ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

薬剤師転職でこんなコンサルタントの転職サイトは辞めた方が良い

ライターさん(最終更新日時:2013/9/5)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:878

印刷用のページを表示する

薬剤師転職でこんなコンサルタントの転職サイトは辞めた方が良い

薬剤師の方が転職するときには、転職サイト(人材初回サービス)を利用すると思いますが、こんな転職サイトだったら、すぐに他の転職サイトに登録するべきです。コンサルタントも人によってかなりレベルが違うので、担当替えを依頼するという手もあります。

面談時にリスクやデメリットを説明しないコンサルタント

薬局や病院などの求人案件の説明時にリスクやデメリットを話さずに、調子のいいことばかり言うコンサルタントがいます。これは要注意です。例えば、高年収だけを行っていたが、入ってみたら、他の人の平均年齢がとても高く、自分だけが過剰労働になってしまって、すぐ辞めた。なんてことにもなりかねないのです。

募集概要以上のことは知らないコンサルタント

転職サイトには、自分が病院や薬局に営業してきて、人材募集の案件を持ってきて、薬剤師の方に紹介する方式をとっている転職サイトと、クライアントと転職者の対応が完全に分断されている転職サイトがあります。

小さい転職サイトは、前者。大きな転職サイトは後者になるケースが多いですが、後者の場合で、コンサルタントの能力が低い、クライアント営業とのコミュニケーションができないコンサルタントがついてしまうと、「それは書いてあるじゃん。」という情報しか出てこないことがあります。

本来は、誰が面接官で、職場の雰囲気はどうで、どんな患者さんが多くて・・・と内部の情報が正確に把握しているからこそ、ミスマッチや面接落ちを回避できるのです。

業界のことを知らないコンサルタント

薬剤師や医療系の転職サイトではない、総合系の転職サイトの場合、運悪く他の部署から異動してきたばかりのコンサルタントにあたってしまうこともあります。転職に関することは知っていても、薬剤師の業務や専門用語を把握していないことも多いのです。

こちらから、専門用語を並べて話してみて、ピンと来てなさそうな顔をしていたら、要注意です。薬剤師の仕事も知らずに、勧めてくる求人にいいものはあるわけがありません。


コンサルタントがダメだと思ったら、別の転職サイトを探してみるのがよいでしょう。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
ゲーム実況動画(プレイ動画)...
 「実況動画(実況プレイ動画)」と銘打った知恵ノートですが...
ピアスに関する正しい知識講座 ...
さて、予備知識も蓄えた所で早速本題!ピアスを開けてみまし...
本文はここまでです このページの先頭へ