ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

都立中高一貫校 ★ 受検問題を解いてみた、そして気づいた塾では教えてもらえない合格への近道  ★

ライターさん(最終更新日時:2016/12/11)投稿日:

  • ナイス!:

    72

  • 閲覧数:48570

印刷用のページを表示する

 

0. 適性検査の核心に迫る!


「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず」


ご存じの方も多いかと思いますが、古代中国で軍略家として活躍した孫子の教えです。  

敵と味方のことをしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはないという意味です。

 

この教えを受験(受検)に当てはめると、敵は「受験(受検)校の試験問題やライバルの力量」であり、味方は「自分の子供の能力」になるかと思います。

 

しかし、この「敵」の一つである試験問題を把握するのは、なかなか厄介なものです。

特に、私立中学の入試と出題方法・内容に大きな違いのある都立中高一貫校の適性検査問題の把握は更に難しいです。

 

都立中高一貫校を目指している、もしくは目指してみようかと考えている家庭において、都立中高一貫校の適性検査のことをどこまでご存じでしょうか。

 

学校や塾などがネットで公開している表向きの情報を把握しているだけでは、不十分です。

誰でも簡単にわかる情報では、敵を知っているとは言えません。

 

この知恵袋では、都立中高一貫校の適性検査に切り込み、その核心に迫りたいと思います。

 

 

1. まずは、適性検査問題を見ることから始める


実際の適性検査の問題を見ることから始めましょう。

 

ここでは、2015年の桜修館の適性検査Ⅱの問題を見てみようと思います。

  

学校毎に異なりますが、適性検査では、各校の独自問題と全都立中高一貫校の共通問題が半分づつ程度の割合で出題されます。

桜修館の場合、適性検査Ⅰ(作文)が独自問題で、適性検査Ⅱでは大問1が独自問題・大問2と3が共通問題となっています。

 

問題を解く必要はありませんが、問題文を一通り読んでみて下さい。
時間を計りながら、大問1から3までの全文章を、新聞を読むような感覚で、自然体のスピードで試してみて下さい。
 

さあ、どうぞ。

(しつこいですが、問題を解かなくても結構です。気楽に一通り読んで下さい。)

 

2015年桜修館の適性検査Ⅱ) ← クリックして下さい

 


2. 適性検査の時間感覚を体感すると気づくことは?

 

さて、どれぐらいの時間を費やしたでしょうか。
 
私は、約5分かかりました。
おそらく、多くの方も5分程度を要したものと思います。
 
当たり前ですが、適性検査を受検する子供達は、次のステップを踏みながら、解答用紙に答えを書いていきます。

 

「①問題を読む」→「②出題の意図を理解する」→「③解答を出すプロセスを考える」→「④計算する」→「⑤答案用紙に答えを書く」

 

このステップを考えると、なんと最初の「①問題を読む」だけで、5分程度も費やすのです。 
試験時間は45分ですから、時間対比でトンでもないぐらいの問題量が出ると想像頂けると思います。

 

 

3. 次は合格圏内に入る為の正解解答率 

  

そして、次は合格に必要な正解解答率を考えたいと思います。
  

合格に必要な正解解答率の目安は、年毎の受検倍率や問題難易度に左右されるものの、適性検査Ⅱでは6割弱の正解が必要と言われています。

  
「6割弱」・・・。 

この数値をどのように思うでしょうか?

 

「なんだ、問題の2/3に答えることができれば合格なんだ」と思うのは、非常に考えが甘いです。

適性検査の採点基準は、全受検者の答案をフェアに見る為に、非常に厳しいです。
計算式の表現にちょっとおかしな点があるだけでも、大きく減点されます。

 

子供自身が「8~9割出来た」と思えるぐらいの答案が、採点されると6割程度の点数になると考えてちょうど良いはずなのです。

 

 

4. 時間との駆け引きが勝負を分ける 

 

上述の項番3と項番4で説明したことをまとめましょう。 

 

「これだけの問題量を、たった45分間にて、自信のある解答で答案用紙の8割以上を埋めることができないと、合格はかなり厳しい」ということです。 
これから受検勉強を進める上で、目標とする学力の到達ラインということにもなります。


さて、適性検査の「解答時間」「問題量」「自信のある解答の割合」の関係を、あらましご理解頂けたと思います。

適性検査問題を時間制限せずに解かせると、都立中高一貫校を受検する子供であれば、その多くが正しい解答を出せると思います。
問題内容を見ると、表・グラフの読み取りや優先順位などで確率を考えるようなロジカルな思考力を試す難しい問題が多いですが、逆にロジカルな問題であるが故に、時間をかけて手順を追って考えればできる子供は多いはずです。
知らない難しい知識が求められている訳ではありませんから。
 
適性検査では、小学校では同レベルに見える「勉強のできる」子供達から、ロジカルな思考力が「真に優れた」子供と「まだ発展途上にある」子供を、処理スピードによる能力差で振り分けて合否を決めているのです。

では、問題を「速く」「正確に」できる子供と、「速く」か「正確に」のどちらかしか満たせない(もしくは両方満たせない)子供の差はどこにあるか。

上述の「①問題を読む」→「②出題の意図を理解する」→「③解答を出すプロセスを考える」→「④計算する」→「⑤答案用紙に答えを書く」のステップで考えて見ましょう。
 
「速く」かつ「正確に」できる子供の脳ミソは、問題を1度読むだけで、同時に「出題の意図を理解」し、また同時に「解答までの道筋が立つ」構造になっているのだろうと思います。
「①問題を読む」を1度終えると、「②出題の意図を理解する」「③解答を出すプロセスを考える」も並行して終わっていると言うことです。
 
「②出題の意図を理解する」「③解答を出すプロセスを考える」能力が不十分の場合、「①問題を読む」を2回、3回と繰り返して、理解を少しずつ深める必要がでます。
2回繰り返すと、問題を読むだけで10分が必要となります。
3回繰り返すと、問題を読むだけで15分が必要となります・・・。
45分間のテストで、これではとてもライバルに太刀打ちできません。

 

 

5. 「速く」かつ「正確に」解答する力を引き上げるしかない 

 
この能力を身に付けるには、やはり、適性検査に近い問題を数多くこなすのが一番です。

 

とにかく、自分自身で能動的に問題を解き、その考え方に慣れることに尽きます。
問題を多くこなすことで、「①問題を読む」ことをしながら、「②出題の意図を理解する」「③解答を出すプロセスを考える」も並行してできるように脳を鍛えていくことが大切なんだと思います。

しつこいですが、訓練に訓練を重ねて、条件反射のようにロジカルな問題に対処できるようにするしかないということです。
   
高額な進学塾の講習に参加しなくても、過去問や通信教育の教材だけでも、何度も何度も地道にこなせば、十分な効果があるはずです。
「②出題の意図を理解する」「③解答を出すプロセスを考える」の能力は、教えられるものというよりも、自らが自らの頑張りで身に付けていくものですから。



※ 都立中高一貫校を目指す方! 

   次のブログは必見です。

     

     〇 【都立中高一貫校】 塾では教えてくれない合格への近道 ←クリックして下さい


          来年6年生になる子供を持つ保護者の方は、特にこのページをご覧下さい。

     

    ★ 【都立中高一貫校】新6年生(現5年生)の都立中高一貫校の目指し方

            ↑↑↑  クリックして下さい!  ↑↑↑     


 

     〇 都立中高一貫校を目指すための通信教育活用術  ← クリックして下さい!

 

 

   yjimage.jpg



※ 最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

ぜひぜひ、ご共感頂けましたらナイスを、またご意見いただけるようでしたらアドバイスをお願いできれば幸いです!

よろしくお願い致します。


以上

都立中高一貫校 都立中高一貫 都立中学 公立中高一貫校 難関大学 桜修館 小石川 武蔵 両国 富士 九段 立川 三鷹 大泉 作文 東大 過去問 対策 合格するには 説明会 評判  

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:6-1

dhdh0707さん男性

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ