ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

都立中高一貫校 ★ 2014年適性検査問題の分析結果でわかる合格を勝ち取る勉強方法 ★

ライターさん(最終更新日時:2016/5/5)投稿日:

  • ナイス!:

    13

  • 閲覧数:5974

印刷用のページを表示する

★ 適性検査に求められることを知ろう


以前、都立中高一貫校の適性検査問題を解いて、知恵袋に書いたことがありますが、今年の適性検査問題でも、その問題の傾向を分析し、合格方法を考えて行こうと思います。


「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず

御存じの方は多いと思いますが、孫子の有名な言葉です。
受検に当てはめて考えると、適性検査というものをよく把握し、そして子供の適性・能力を理解すれば、合格がぐっと近づく
と言うことかと思います。
傾向・特徴を理解して損なことはありません。


では、前回に引き続き、桜修館と小石川の問題で見てみたいと思います。

桜修館の問題を中心に、小石川の出題傾向を加味しつつ、話を進めていきます。
まずは、桜修館の算数・理科・社会・国語の複合問題と言える適性検査Ⅰを見てみましょう。

とりあえず、次のリンクから、問題全体
をさらっと見てみて下さい。
問題を一つ一つ解いてもらうのがベストですが、そこまでしなくて良いです。

(↓クリックして下さい。問題が表示されます。)
http://www.oshukanchuto-e.metro.tokyo.jp/cms/html/entry/9/file660.pdf

どのように感じたでしょう?
「このボリュームを45分でできるのか?」と感じた方が多いのではないかと思います。

又、問題の中まで突っ込んで見られた方は、単純な計算問題はほとんど存在せず、知識を問う問題は寡少だ」「脳みそから汗が滴り落ちるような考える問題だらけだ
と思われたと思います。



★ 決め手はやはり算数のセンスだ!

問題全体の印象を掴んだら、次は問題そのものの傾向を見てみましょう。

今年の適性検査Ⅰを見ると、大きく2種類の問題が出ています。
①地球儀を使った地理・生物の考察」「②バスケットの試合組合せ等の考察です。

①は、一見知識を求める問題のように感じるのですが、知識を求めるのは大陸名などを答える程度の話で、ほとんど意識するレベルのものではありません。
結局は、表の数値を読み取り、問題に解答していく力
が求められています。

②は、組合せ・確率を考えて、解答していく力
が求められています。

①②共に、数字に強く、論理的な思考ができないと、全く答えを導けないだろう
と思います。
しかも、たった45分で、これら難しい問題を解かなければダメ
なんです。

合格圏内は入るには適性検査Ⅰで7割以上の正解がほしいところ(7割以下では作文でかなり稼げないと厳しくなる)と言われていますから、問題を一度読むだけで、その出題内容を正しく理解し、スムーズに解答を導き出すハイレベルな算数のセンスが必要
です。


★ 合否を決める算数の比重


どの程度算数が合否に影響するかは、都立中高一貫校の中でも、やや差があります

例えば、小石川では、適性検査がⅠ・Ⅱ・Ⅲと分かれ、算数の能力が問われる問題はⅢが中心です。

Ⅰは完全に国語・長文記述の能力、Ⅱは社会を中心とする知識を確認する形になっており、Ⅲにおいても具体的な数値で答えるというよりも考察結果を文章で書かせる系統の問題が中心です。

桜修館は、適性検査Ⅰ・Ⅱですが、Ⅰは上述の通り算数の能力を問う問題が中心で、答え方も小石川のように文章で考察を書かせる部分が少なく、答えを具体的な数値でズバリ書かせる系統の問題が多いです。

Ⅱは、ユニークな作文問題となります(次回、その特徴・対処方法を考えたいと思います)。

そして、この問題傾向を踏まえた上で、合否を決める配点を考えると、桜修館は小石川と比べて、圧倒的に算数の配点が高い
と言えます。

小石川と桜修館の配点を比較してみましょう。

両校の合否は、次の総合点で判定されます。

〇 小石川 : 報 200 : 200 : 200 : 200 (合計800
〇 桜修館 : 報 300 : 500 : 200 (合計1,000
  ※ 「報」→報告書、「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」→適性検査Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

この報告書・適性検査別配点表をベースに、適性検査の問題傾向から科目毎の配点で表現すると次のような感じになるかと思います。

● 小石川 : 報 200 : 200 : 200 : 200 (合計800
● 桜修館 : 報 300 : 200 : 450 : 50 (合計1,000
  ※ 「報」→報告書、「国」→国語・作文、算→算数、そ→社会等知識系
  ※ 桜修館の適性検査Ⅰはほぼ算数中心の為、算数を9割とした

このように見ると、合否判定に占める算数の割合は、小石川は25%であるのに対し、桜修館は45
と、大きな違いがあると言えます。
言い換えると、小石川は学力・知識のバランス重視ですが、桜修館は算数能力重視
となり、意外かもしれませんが、科学の道を標榜する小石川で算数の比重が低く、女の子に人気があり文系イメージのある桜修館は算数の比重がかなり大きいという事実がわかります。

しかも、もっと問題をブレイクダウンして見た場合、同じ理数系の問題と言っても、小石川が実験結果を予想して書かせるような記述系が多いのに対し、桜修館は具体的数値をズバリ書かせる系の問題が多く、桜修館の方がより算数らしい問題
になっています。
極論すれば、桜修館は、算数が非常にできる子供であれば、ある程度の受検対策をするだけで合格できる可能性が十分にある
だろうと思います。


★ 算数のセンスを磨け!


桜修館と小石川における適性検査問題の傾向や合否を決める算数の比重を見てみました。

他の都立中高一貫校の適性検査問題等はきっちりと見れていませんが、武蔵・九段は小石川に近い傾向があるように思えます。
武蔵・九段以外は、桜修館にやや近い傾向があるものと思われます。

桜修館や桜修館に近い傾向の適性検査を行う都立中高一貫校の場合、特に算数を甘く見ていてはダメです。
なぜ、都立中高一貫校は算数を重視するかですが、これは難関国立大学への合格・進学を目指すには、高度な算数能力が必要不可欠であるため
です。 


今後、適性検査の基本となる問題は全学校で共通化される予定です。


しかし、多くの都立中高一貫校で算数を重視する流れは変わらないだろうと思われ、今後も引き続き、算数のセンスを試す受検問題が多く出題され続けるものと考えます。



※ 都立中高一貫校を目指す方! 

   次のブログは必見です。

     

     〇 【都立中高一貫校】 塾では教えてくれない合格への近道 ←クリックして下さい


          6年生の子供を持つ保護者の方は、特にこのページをご覧下さい。


     ★ 【都立中高一貫校】 6年生から都立中高一貫校を目指すメリット

            ↑↑↑  クリックして下さい!  ↑↑↑     




v2[1].jpg



※ 最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。

ぜひぜひ、ご共感頂けましたらナイスを、またご意見いただけるようでしたらアドバイスをお願いできれば幸いです!

よろしくお願い致します。


以上

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:6-1

dhdh0707さん男性

ピックアップ

知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ