ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

続・【<カネボウ化粧品>「白斑」の原因⇒老人性白斑〔早期老化〕か?】

ライターさん(最終更新日時:2015/4/18)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:22480

印刷用のページを表示する

    

【<カネボウ化粧品>「白斑」の原因⇒老人性白斑〔早期老化〕か?】

2013年12月~追記

 

追記)

 

〔カネボウ“白斑”被害 27人が集団提訴〕

(日本テレビ系(NNN) 2015年4月17日配信)

カネボウの化粧品を使い肌がまだらに白くなる「白斑」の症状が出た

(特に関東圏の東京都内の)女性27人が、

約4億8000万円の損害賠償を求め集団提訴した。
東京地裁に訴え
を起こしたのは、

カネボウの美白化粧品を使っていた女性27人。

女性らは肌がまだらに白くなる「白斑」の被害が続いているとして、

総額で約4億8000万円の損害賠償を求めている。
原告の女性(20代)

「ウエディングドレスを試着している時に、背中に白いものがあるのに気付きました。

(結婚式の)アルバムを見ると白斑が残っているので、

とても悲しい思いでいっぱいです」
「白斑」の症状が確認された人は

(日本全国で)1万9000人余り

に上っている

が、カネボウは数十万円の一時金を支払う一方で、

法的責任は認めていない。

 

〔カネボウ白斑被害で集団提訴〕

(TBS系(JNN)  2015年4月17日配信)

カネボウの美白化粧品で皮膚が白くまだらになる『白斑』の症状が出たとして、

全国の女性ら82人が、

7つの裁判所に

およそ12億円の賠償を求め提訴

しました。

東京地裁への集団提訴は初めてです。
「結婚式も白い部分が残ったまま挙げましたし、外に出るのも嫌になる」

(原告の女性)
カネボウは、一部の被害者に

慰謝料などとして30万円から50万円を支払っています

が、弁護団は

「補償としては十分ではなく、

欠陥商品を販売した法的責任を追及したい」

としています。

 

images22356.jpg

〔珍しい“白いタヌキ”が仲間入り 三重県〕

(日本テレビ系  2014年11月25日配信)

三重県大紀町の大内山動物園に大変珍しい“白いタヌキ”が仲間入りした。

今月16日から大内山動物園に仲間入りした白いタヌキ。名前は「ポンちゃん」。

体重は約3キロで年齢は1歳半。

生まれつき体の色素が欠乏している突然変異で、

飼育員らも実際に見るのは初めてだという。

 

 

images223.jpg

〔純白すぎる前代未聞の「白いマグロ」が水揚げされる〕

(ガジェット通信 2014年11月21日)

築地市場に入荷した、白いマグロが大きな話題となっている。

ベテランの卸業者が「こんなマグロは初めて見た」というほど珍しく、

前代未聞の非常に珍しいマグロとのこと。

この白いマグロはインドネシアのバリ島で水揚げされ、

そのときから白かったことから、生まれつき色素のないマグロと推測されている。

重量は118キロで、東急百貨店東横店の魚屋『魚力』で解体されることが決まった。

 

〔白いマグロの展示 解体ショーは取りやめに〕

(テレビ朝日系  11月21日配信)

百貨店の店員も客もこぞって見つめるその先にあるのは。

店員:「非常に珍しい白いマグロでございます」

真っ白なマグロ。

客:「見て見て、白いよ」「見たことないんでびっくりしています」

このマグロはインドネシア・バリ島から空輸された天然のミナミマグロで、

重さは約118kg。水揚げされた時から白かったという。

遺伝子の突然変異が原因とみられ、表面は真っ白だが、身は普通のマグロと同じ赤色だ。

マグロを仕入れた魚力・佐藤健吾営業課長:

「うちのトップのバイヤーが30年、築地に通っているなかでも見たことがないと。

マグロ屋さんでも見たことがないと思う」

この白いマグロは当初、22日の午後にも解体ショーで切り分けられ、

販売される予定だったが、

大学や研究機関などから要請があり、急きょ取りやめられた。

 

        【世界が捉えるフクイチ由来海洋汚染の現状~南半球にまで拡散】

FGYbFxsQbcsDjas-556x313-noPad.jpg

      *参考 [日本(愛知・名古屋)⇔インドネシア(バリ島):直線距離で約5392km]

bali002.jpg

 

〔東京都国分寺市在住の有名ツイッタラーさんの前腕部に「白斑」が出た〕

(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2014年10月12日)

https://twitter.com/1964Kitanofuji/status/518301495985315840

【白斑】

前腕部尺骨側に、ついに白斑が出た。

隣の家の主人は最近、甲状腺ガンが見つかった。

反対側の隣は独り暮らしの男性だったが、

今年の3月に急性骨髄性白血病で亡くなった。

~東京都国分寺市在住~

(2014年10月4日投稿)

 

 BzFgMNGCMAA1hBB.jpg

  

 

〔カネボウ白斑問題 「賠償請求地雷原」に被害者は怒りあらわ〕

(フジテレビ系  2014年9月27日配信)

美白化粧品で肌がまだらに白くなる症状が出た問題で、

カネボウ化粧品の子会社が、被害者を「賠償請求地雷原」などと表現した、

内部資料を作成していたことがわかった。
カネボウ化粧品によると、問題となった商品の自主回収発表から、

およそ1カ月後の2013年8月、

愛知・名古屋市のカネボウ化粧品販売中日本支社で行われた会議の資料に、

被害者について、慰謝料の支払いを求めてくる「賠償請求地雷原」などとする表現があった。
資料は、支社の担当者が作成したということで、

カネボウ化粧品は「深くおわびします」としている。
静岡市在住の女性は

「驚いた。お客様に対して『地雷』という表現をしたことに対しては、

腹立たしくて言葉で表現できない」と述べた。
FNNの取材に応じた被害者は、カネボウ化粧品側に対する怒りをあらわにした。

  

〔「白斑」発症メカニズムの一部解明…共同研究で〕

(読売新聞  2014年7月15日配信)

カネボウ化粧品の美白化粧品を使い、肌がまだらに白くなる「白斑」被害が生じた問題で、

カネボウは14日、

白斑が発症するメカニズムの一部を解明したと発表した。
日本皮膚科学会などと共同で研究を行った。

美白成分「ロドデノール」は

メラニン色素の発生を抑制する効果があるものの、

体内の酵素と結びつき、

別の物質である「ロドデノール代謝物」を生じる。

今回の研究では、

この代謝物が過剰に生成されると皮膚細胞を傷つけることがわかった。

このため、

この代謝物が白斑を引き起こす要因になったとみられるとしている。
ロドデノールは開発時の実験で行った濃さの100倍で、

細胞にダメージを与えることが確認されたという。

同学会によると、ロドデノールを含む美白化粧品を使った人のうち、

白斑を発症したのは約2%。

発症の有無を分ける要因などは分かっておらず、

原因究明を続けている。

 

 33567.png

 

〔韓国女性が“カネボウ製品使用で白斑症状が出た”と主張 日本の裁判所に集団訴訟へ〕

(news.naver  2014年7月13日配信)

カネボウ化粧品の美白化粧品が原因で白斑症状が相次いでいる問題が、

韓国へも飛び火している。
韓国メディアが7月13日、

カネボウのホワイトニング化粧品の使用で被害を被ったと主張する韓国の消費者が

集団訴訟を準備中だと報じた。

法務法人イェユルを通して、日本の裁判所に提訴するという。

集団訴訟を準備しているホユン弁護士は

「報酬に非協力的なカネボウ株式会社に比べカネボウ本社は

積極的な補償の意志を見せており、補償額もできカネボウ株式会社よりはるかに大きい」

とし、日本で訴訟が有利点があると強調した。
日本の裁判所が

自国民の被害者と韓国の被害者を差別して賠償金を決定することは難しいという判断も

訴訟提起の大きな理由だ。

法務法人イェユルは、すでに現地の法務法人と協力して弁護団を設け、

製造物責任法などの適用のための具体的な法律検討作業を進めている。

また、適切に補償されず、他の被害者も見つけて、集団訴訟に参加させる方針だ。

 

〔美白成分に毒性か=高濃度で色素細胞死ぬ―カネボウ研究員ら論文・白斑問題〕

(時事通信  2014年7月5日配信)

カネボウ化粧品の美白化粧品を使った人に、

肌がまだらに白くなる白斑が生じた問題で、

美白成分「ロドデノール」が酵素と反応し、

色素細胞に毒性を及ぼすとの論文を、

同社の研究員らが5日までにまとめた。
白斑がなぜできるかはこれまで分かっていなかったが、

毒性のため

色素細胞が減ったり死んだりしたことが

原因となった可能性が浮上した。

カネボウが国に製造販売を申請した段階で、

十分な試験が行われていたかも問われそうだ。
論文は、カネボウ研究員と日本皮膚科学会が白斑問題を受け設置した

特別委員会委員長の松永佳世子藤田保健衛生大教授らが執筆。

6月26日付の国際学会誌に掲載され、厚生労働省にも報告された。 

 

〔白斑症状4000人に一時金 カネボウ、20億円規模か〕

(朝日新聞デジタル 2014年 6月20日配信)

カネボウ化粧品の美白化粧品で白斑症状が相次いだ問題で、

カネボウが症状が比較的重いと判断した約4千人に対し、

慰謝料や休業補償として一時金を支払うことを決めた。

1人あたり数十万円で、支払いの総額は10億~20億円規模になる可能性がある。
カネボウによると、

対象は

これまで同社に被害を申告した約1万9千人のうち、

「症状が重く治療が長期化しそうな方」と同社が独自に判断した

4千人強。

判断の基準は明らかにしていないが、発症時期や症状によって、

1人あたり数十万円の慰謝料と数千円(1日分)の休業補償を提示しているという。

19日までに約100人を残し、支払う意向を記した社長名の手紙を送っているという。
被害者らの東京弁護団事務局長、中村忠史弁護士によると、

総額30万~50万円程度を提示された被害者を複数把握しているという。

 

〔白斑問題~初弁論でカネボウ側は争う姿勢〕

(日本テレビ系(NNN) 2014年5月9日配信)

美白化粧品による白斑被害で、

静岡・山梨の被害者14人がカネボウ化粧品を相手に損害賠償を求めている

裁判の第1回口頭弁論が開かれた。
この裁判は、

カネボウ化粧品の美白化粧品で肌が白くまだらになる白斑被害を受けたとして、

静岡県と山梨県の男女14人がカネボウ化粧品を相手に慰謝料など

計約5億9000万円の損害賠償を求めているもの。
静岡地裁で開かれた第1回口頭弁論で、

被告のカネボウ化粧品は、これまでの調査で治療を受けた人の7割以上に

症状の改善がみられるため改善状況を見守るべきなどとし、全面的に争う姿勢を示した。
青山弁護士

「(カネボウ側は)改善傾向の人がいるので(改善する人が)もっと増えるかもしれない、

つまり『放置したい』と言っているだけ。非常に無責任」
また、9日の会見には静岡県中部に住む60代の女性被害者も出席し、

カネボウ化粧品に対する思いを語った。
被害者

「全く誠意ある対応をしていない。毎日、鏡を見ると少しずつ(白斑が)増えている。

使用前の肌に戻りたい」
女性は、カネボウ化粧品に対し、責任を認めた上で信頼回復に努めてほしいとも話している。
一方、カネボウ化粧品は

「今後の裁判の審議の中で誠実に対応したい」とコメントしている。

 

〔カネボウが新安全基準を導入 白斑被害問題を受け〕

(産経新聞  2014年4月21日配信)

花王の子会社のカネボウ化粧品は21日、

製品の安全性をより厳しく確認する新安全基準を導入したと発表した。

昨年7月に同問題が発覚以降、

白斑の被害者は1万8692人(今年3月末現在)にのぼり、

花王の2013年12月期連結決算では

被害対応に約100億円の特別損失を計上するなど業績へも影響を与えている。

 

〔カネボウ白斑問題 症状訴える人への説明会〕

(日本テレビ系(NNN) 2014年4月5日配信)

東京都内で5日、症状を訴える人を対象に説明会が開かれた。
東京・千代田区日比谷で開かれた5日の説明会は、

東京の有志の弁護士らによる弁護団が開いたもので、白斑症状を訴える約80人が集まった。

説明会では、白斑症状の調査の結果や、カネボウ化粧品の対応の問題点、

また、損害賠償請求に関する説明が行われた。
説明会を開いた東京の弁護団は、全国の弁護団と連携して、

カネボウ化粧品と1~2か月中には交渉していきたいと話している。

 

〔白斑被害で初の集団提訴へ=男女14人、カネボウ相手に―静岡地裁〕

(時事通信 2014年3月31日配信)

静岡県内外の30~70代の男女14人が近く、同社を相手取り、

計7000万円の損害賠償を求める訴えを静岡地裁に起こすことが31日、分かった。

弁護団によると、同問題で集団提訴は全国初。
訴状によると、男女は2011年4月ごろから

[⇒フクイチ事故直後からなので時期的にも因果関係を疑うのは当然。]

カネボウが独自開発した「ロドデノール」

という成分を含む化粧水などを使用し、

顔面などに白斑が発生。

商品は安全性を欠いているとして製造物責任法に基づき、

治療費など1人当たり500万円の損害を賠償するよう求めている。 

 

〔カネボウ白斑被害問題~原因とされるロドデノールは白樺の樹皮由来〕

(2014年2月15日)

ロドデノールは、白樺の樹皮由来
カネボウが製造販売した美白製品のうち「医薬部外品有効成分ロドデノール」が

配合された製品を使用された消費者に、

肌がまだらに白くなるといった白斑様症状が出ている問題で、

その原因とされているロドデノールについて

カネボウは自社の研究で、メラニンの生成を抑制し、

美白効果があることを発見したと報告している。
ロドデノールは、白樺の樹皮に存在する物質に由来している。

[⇒このカネボウと契約している業者が取り扱っている

白樺の主産地はどこなのか?

それを知る事で今回の事件の真相に更に一歩近づく事が可能。]

 

〔花王、4期連続の増収増益…白斑被害損失は拡大〕

(読売新聞 2014年2月4日配信)

花王は4日、2013年12月期連結決算を発表した。
国内、アジア新興国ともに販売が伸び、売上高は前年同期比7・8%増の1兆3152億円、

本業のもうけにあたる営業利益は11・5%増の1246億円で、

4期連続の増収増益だった。営業利益はこれまでの最高だった。

子会社のカネボウ化粧品の美白化粧品が起こした健康被害問題に関連する損失が

9月末に比べて8億円拡大し、計121億円となった。

内訳は、商品回収に伴う売上高の減少が24億円、

回収経費や被害者の治療費などの特別損失が97億円だった。

14年12月期は被害者への慰謝料の支払いが本格化するため、

関連損失はさらに拡大する見通しだ。

沢田道隆社長は4日の記者会見で、

「被害者への対応を真摯に行いたい。

慰謝料の総額はまだ見積もれる段階にない」と述べた。

沢田社長はカネボウ単体の売上高について、5~6%減の

1700億円前後に落ち込んだことを明らかにした。

〔カネボウ白斑問題~約200店舗でサンプルの回収漏れを確認〕

カネボウ化粧品は、自主回収の対象商品のサンプルが、

全国のおよそ200店舗で回収漏れしていたと発表した。
カネボウは、全国の薬局などおよそ3,600の取扱店で調査を行ったところ、

およそ200店舗で、サンプルの回収漏れを確認したという。
カネボウの取扱店は、全国で2万店舗あり、

カネボウでは、残りの店舗でも確認を急ぐとともに、

サンプルをすでに配布した可能性があることから、

利用者には、サンプルを使用しないよう呼びかけている。
カネボウの対象商品で、白斑症状を確認した利用者は、

12月15日時点で1万3,539人にのぼっている。

〔⇒いつの間にか下方修正されたのか?〕

 

〔カネボウ白斑問題~自主回収対象商品のサンプル回収漏れ〕

カネボウ化粧品は、自主回収の対象商品のサンプルを回収漏れしていたと発表した。
カネボウは、全国およそ3,600の取扱店で調査を行ったところ

およそ200店舗で、サンプルの回収漏れを確認したという。
サンプルをすでに配布した可能性があることから、

カネボウでは、利用者に使用しないよう呼びかけている。

 

 

 

 

 

原子力規制委員会「“白斑”も晩発性の放射線障害の一つである」 

〔放射線障害〕

放射線の生物学的作用が原因となって生じる障害。
放射線により生体の細胞や組織が変化し、
細胞の分裂阻害、変異、死滅、組織の破壊などの
現象が生じ、これらが直接あるいは間接の原因となる。

比較的早期に見られる早発性障害と、
相当に期間がたってから現れる晩発性障害 など、
急性/慢性、確率的/確定的、身体的/遺伝的、分子/細胞・臓器別

に区別される。

早発性障害には、
吐き気、嘔吐、全身倦怠、白血球増加、リンパ球 の増加、
白血球減少、皮膚の色素沈着、脱毛、紅斑などがあり、

晩発性障害には、
老化現象、発癌、寿命短縮、悪性貧血、白血病 、
赤血球減少、血小板減少、皮膚の萎縮白斑などがある。

 

 

 

 

http://rkb.jp/news/news/18251/

肌がまだらに白くなる被害が相次いでいるカネボウ化粧品に関する

無料の電話相談会が、12月6日福岡市で行われました。

この相談電話は、NPO法人消費者支援機構福岡が開設したもので、

福岡市博多区の事務所ではメンバーの弁護士らが対応しました。

カネボウの美白化粧品をめぐっては、

肌がまだらに白くなる「白斑」の被害が相次いでいて、

カネボウ化粧品によりますと、

被害者の数は全国で1万6000人を超えているということです。

12月6日の相談電話にも、

顔に幅10センチほどにわたって白斑被害が出ているという福岡市の女性など、

午前中から多くの相談が寄せられていました。

 

 

20131208_yol_oyt1t00374_0-small.jpg

 

20130724k0000m040110000p_size5.jpg

hakuhan--300x226.jpg

m_20100923160225.jpg

20130802193011.jpg

 

〔元に戻らなかったら…「白斑」被害救済進まず〕

カネボウ化粧品の美白化粧品による白斑被害の問題を受け、

東京都内の弁護士による被害者説明会が12月7日開かれ、約120人が参加した。

問題の発覚から5か月が過ぎても、同社による被害救済は進まず、

参加者からは「元に戻らなかったら、どうしよう」と不安を訴える声が続出。

被害者弁護団は仙台、大阪、広島などでも結成されており、

集団提訴に向けた動きも出ている。

「カネボウは謝罪はするが、補償の話を一切しない。

他の被害者と力を合わせて闘うしかない」。

説明会に出席した女性(44)は、怒った口調で話した。

 

同社は「治る」というが、効果的な治療法はなく、

化粧品の使用をやめてから1年がたつのに首の白斑は消えない。

たまらず静岡県伊東市から駆けつけたという。

説明会には、弁護団の予想を上回る約120人が詰めかけた。

11月の電話相談には、2日間で224人から問い合わせがあった。

同社は今年7月、自社製品に問題があることを認め、

「完治するまで責任を持って対応する」と明言した。

だが、被害者の不満の声は絶えない。

 

東京弁護団事務局長の中村忠史弁護士は、

「カネボウのお粗末な対応が、被害者の不安をあおっている」と指摘する。

弁護団によると、

同社から治療費や慰謝料の支払いを受けているのは、白斑症状が回復した人が中心。

改善が見られない被害者には、なかなか補償の具体的な金額や時期が示されないという。

問題の化粧品の使用を証明する資料がなければ、

同社から交渉を打ち切られるケースも出ているという。

説明会では、弁護士が、化粧品を購入した時のレシートの保管や、

医師の診断書の取得が大切だと指導。

 

弁護団は今後、被害者の委任を受けて同社と補償交渉を進めていくが、

決裂すれば提訴もあり得るという。

一方、同社は取材に対し、「今後も顧客には真摯に対応していく」としている。

東京弁護団では、
ホームページを開設し、

活動内容を発信している。

 

 

〔カネボウ「白斑」問題~東京の弁護団が被害者向け説明会〕

カネボウ化粧品の利用者に、肌がまだらに白くなる症状が出た問題で、

東京の弁護団が、被害者向けの説明会を行った。

カネボウ美白化粧品白斑被害救済東京弁護団の末吉宜子団長は、

「カネボウからは、『あなたが使っていた化粧品と白斑は関係ありません』と言われ、

賠償を受けられないこともあると聞いている」と述べた。

12月7日午後に行われた説明会には、およそ100人が参加し、

弁護団からは、

化粧品を購入・使用した記録を残しておくことや、

病院などで診断書をもらうことなど、

今後、カネボウ側との交渉に向けた対策

が呼びかけられた。

 

参加者は

「弁護士の先生って、なかなか面識がないので、

こういった機会があって、とてもよかった」と話した。
弁護団では、交渉に向けた事前の相談については、無料で受け付けるとしている。

 

〔カネボウ「白斑」問題 被害弁護団による無料電話相談始まる〕

カネボウ化粧品の一部の商品を利用した人の肌に、まだらに白くなる症状が出ている問題で、

東京の弁護士らが結成した被害弁護団による、無料電話相談が始まった。
東京都内の事務所では、相談開始時刻の18日午前10時になると、

一斉に電話がかかってきて、担当弁護士による治療費などの相談が行われている。
電話相談は、11月18日と28日の2日間行われ

12月7日には、補償などについての説明会を開かれた

カネボウ化粧品の商品で、

肌がまだらに白くなる「白斑」の症状が確認された人は、

これまでに1万6,000人を超えていて、

このうち、およそ3,400人は、症状が回復したという。

 

 

PS

 

【「特定疾患(難病)医療受給者証交付件数」が激増~カタストロフの序章】

【若くして老化が急速に進む早老症 「ウェルナー症候群」の原因】

 

〔チェルノブイリ被害実態レポート翻訳プロジェクト〕
「第2章第4節 チェルノブイリ大惨事の影響で加速する老化 」

 

「老化の加速化は、電離放射線による被曝がもたらす、
よく知られた影響の一つである。
この現象は、チェルノブイリ由来の放射性核種に
汚染されたすべての人びとにおいて、
程度の差こそあれ、はっきりと見てとれる。」

「チェルノブイリ大惨事によってもたらされた
放射線による老化の影響は、すでに数十万人に及んでいる。
そして将来も、この問題は数百万人の人びとに関わってくるだろう。」

 

PS(参考

 

【生まれつきメラニン色素が少なく、肌が白いアルビノ(先天性白皮症)の悲劇】 

アフリカ・タンザニア全体で、

1万7,000人ほどいるといわれるアルビノの人たち。

⇒つまり、

カネボウ化粧品の美白化粧品による白斑被害者の総数は

現在までに「日本全国で1万6000人を超えている」

ということで、

「アフリカ・タンザニア全体のアルビノ(先天性白皮症)患者数」

(1万7000人)にほぼ匹敵する。

 

〔アルビノとは?〕

 

アルビノは、動物学においては、メラニンの生合成に係わる

遺伝情報の欠損により 先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患、

ならびにその症状を伴う個体のことを指す。対義語はメラニズム。

この遺伝子疾患に起因する症状は

先天性白皮症、先天性色素欠乏症、白子症などの呼称がある。

また、この症状を伴う個体のことを白化個体、白子(しらこ・しろこ)などとも呼ぶ。

さらに、アルビノの個体を生じることは白化(はくか・はっか)、あるいは白化現象という。

一方、植物学の分野においては、光合成色素を合成できない突然変異個体のことを

指す用語として用いられる。

このような個体は独立栄養が営めないため、

種子中の栄養を使い切ってしまった時点で枯死することになる。

 

[概要]

先天的なメラニンの欠乏により

体毛や皮膚は白く、瞳孔は毛細血管の透過により赤色を呈する。

劣性遺伝や突然変異によって発現する。

広く動物全般に見られ、シロウサギやシロヘビが有名である。

ほとんどの場合、視覚的な障害を伴い、日光(特に紫外線)による

皮膚の損傷や皮膚がんのリスクが非常に高い。

また外部から発見されやすく自然界での生存は極めてまれである。

そのため、しばしば神聖なものやあるいは逆に凶兆とされ、信仰の対象として畏れられる。

また、観賞用としても人気がある。

なおアルビノは、正常な遺伝情報により白化した白変種とは異なる。

ヒトのアルビノは医学的に先天性白皮症と呼ばれる。

チェディアック・東症候群 (CHS) 、ヘルマンスキー・プドラック症候群 (HPS) 、

グリシェリ症候群 (GS) の合併症として起こる色素欠乏を白皮症に含める場合もある。

アフリカ南東部では、「アルビノ」の体には特別な力が宿るという伝統的な考えから、

臓器や体の一部など売却する目的で、

アルビノの人々をターゲットにした殺人が後を絶たない。

 

[治療・対策]

先天性白皮症の治療法は現在のところ見つかっていないため、

処置は以下の対症療法となる 。

◎メラニンが不足しているので紫外線防御が常に必要な場合が多い。

◎視力障害など、眼科でのコントロールが必要な場合がある。

 

【「トマトジュース」「茹でたニンジンジュース」で被曝予防~救世主「リコピン&β-カロテン」】

仮に被曝疾患の一類型と仮定した場合、

一般的放射線防護はもちろんのこと、

「抗酸化食品」の定期摂取が改善に一定の寄与する事は言うまでもない。

 

 

  4901306013809.jpg411mgdbMHvL__SL500_AA300_.jpg

41WAtXVsL5L__SL500_AA300_.jpg

 004000000002.jpg

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:1-3

tamikotea2さん

ピックアップ

iPod入門: 新しいパソコンに i...
iTunesの移転方法はいろいろありますが、簡単に出来る方法を...
ピアスに関する正しい知識講座 ...
さてさて。ピアスを開けて、何か理由があって塞がなければな...
女子が陥りやすい、混んでいる...
はじめに毎日の通勤ラッシュ、つらいですよね。ただでさえ人...
本文はここまでです このページの先頭へ