ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

初心者がLinux Mintを導入する(2)

ライターさん(最終更新日時:2013/11/6)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:6462

印刷用のページを表示する

目次→「初心者がLinux Mintを導入する(1)
前→「初心者がLinux Mintを導入する(1)

1.インストールしたのに、USBメモリが認識されなかった

ちゃんとBIOSで、OSブートの優先順位(priority)はUSB-Harddiskを上にしたのに、何故か普通にWindowsが起動してしまった。BIOSの画面でUSBメモリが認識されてなかったのが原因だった。私のパソコンはNECのVALUESTARというシリーズで、入ってたOSはWindows7である。
BIOS画面で「USB Strage Device Support」の値がDisabledだったのが問題で、これをEnabledにしたら戻った。
以前は普通にUSBメモリからブートできたのに、今回できなくなったのだが、おそらくBIOSを色々いじった時、面倒になってデフォルトに戻した時に、EnabledからDisabledになったせいだと思う。

【追記】
当たり前のことのようにBIOS画面でどうこうと書いてしまった。「このノートを見るだけでわかる」というコンセプトが逸脱してしまっていたのは反省したい。
パソコンを立ち上げる時、「F2を押すとBIOS画面になりますよ」みたいな英語の表示が一瞬だけ映るはずである。パソコンによって、F2でなく例えばF12だったりするかもしれないが、それによってBIOS画面が開ける。
BIOS画面では「上下左右キー」と「エンターキー」のみを基本的に使う。
それにより、OSブートの優先順位を編集する画面に移動できる。
デフォルトだと、OSの入ったCD/DVDが入っていないかまず調べ、なければすぐにHDDのOSを立ち上げるという感じになってると思う。
それをCD/DVD→USB-HDD→HDDという優先順位に変更しなければ、USBメモリを挿していても、普通にHDDのOS(私のはWindows)が起動してしまう。


2.日本語環境を整える

これをしないとどうしようもない。つまり、インストール直後は日本語入力ができないのだ。
以下に日本語環境の導入の仕方を書く。

  1. 左下の歯車マークをクリック
  2. システムをクリック
  3. Synapticパッケージマネージャをクリック
  4. パスワードを入力 スクリーンショット - 2013年10月13日 - 13時02分17秒.png
  5. 検索窓に「gnome-ja」と入力 スクリーンショット - 2013年10月13日 - 12時54分52秒.png
  6. 「laguage-pack-gnome-ja」を右クリックし、「インストール指定」をクリック(もしくはダブルクリック)スクリーンショット - 2013年10月13日 - 13時05分11秒.png
  7. 左上あたりにある↩(適用)ボタンを押す
  8. 検索窓に「mozc」と入力 mozc.png
  9. 同様に「ibus-mozc」」を右クリック→インストール指定→適用

「language-pack-gnome-jaも「ibus-mozc」もどちらでもインストールする時、勝手に他の必要なパッケージもインストールしてくれる。
「mozc」はWindowsで言うところの「google日本語入力」である。とりあえずこれを入れれば日本語入力ができる。他のがいい人は、とりあえずは日本語入力できるようになったのだから、自分で検索して探せばいい。

スクリーンショット撮るの忘れてたので、実際に撮ったのはインストールした後だったりする。インストールすると、□がになる。

ちなみに
ここを参考にした。日本語が打てないから、「linux mint mozc」とかで検索して何とか見つけたサイトである。ただし、
$ sudo apt-get install mint-gnome-ja
をすると、「E: パッケージ mint-gnome-ja が見つかりません」と出る。多分古いサイトだから、新しくなったパッケージ名に変更していないんだろう。でもこれを見たおかげでSynapticパッケージマネージャで「gnome-ja」で検索することを思いつけた。

3.パネルの設定

パネルというのはWindowsで言えば、タスクバーのことである。つまり、デフォルトでは画面の下にあるバーである。私は以下のように変更した。
  desktop.pngパネル上で右クリックし、「パネル」をクリックし、「新しいアイテムの追加」をクリックする。そこから私が「追加」したのは以下の4つである。

  • DataTime(もう一つ追加)
  • ゴミ箱アプレット
  • ワークスペーススイッチャー
  • ディレクトリメニュー
  • 最新の天気
DataTimeをなぜ2つ入れたのか。一つだけでも日付と時間を表示できるのだが、横に並ばずに上下に並んで文字サイズが小さくなってしまう。これが嫌だから、片方は日付だけ表示し、もう片方は時間を表示することにした。ちなみにデフォルトより文字サイズは大きくしている。

パネル自体の厚みも変えた。パネル上で右クリック→「パネル」をクリック→「パネルの設定」
をクリックして、「列サイズ」を30にした。

さらに
  • Synapticパッケージマネージャ
  • Firefox
  • 端末
  • Emacs
  • Tomboy
  • gedit
をパネルに入れた。入れるには左下の歯車マークをクリックし、該当するアプリを探し、右クリックして「Add to Panel」をクリックすればよい。

またパネルのアイコンの位置を変更するには、位置を変えたいアイコンを右クリックし、「移動」をクリックすれば良い。一度に上記のアイコン全ての位置を調整するのはちょっと面倒だった。

「パネルの設定」でもアイコンの位置の変更はできるようだ。アイコンが多い時はこっちのが楽かも。

4.日本語ディレクトリ名を英語に変える

何もしてない段階ではホームディレクトリ(あえてここからフォルダでなくディレクトリと呼ぶ)は以下のように日本語名になっている。
 nihongo.pngこのままだと端末(ターミナル)でファイル操作するとき不具合が生じる(らしい。やったことない)。端末での操作は日本語やスペースはダメで、英語にして、スペースは_を代わりに使うべきである。

  1. 端末に
    $ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
    と入力する(これをコピペすればいい。ただし、端末への貼付けは「Ctrl+Shift+v」) terminalnihongo.png
  2. 以下の画面が出るので、「Update Names」をクリックする nihonngo2eigo.png
  3. 以下のように、日本語名が残る。これは、そのディレクトリ内にすでに何かファイルがあるとこうなってしまう。また、新しくできた英語名のディレクトリはデスクトップやピクチャ特有のアイコンじゃないのがわかる eigo1.png
  4. 一旦ログアウトする(これでうまく行かなければ、再起動する)
  5. 英語名のディレクトリのアイコンが特有アイコンにきちんと変わった。あとは、すでに作っていたファイルを英語名ディレクトリに移してから、日本語名ディレクトリを消せばいい
     eigo2.png eigo3.png

5.ショートカットキーを設定する

端末、ブラウザ、テキストエディタみたいなよく使うアプリはショートカットキーを登録しておくと便利。
  1. 設定を開く。右上の錠マークのアイコンの隣の左のアイコンを押す。(で囲った部分) preference1.png
  2. 「キーボード」をクリック preference2.png
  3. 「アプリケーションショートカットキー」タグをクリック keyboard1.png keyboard2.png
  4. 「追加」をクリックすると以下の画面が出る keyboard.png
  5. 「開く」をクリックすると以下の画面が出る(以下の画面はスクロール後) keyboard3.png
  6. 「xfce4-terminal.wrapper」を開くと、5のウィンドウが消えて、以下の画面となる keyboard4.png
  7. [OK]を押し、希望するショートカットキーを押す。(私は「Ctrl+Alt+T」を押したkeyboard.png
  8. 他のアプリも同様

以後、端末を使うときは「Ctrl+Alt+T」を使えば良い。


6.テキストエディタが上書き(先の文字が消えていく)になってしまったとき

上書きになったというのは、例えば
「松茸いい匂い」
という文章があって、これを「松茸はいい匂い」にしようとすると
「松茸はい匂い」
となってしまう状態のことである。

私はたまにこれになってしまって、何でこうなるのかもどうすれば直るのか少し前までわからなかったのだが、わかったのでここにメモしておく。

テキストエディタとはEmacsやgeditだが、上書きモードになるのはキーボードの[Insert]キーを誤って押してしまったときである。[Back Space]キーに近いため、気づかぬうちに押してたことがしばしばあったのだ。
それで、この状態からの復帰も単純にまた[Insert]キーを押せばいい。



続き→「初心者がLinux Mintを導入する(3)


以上

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ