題、柔道、さくら、刺身、寿司は韓国が発祥の地」等も黙認できるレベルではありませんが、日本の各メディアがテレビや新聞でこれらの現状を報道すれば、日本国内で大きな騒ぎが起きるはずですが、それらの国民に関する重大な情報やニュースは、国内では全くといって良い程扱われません。 不自然ですよね。 わたしは政治とか戦争には疎いのですが(女性は普通そうなんです)とりあえず男性のお友達の力を借りたりして勉強し、ある程度の事を調べる事ができました。 

今の日本の状態って、日本という家が在るとして、家の外ではそれこそ火炎瓶が投げられ、大変な騒ぎが起きているのに、家のドアや窓に当たるマスメディアは、窓に全部カーテンを下ろしてしまって、「外の騒ぎなんて何でもないからね、それより楽しいテレビを見ようよ、韓流も世界中で流行っているから、K-pop聞いて韓国映画みて楽しんで、そうそう今度は日中友好のテレビ番組見ようよ、シルクロードの旅とかね。」 「外の事なんてどうでもいいからさ、政治なんてつまんないから、適当に政治家に任せておけばいいよ~!」って言われているみたい。 すでに家に飛び火しているのに、みたいな状況だと思います。 ねえ、変でしょう?

 

日本人は元来戦争が好きではありません。 「銃を持って闘うなんてってとんでもない」って思っている人も多いようですが、ふと気がつくと日本政府って外交でいつも負けてばかり。 日本人にとってイヤなニュースが聞こえてきます。 本で読みましたが「国と国との外交は、弾丸の飛ばない戦争」だそうです。 日本の外務省は、戦後からつい最近まで、通信する時には平文で連絡していたそうです。 今は盗聴なんて簡単ですから、外交交渉の前に手の内が全てバレてしまっていたらしいです。 それでは交渉に負けるのは当たり前ですよね。 交渉に負けると何十億円の経済損失が出るそうです。時には何百億円に達する場合も。 戦争に負ける前までは暗号でした。 それでも敵国(交渉相手)に解読されていたそうです。 外務省は、最近また暗号を使用するようになったらしいです(多分重要なやり取りだけかも)。

 

昔の中国の本にも、「戦わずして勝つ」が最高の兵法と言われていたそうです。 と言ってももちろん兵力がバックに有っての事です。 兵力、軍事力無くして、「戦わずして勝つ」事はできません。 多分三国志だったかも。 アメリカにもSPEAK SOFTLY AND CARRY A BIG STICK なるコトバが有るとか。 今風に言うと、片手には金属バットをしっかり握って、にこやかな表情と優しい言葉で交渉しましょう

ね、というところでしょうか。 相手を説得する時の例えらしいですよ。

現代の戦争は戦わずして勝つ、つまり「情報戦争」です。 情報戦争の状態では弾丸は飛びかいません。 実質的な戦闘はまだ先のように見えます。 そして、世間が平和で戦争が遠くに見えれば見える程、中国や韓国から見て敵の日本には油断が生じます。 そう見えても、敵(中国や韓国)の「外交」や「情報戦争」が始まっている場合があります。 それは例えば、敵(日本)がそれに全く気がつかない程、味方(中国もしくは韓国)が圧勝する確立が高くなります。 企業に例えるならば、知らないうちに攻撃的な株の買収が行われ、ある日株主総会を開いたら、「営業状態は黒字にもかかわらず」満場一致で経営陣の退陣が可決されるようなものです。

それが、一発の銃弾も撃たず、相手を屈服させる、「戦わずして勝つ兵法」です。 現代ではそういう戦争を「無制限戦争」(中国が提唱しています)と呼ぶそうです。 そしてターゲットは私たちの日本です。 

そんなのどうだってイイよ。 別に日本が中国領になっても、平和に暮らせるなら中国、日本省でもイイよっていう草食男子や草食おじさんも居ると思いますけど、すごく甘いです。 中国のプランはまず尖閣諸島を奪取、そうすると親日国である台湾と日本が引き離される。 次に台湾を併合、 沖縄を奪取、台湾と同じパターンで日本を併合。 やった、これで中国が敵国から味方になるから安心して暮らせる。っていう脳内お花畑さんは中国人と中国の政治と歴史を余りにも知らな過ぎです。 

中国は今、国土の環境汚染が酷く、日本のように安心して住める自然や住環境がありません。(現状でまともなのは3分の一) 以下はわたしの想像ですが、カレシやそのお友達も「イイとこ突いていて寒気がするね」って言われました。 

中国が日本を政治的に占領すると何が起きるでしょうか?

まずは段階的に日本での日本語使用禁止。 公用語が中国語になります。

日本人男子は素晴らしい能力が有るので、公害で汚染された土地に移り住んで母国中国の自然を救う為に汚染除去や緑化が完了するまで現地でがんばってね! そこがOKになったら、こんどはこちらの省へ移住してください。 そこが終わったらこんどはこちらの省へと、民族が消滅するまで中国的な合法派遣が続きます。 独身者には中国人のヨメを紹介しますとなれば、50年で純潔日本人は消滅します。 劣悪環境だと寿命も下がりますしね。 どこかの国と戦争が始まれば、日本人は南京で中国人を4400万人(知らないうちに数字が増えていたりする)虐殺しているから、民族の罪を贖罪するために前線で戦ってください。 特攻機も用意しました。 日本省に住み続けたい女性は中国人と結婚しないと生きていけませんよ。で、純潔日本人はやはり激減します。 男はみんな汚染除去や僻地開発や戦争で前線に行ってしまったので、結婚したいならお金の有る中国人男性が待っていますよ~みたいな。 日本人は外国語が苦手なので、公用語を中国語にして、日本語を使いたい人は中国本土の砂漠の真ん中に日本語自治区をつくりますから、そちらへ行ってください。 子供は一人しか作れませんよ。 それ以上作ったら法律違反で強制堕胎です。 みたいな。 日本が日本省になったら、従順で洗脳されやすくて、日本に対する愛国心がなくなってしまった日本人(特に男性)なんて中国に対する抵抗心も無いし、日本人極悪説を洗脳されるのでイチコロで滅んでしまうと思います。 チベットやウイグルは愛国心が有る国民が多いので、簡単にはいかないようですが。 上記に書いた事は、中国が侵略した他民族(チベット、ウイグルその他)にやってきた事の繰り返しに過ぎません。 もちろん中国本土へ移住させられれば、レジスタンスな日本人は直ぐに逮捕されて生きているうちに内臓抜いて売ったりされるかもしれないし、もうやりたい放題でしょうね。 日本人の子供たちはクリーンという事で有名ですからね、集団誘拐して人身売買や臓器売買に振り向けられます。 従順だし。 中国人そして韓国人と日本人の大きな民族性の違いは、「日本人は優しく忘れやすい」ですが、かの国の人たちは1000年たっても恨みを忘れない民族。 しかもウソとは言え、反日教育MAXの民族です。 恨みの為に何百年前に死んだ中国人や韓国人の墓を掘り起こしたりするのフツーですから。 抵抗しなければ大丈夫かって? ほとんど変わらないみたいかもっとヒドイですよ。 戦意の無い人たちにはお互いに武器を持たせて戦わせて、生き残った方だけ助けてやるみたいな事も有るのかと思います。 家族同士とかも。 (自分と同じ民族に対してもソレですから(法輪功が良い例です)、ましてや憎い憎い日本人となると・・・・ね! 後は想像してください。) 終戦直後降伏して「無抵抗な」帝国陸軍軍人が酷い拷問(苦痛がすごくてもなかなか死ねない方法らしい)を受けて沢山死んでいるそうです。 日本が中国に占領されたら50年から70年程度で、純潔日本人と日本語は滅びます。 モンゴル人は共産化されて母国語を完全に失いました。 ウイグル、チベットも教育は全て中国語になりました。 政治犯のチベット人は捕まると断種されてしまらしいですが、打てば精子が死んでしまうような注射が開発されているような話も噂であります。 中国へ来る日本人男性には予防注射打ちましょう・・でお終いかも。

上記の事が取り合えず理解できた人なら、以下の本が読めると思います。 中国、韓国は「戦わずして勝つ」モードに数年前から入っています。 日本は今、餌食になる直前です。

情報戦争の意味と、今日本がおかれている状況を知りたいなら、最初に以下の本を読んでください。 定価は¥2100ですが、今ならアマゾンで中古200円から出ています。 この本は現代における最も進化した戦争形態、「無制限戦争」を詳しく説明しています。 「情報戦争」を更に進化させたもので、ステルス・ウォーと言えるものです。  

NHK捏造事件と無制限戦争の時代

http://www.amazon.co.jp/NHK捏造事件と無制限戦争の時代-藤井厳喜/dp/4862860370/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1377436905&sr=8-1&keywords=NHK捏造事件と無制限戦争の時代

 

<評価を引用します>

 

この本の凄いところは、先ずこの本を読むと、現代の世界を見る視点が全く変わってしまうところにあると思う。 私たちがこれ程、危険な世界にいるとは気がつかなかった、というのが正直な感想である。 著者のモノの見方に賛同しない人もいると思うが、そういった人達も含めて、深くモノを考える人間は是非、読むべき本だとの印象を強くした。

本の冒頭でいきなり、「私たちは戦場にいる。情報戦争、そして無制限戦争という名の戦場に」というショッキングなテーゼが提示される。 この手の本にありがちな、読者に対する脅し文句かと思いきや、本を読み進むにつれて、その言葉の真実味を実感する事になる。

戦争も時間と共に進化する、という視点は、大変重要であると思う。

この本の中にある、第一次世界大戦、第二次世界大戦、第三次世界大戦の本質の簡単な要約は、20世紀の歴史を極めて短く総括しているともいえる秀逸な歴史観である。 筆者によれば、2001年の9・11以降、第四次世界大戦の時代が始まったという。それは、「無制限戦争」と呼ばれる戦争の形態で闘われる。

「無制限戦争」とは、人間のあらゆる活動領域を戦場とするような戦争の事である。果たして筆者の主張するように9・11以降の時代を「第四次世界大戦=無制限戦争の時代」と断定してよいかどうかは、軍事の専門家から見れば疑問の生ずるところでもあろうが、それは極めて重大な問題定義であり、貴重な視点であると思う。

この本が私に与えたショックの第二の源は、チャイナ・パワーの脅威である。

単に今日のチャイナが経済的に力をつけ、軍拡をしているのみならず、情報操作により、日本国民全体を自由に操ろうとしている。NHK「JAPANデビュー」捏造問題は、その情報操作の氷山のほんの一角に過ぎないという。 確かにNHKや朝日新聞のみならず、最近の日本のマスコミのチャイナ報道を見ていては、チャイナの日本にもたらす本当の脅威の実態が見えてこない事をこの本の指摘で強く感じた。

黄文雄氏や石平氏や宮崎正弘氏の著作をよく読めば、かの国が日本に如何に現実の脅威であるかはよく理解できるが、日本のマスコミは恐ろしいまでの言論統制と自主規制を行ない、チャイナの脅威の実態は、国民に正しく認識されていない。

現在が、「無制限戦争」と言われる国際法を無視した、謂わば「何でもあり」の戦争の時代である事、そしてその無制限戦争をチャイナが日本に向けて仕掛けている事、その二点を認識した上で、世界を見てみると、全く昨日までとは違った世界の状況が見えてくる。  分厚いながらも、一読、再読に値する情報豊富な名著である。

<引用終了>

 

 

え、「無制限戦争」の効果なんて出ていないって?

鳩山元首相発言=(元首相で日本人なのに) 魚釣島は中国の領土、返さない日本はケシカラン。 これからは返還運動をもり立てるらしい。 そういえば首相の時、日本は日本人だけのものじゃない、なんて言っていませんでしたっけ?

小沢一郎発言=私は中国の野戦軍司令官。 日本の議員600人を引き連れ中国詣。

辻本清美=夫婦別姓推進(中国は夫婦別姓です)

管 直人=百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力(在サハリン日本人は放置?)

河野洋平=自民党総裁在任中、社会党と連立を組み、歴史的な反日内閣と言われる村山内閣を発足させる.日本国際貿易促進協会(中国貿易専門)会長/日中友好議員連盟所属。国会議員でもっとも支那と太いパイプを持つ

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/294.html

 

 

 

沖縄でオスプレーの配備の反対運動をしている若者たちが、中国国旗のウチワ持っている姿が、写真に写っているらしいですよ。 日本ではそんなもの、売っていないとおもうけど。

 

 

日教組が日の丸、君が代に反対する理由は、北朝鮮から元会長が勲章を貰う程の教育破壊活動を日本で展開しているから。 だれにも反論できない証拠満載です。 これほどの売国犯罪行為をだれも、全く罰する事ができない日本の憲法と法律。 日本という国は本当に滅んでしまうかもしれません。 近隣諸国からの侵略行為を防ぐ法律が何も無いのです。 NHKも民放も殆どの新聞も、反日、親中国、親朝鮮丸出しでも、政府は何も規制ができません。 

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n206192

 

海外で起きている大変な反日活動は、反日マスコミの活躍で、普通の日本人には、見えない、聞こえない、そして話せない(文句も言えない)のです。 

 

(最後に重要な話)

中国: 李鵬  前首相の発言 (ハワード豪首相会談)

「日本は20年後には地球上から消えてなくなる」

  

 

おまけです。

 

カナダにおける、中国の侵略モデル。 日本での侵略レベルは、すでに最終段階に近い?

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n207550

 

antatokodokosahigosaさん

¥@yすでに中国がそれを勧めているのを知らないの? 日本共産党が流血革命路線から民主的2段階革命路線に変えた(自由で民主的に高度に発展した日本では過激派の流血革命に賛同するものはほとんどいないので、民主的に選挙で多数議席を獲って政権を握り、憲法、国会、裁判所、など、の機能を停止して、暫定憲法を公布して共産党が選んだ議員で構成する国会でそれまでの憲法を廃止して、共産党一党独裁の新憲法を制定し、共産党の下に裁判所や国会や政府や軍隊を置いて無血革命を完成する)のにならって、親中国党に政権を獲らせ中国寄りの政策を進めさせ日本を間接支配し、日本の憲法を改正させて中国の一部に取り込もうとしています。 親中国党とは、中国共産党が支援した民主党、生活の党など小沢一郎の作った党、社民党、共産党などです。最近はみんなの党の渡辺喜美もその類です。 また中国はダミ-企業(小沢一郎の関係会社)を使って、新潟市に広大な総領事館用土地を購入しました。そこに総領事館を作ればミサイル基地や人民解放軍やスパイの施設を作っても、治外法権で日本警察は立ち入る出来ませんし、日本中の中国人を徴収して軍事訓練も出来ます。その他日本各地の自衛隊や米軍基地の周辺にダミ-が企業が土地を買ったり小沢一郎が普天間基地の移転先・辺野古に広大な土地を買っています。中国が日本を乗っ取るときそれらの土地を基地にするのでしょう。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13112580143

 

国法学者「日本が危ない」――世界制覇を目指す中共 -- 日本新

https://www.youtube.com/watch?v=R6D7nZkqM6I

 

★中国機の領空侵犯「本格的な挑戦を開始」 米専門家が警鐘 

 中国機による沖縄県・尖閣諸島の領空侵犯について、中国の軍事戦略を専門に研究する米国の民間シンクタンク「国際評価戦略センター」のリチャード・フィッシャー主任研究員は14日、産経新聞とのインタビューで、中国側による尖閣統治の誇示を狙った本格的な挑戦の開始であり、日本が反撃の行動を取らないと尖閣放棄にもつながるという見解を表明した。 

 フィッシャー氏は中国国家海洋局の航空機が13日、尖閣諸島の日本領空を初めて侵犯したことに対し、「海上での中国公船による日本側領海への侵入と連携する、これまでで最も挑発的な行動だ」と特徴づけた。 
 日本の対応については「中国のこの侵犯は日本に物理的な対応の権利を生み、戦闘機をこの空域に送るだけでなく、この地域での軍事演習の実施、さらには尖閣自体への地対空ミサイルの配備など、なんらかの防衛措置を取ることを正当化する」と述べた。 

 同氏はまた、中国側がこの侵犯の模様を報道し、いかにも中国が尖閣の実効統治を果たしたかのように宣伝していると指摘。「日本側が何もしなければ、尖閣の主権も施政権も中国側に奪われたとの印象が生まれ、中国は沖縄取得までを目標とする大規模な領土拡大のキャンペーンを推進することになる」と警告した。 

 さらに、「今回の侵犯は中国側の威嚇かつ挑戦であり、まず日本を脅して譲歩させることを意図している。日本側は尖閣の主権を守るために戦うか、何もせずに降伏して、尖閣を放棄するか、いよいよ選択を迫られたことになる」と述べた。 
 フィッシャー氏は米議会国家安全保障特別委員会顧問や米中経済安保調査委員会顧問などを歴任した。 

 ☆彡 今のままだと、中国が尖閣諸島に上陸してきても、「抗議するだけ」で、実力行使で排除は出来ないのではないかと心配します。 もしそうなれば、ロシアも「北方4島はやはり返さなくても良い」という事になり、韓国が「対馬に上陸」してきても、まさか見て見ぬふりとかになるのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:4-3

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ