ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

女性がオーガズムに達するためのコツとは?

ライターさん(最終更新日時:2013/11/11)投稿日:

  • ナイス!:

    17

  • 閲覧数:317647

印刷用のページを表示する

男性は当然のことながら、オーガズムに達することは、
女性の身体にとっても非常に良いことです。

 

また、性行為にあたる男女にとって、女性がオーガズムに達する顔を
男性に見せることは、男性の満足度を上げるので、
コミュニケーションの向上が図れます。

 

オーガズムのメカニズム

 

オーガズムとは、累積的な性的緊張からの突然の解放のこと。

つまり、じわりじわりと押し寄せる性的興奮が一気に開放されることです。

 

肉体的には男女ともに、骨盤まわりの筋肉のリズミカルな痙攣を伴ったり、
強い快感を生んだ後に弛緩状態に至ることです。

 

また、精神的な面では、性行為によっての喜びを感じ、
女性であれば、男性にゆだねるという心理的な経験であります。

 

子孫繁栄のために、神様が人間に与えた唯一の快楽。
という説もありますね。

 

男性と女性の違い。


 

男性が瞬間的に感じるオーガズムに対し、女性は長時間のオーガズムを
感じると言われておりますが、実際にはどうなのでしょう。

 

ネットで検索すると、信ぴょう性の高そうなグラフなどを用いて、
掲載されていることもありますが、その真偽は実際に経験してみないと
不明確であることは否めません。

 

 2013y11m07d_183111793.jpg

 

これは私の経験によるものですが、確かに男女間の違いもあり、
また、女性の場合は、オーガズムに達するために刺激する
部位にもよることが分かりました。

 

具体的にいえば、男性の場合は、射精と伴うか否かであり。
女性の場合は膣と陰茎、つまりヴァギナ型とクリトリス型か、
ということです。

 

オーガズムの感じ方。

 

オーガズムの感じ方は人それぞれであります。

 

男性であれば、一般的なケースとして、射精を伴うオーガズムがあり、
近年では、ドライーガズムと表現される、射精を伴わない絶頂感があります。

 

また、女性の場合は、クリトリスを刺激するだけで達する女性もいれば、
膣への男性、もしくは異物挿入で達する女性もいます。

 

比較的、クリトリス派よりも、膣派の方が、オーガズムを感じる時間も長く、
快感の度合いも深いようですが、膣派は少数のようです。

 

第三のオーガズムの存在

 

また、ここへ来て、第三のオーガズムの存在が明らかになってきました。

 

男性の場合、潮吹きなどともいう長時間のオーガズムの存在も確認されていますし、
女性の場合は、性器に触れずに達する第三のオーガズムがあります。

 

これは、医学的にも権威な福田氏により広められ、
現在は多岐メディアで公開されています。

 

私も、さまざまな手法で実際に試してみましたが、
男の潮吹きは非常に難易度が高いと感じます。

 

しかし、女性への新オーガズムに関して言えば、
入口が非常にライトですので、試しやすく、しかも当然の如く
パートナーに喜ばれています。

 

職場でのテストも可能ですし、意中の女性への切り札として、
とても現実的であります。

 

具体的には、首筋、手、足の部分にそれぞれ存在する、
3つのツボを、順に、そして効果的に刺激することにより、
パートナーを深い瞑想の世界に導くことが可能です。

 

参考にしてください。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

un47xa7sさん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ