ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

PS3など、ネットワークゲームのラグ研究 - ADSLに撃ち負ける光回線 - 光なのにラグだらけ・・・

ライターさん(最終更新日時:2013/10/5)投稿日:

  • ナイス!:

    3

  • 閲覧数:32287

印刷用のページを表示する

   

遅延が重要なネットワークゲーム

ネットワークゲームでやりとりされるデータ量は極わずかです。必要な回線能力(回線速度)は1Mもあれば十分すぎるほど。重要なのは、サーバーとのやりとりにかかる時間です。極少ない時間ですが遅延が発生していて、これがネットワークゲームに影響します。ある程度はソフトが吸収するので、そう神経質になる必要はないのですが、50を超えて100ミリ秒ほどになるとシビアなネットワークゲームはラグが出ます。

 

 

 

 

夕方から夜にかけて遅くなる光

光回線を引いていても、夕方から夜になると、ネットの反応が遅くなり、スピードテストをしてみると、とんでもなく悪い結果しか表示されなくなる事がよくあります。大概、プロバイダーか回線のネットワークが混雑して、相当な遅延が発生しているためです。

 

光の場合、NTTから終端装置までの回線能力は、ほぼ契約通りあり、スピードテストは回線能力ではなく、遅延の変化が出ています。普段は数メガ以下の通信速度ですが、遅延が悪くなってくると、それさえも賄いきれなくなり、0.5Mbps程度のyoutubeでさえ途切れるようになります。この時、遅延がかなり悪いので、ネットワークゲームはラグだらけまともに遊べません。

 

遅延が極端に悪くなくて普段のWeb閲覧などに支障がなくても、光の数メガは遅延がそれなりあるので、シビアなゲームには影響が出てきます。

 

「ゲームなら光」と言われていますが、単純に光にすれば速くなるわけでありません。

 

 

 

 

ADSLと光のスピードテストは意味が違う

光は遅延の、ADSLは通信能力の影響ADSLのスピードテストは、普通、遅延の影響が出る前に回線能力の影響が出て結果が出てきます。光の場合、通信能力の影響が出る前に遅延の影響が出て結果が出てきます。つまり、スピードテストの結果が同じでも、ADSLは通信能力の影響、光は遅延の影響で、原因がまったく違います。

 

光の場合、スピードテストの結果が良いと、ゲームが快適にできるので、体験的にゲームは何十メガもなければいけないと思われていますが、大きな誤解です。スピードテストは1秒間の転送できたデータ量を表していますが、ゲームにそんな膨大な通信能力は必要ありません。仮にADSLで通信能力が1Mほどしかなくても、遅延がよければゲームは快適に遊べます。

回線速度と通信速度と遅延

ネットワークゲームの場合、能力的な問題ではなく、遅延の問題なのですが、遅延はほとんど知られていないので、回線業者がまき散らすデマの影響もあって、光に変えて前より悪くなり、高額な違約金で酷い目に合う人が出ています。

 

 

原因の違いをグラフで表すと、

 

光回線 通信能力100M、遅延100ミリ秒 → スピードテスト5M 光のスピードテストの意味ADSL回線 通信能力5M、遅延20ミリ秒 → スピードテスト5M  ADSLのスピードテストの意味

 PS3のOSの設定値はXPより小さいくなっています。その為、上の図より反比例の線がもっと内側になります。光の場合、同じ測定サイトで遅延が同じでも、XPよりPS3の方が低い結果になるのはその為です。

 

 

 

PS3でラグが出るのに、PCなどのスピードテストは問題なし。何故?

よくネットで推奨されているスピード計測サイトは、特別な場所に設置されています。普段、PS3で遊ぶゲームなどのサーバーはプロバイダーの向こう側にあるのですが、それらのサーバーはプロバイダーの手前など、条件の良いところに設置されています。光業者は、『普段利用している時の通信速度』や『必要な通信能力』を説明せず、無駄で余分な通信能力を「速い速い」といって引かせ、スピードテストで誤魔化しています。

スピードテストサーバーとネットワーク

最近は、誇大広告競争の結果、1Gになっていますので、今までのプロバイダーの手前に置くぐらいでは、遅延の影響で1Gに見合った数字が表示出来ません。そこで、同一県内にスピードテストサーバーを設置したり、十数倍して表示する機能を付けて、何百Mと表示させ誤魔化しています。ネットでは、それらのサーバーを1G対応計測サーバーなどといって推奨しており悪質です。

 

普段ネットを利用している時は、プロバイダーを通った先にある様々なネットワークのサーバーを利用していて、上記のような特殊なサーバーとの通信速度表示が良くても無意味です。16倍しても遅延は変わりません。ましてやレジストリを増やしたりすると、逆にパケットロスが起きた時、遅くなる原因になるのですが、デマが酷いので、原因が分からないまま時間と費用を無駄に費やさせられています。

 

ゲームに影響する遅延は、正確には目的のサーバーで見ます。ゲームなら、普通、ゲーム画面に通信状況が表示されていますので、それを見ます。

 

 

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ