ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

キャバクラってこんな所! その4 ※夜職の怖い話

ライターさん(最終更新日時:2012/2/13)投稿日:

  • ナイス!:

    21

  • 閲覧数:151492

印刷用のページを表示する

アドバイス回答コーナー

>>「水商売の女だ」っていう立場を良く自負しているとありますが、それならば、堕ちずに夜の商売から昼の商売に転じることができた嬢は実質どのくらいかという(都合が悪いでしょうが)ことも書くべきではないか。

都合が悪いというより、実際未知数なのが本当のところです。
前にも書きましたが、キャバ嬢同士は仲がよいというのは珍しく、相手の情報もほとんど分らないので引退した後は噂程度しか聞く事がありません。

カリスマキャバ嬢やその店で有名な人だと噂程度は入ってきますが、特に話題になるような子でもない限りは「やめたのかな?」くらいにしか思われず話題になる事自体もありません。

良く聞く話しは「結婚したらしい」くらいですね。
良く知る人では自分でお店を出したり、サロン等を開業したり、医者になったり、教師になったりする人もいました。
本を出版したり、元カリスマキャバ嬢としてモデルやタレントになるという話も最近はあるようです。

また、自負をしているのと、転職を希望しているのは別です。
あくまで社会から見た自分たちの立場を理解している、という事であって、水商売が恥ずかしいから早くお金を貯めて引退したい!という訳ではありません。

そういう子も多いですが、水商売は陰るのが美徳、と考える人もいるので。
色んな子がいていろんな価値観があるので一概には言いきれません。

私は水商売は夢への踏み台にすぎないという考えです。


>>こちらが話をしないといけないことが多いのですが、高級店じゃないからなのでしょうね・・・ 関西人だから尚更かな・・・ なんでお金払って、話題提供せなあかんの? あなたのような人ならいいのでしょうね

話を提供させている嬢は確実に売れ残り、腐っていくばかりです。

だけど、小悪魔アゲハの普及で自分達の仕事をわかっていない嬢が増えたのも事実です。

私自身、実際最近放漫な子が増えていると思います。
そういう嬢は売れたいとか、早く引退したいとかも考えずバイト感覚でテキトーにやってるのが多いと思います。
他のバイトよりお金が貰えるし、真剣にやらない子にとっては楽でしょうからね。

高級店でもお客様に対してそういう態度を取る子はいます。
私はこういうタイプの子は失礼だと思う派ですが、こういう子が逆にいい!って方もいるので一概には悪いとも言えないのです…。

女の子によって色んな性格・営業スタイルがあるので、自分に合わないと思ったらトイレにいく振りして店員さんにこっそり「この子はちょっと…」と言うといいですよ。
自分が楽しく過ごせる相手に出会えるといいですね。


>>これ以外にも、嬢が自分より成績のいい嬢の足を引っ張るために男仲間にレイプさせ、最終的にセックス風俗店に堕とすという行為も陰ではあり、店側は見ないふりをするらしいと聞いたがこれは実際どうなのか。

そういう事件が過去にあった事はあります。
(メディアでも大きく取り上げられたので知りましたが、私自身は詳しくは知りません。)

でも決して多くはないです。
なぜなら、最近はここまでして必死にナンバー争いをする嬢が少なくなったからです。

ダークな部分が多い場所でもあるので、競争率が高い店では血みどろの戦いがあったりすることもありますが、変な話、時給が出るお店は座っているだけで最低賃金は貰えるのでそこまで必死になってナンバーを落とさなくてもそれなりのお金を手にする事は出来ます。
また、小悪魔アゲハのような雑誌からキャバに憧れて入ってくる子が最近は増えたので
憧れの仕事に着けたという事で満足してしまうようです。

最近は お金や名誉! よりも ファッショナブルで綺麗でありたい! って希望者が多いので、抗争みたいなのも少なくなってきました。

私のお店だと競争は全くないです。
基本的にお店の女の子全員仲が良く、ナンバーワンが断トツの売り上げなので競争心すら沸かないようです。
(ナンバーワンが一日の売り上げの7割を占めている上に、みんなから好かれるタイプの人なので敵がいない)

ナンバーツーとスリーがちょっとライバル同士みたいな感じですが、それでも普通に会話もしているし食事とかも行っている程の仲なので心配になることもないですね。

ただ、そういう事があるのは本当です。
女の子が一番辛い事を身を持って知っている分、嫌がらせをするとなったら相当悪質で陰湿な物になるでしょう。
お金もあるし、ある程度の人望や力もあるので本当怖いと思います。

キャバでは嫌われない努力、目を付けられない努力も必要になってきます。


嬢とスタッフとの癒着

基本的にキャバ嬢とスタッフが会話することを禁止しているお店が多いです。
何故かというと、スタッフと恋仲になったり癒着されると困るからです。 

お店は嬢が働きやすい環境を作るのが基本です。
悪いお客から嬢を守り、相談を聞いたり、献身的なサポートで嬢を常にバックアップし、
嬢に万全な状態でお仕事に励んで沢山売り上げを伸ばして欲しいのです。

だけど、スタッフと嬢が親密な関係になるとトラブルが多くなります。

・新規のお客様(指名の居ないフリー客)を優先的にその嬢に流したり
・給料の配分を良くしたり
・その嬢の嫌いな嬢に対して店ぐるみで嫌がらせをしたり
・その嬢が楽しく働きやすい環境を作るが為に周りのみんなが働きにくい環境になってしまい、結果店を辞める子が増えてしまい営業不可能になってしまったり

と、明らかに不公平な場になってしまう事があります。

一番やっかいなのは付け回し(嬢に席を指示したり、退席を指示したりする嬢達の司令塔)や、店長と恋仲になる事です。

嬢にとって新規のお客様はこれからの営業成績に関わる大事なお客様。
どの嬢も新規のお客様のテーブルに平等に付けるのが普通なのですが、付け回しや店長と恋仲になるとその嬢の成績を上げるためにドンドン優先的に席に着かせられてしまうので他の嬢はたまったものではありません。

自分達の成績をダダ下がりにさせた上に、その子だけ成績が断トツで上がっていく!

しかもお店のルールなんてその嬢にだけは通用しない。
遅刻や欠席の罰金なんてもちろんないし、他の女の子のお客様を横取りしたっておとがめ無し。
嫌がらせやミスをしたってお店は知らんぷり。

他の嬢にとってはとてもじゃないけどお仕事なんてしている環境ではなくなってしまいます。

また過去に有名なお店であったトラブルの一例をあげると、店長と嬢が恋仲で、他の子の給料から少しずつお給料を差し引いて、恋人である嬢の給料に流していたり、恋人の嫌いな嬢を首にした事もあったようです。
怖いですね。



キャバ嬢の恋愛


キャバ嬢が恋してしまうことほどお店にとって冷や冷やしてしまうものはないでしょう。

普通の女の子なんだけれども、お仕事しているうちは恋愛はあまりお勧めできません。
他の男性に媚を売るというのは間違いないですし、バレた時が大変です。

お店によっては恋愛禁止って所もあるし、何より彼氏と一緒に過ごす時間はほとんど与えられません。

24時間お客様との電話メールで休みなんか実質ないし、一緒に過ごしたいイベントごとだって24時間お店に縛られて彼氏とは過ごせません。

クリスマス、バレンタイン、自分の誕生日さえ…仕事!仕事!!仕事!!です!

彼氏と一緒に過ごしたいと思っては駄目。
イベント期間中の欠勤に課せられるペナルティはそれはもう痛い痛い!

普通の日でも休めば2万とかの罰金が、イベント期間中は4万とか5万とかそんなのざら。
12月なんて休みなんかないよ!ってくらい毎日出勤させられます。

労働基準法的にどうなの!?って思っても、実際高い給料払われて雇って貰っているので、あまり甘くするとお店の利益がでなくなっちゃうんですよね。
だって、時給6000円とか3000円とかそんな世界ですよ~。

それで更に労働基準法がどうとかお店に文句垂れたら「じゃあそういう面倒臭い子はこなくていいわ、罰金ありでも働いてくれる子探すわ」って言われてしまうのがオチ。
正直、キャバ嬢なんて腐るほどいます。
キャバ嬢やってくれる子だって腐るほどいます!

だけど、その中で売れるのはたった数人。

で、お店からすればこの数人以外は大して大事ではないんです。
この数人になれればそれこそまさにお姫さま!な生活が待っていますが、この数人になれなければ簡単にポイポイされちゃうものなんです。 

だからキャバ嬢は売れるのに必死! 
お仕事の邪魔になることは出来るだけ排除していくのがいいでしょう。 

キャバをやる内は恋愛を後回しに出来る相手にした方が良いです。
尽くさなくても、理解してくれる男性であればお付き合いしていてもプラスになるかもしれません。

でも尽くさないと、とか尽くしたい、って思うような相手と付き合うのは危険です。
それに、多くのキャバ嬢がキャバを引退するまで彼氏は作らない!って思ってる事が多いです。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:2-2

kk8artさん女性

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ