ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

交通事故で慰謝料を増やす慰謝料交渉術

ライターさん(最終更新日時:2015/8/1)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:7386

印刷用のページを表示する

 交通事故を起こした時に

 この内容だけでも、しっかり覚えておくことで、

 通常の示談交渉よりも知識を持って行動できます。

 

 自分が事故の被害者になったら? 対応法はコチラ


 まず、交通事故に遭ってから

 最初にしなければいけないことをお話します。


 それは警察に交通事故に遭った事を伝えるということです。

 これをしないと、保険会社に慰謝料請求することも

 できませんし、ましてや加害者に直接請求する

 形になりますのでおすすめしません。。


 次にやることとしましては

 交通事故証明書をとる、相手の身元を確認し、

 相手の保険会社の連絡先を確認し、

 自分の任意保険会社にも事故があった旨を報告しましょう。。


 次に、通院する病院は、

 最初から整骨院などには行かず、

 まず整形外科で診断を受け、その後治療が必要なら

 そのまま整形外科に通院するようにしましょう。


 自賠責保険と任意保険の違いは、自賠正規保険とは

 被害者に対し、最低限の保障しかしないので

 それ以上かかる慰謝料や治療費は任意保険会社が支払います。

そして、慰謝料計算方法は、

 相手の保険会社は、自賠責基準で計算してきて、

 自分たちは、一円も慰謝料を払わない姿勢でいるという事です。


 では実際に、いくら請求できるのか?


 相手の保険会社から出される慰謝料と、

 最大限請求出来る慰謝料は、実際に2倍以上金額に開きが出るという事です。


 これらの中で一番大事だと思う内容は、

 やはり被害者にとっていくら慰謝料請求できるかといった基準を

 交通事故被害者に始めてなった方は

 知る由もなく、当然といえば当然だと思うと思います。


 これらの内容をしっかり理解できれば

 少なくとも、ムチウチだから三ヶ月で示談しなければいけないとか

 相手の保険会社が言ってきた慰謝料額が正当だとは

 思わなくなると思います。

◆日弁連基準で慰謝料を獲得する方法

 ◆相手の保険会社以外からも慰謝料を請求する方法

 ◆後遺障害を簡単に認定させる方法

 ◆効果的な通院方法

 ◆ちょっとしたムチウチでも、うまく後遺障害認定を受ける方法

 ◆相手の保険会社を黙らせる究極の交渉術

 ◆弁護士を使わないで、賢く訴訟を起こす方法

 ◆ある書籍を読むことで、飛躍的に後遺障害認定を受けやすくなるその書籍とは?

 ◆自分の過失割合を限りなく、低くする方法

 ◆整形外科の医師を自分の奴隷にし、後遺障害診断書を自分優位に書いてもらう方法


 この内容から、


 68万円→289万円に慰謝料を増やした究極の慰謝料交渉術


 を学ぶ事ができます。

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ