ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

施主として初めての四十九日忌明け法要

ライターさん(最終更新日時:2015/10/31)投稿日:

  • ナイス!:

    24

  • 閲覧数:8135

印刷用のページを表示する

はじめに

  このノートは、「初めての葬儀 初めての喪主」の続編としてまとめました。

 関連ノートからご覧ください。

 

 葬儀が一段落すると、生命保険や年金などの手続きをはじめ諸々の手続きがあり、また、四十九日法要の準備と忙しい日々を過ごします。

 忌引き休暇が過ぎれば、帰宅後や土日に一つ一つ処理していかなければなりませんので、ご家族で分担することをお奨めします。

 

 四十九日満中陰法要をはじめ、彼岸、新盆、祥月命日、一周忌などの仏事は、各宗旨宗派やお寺さんの決まり事の他に地域の慣わしもあります。

 初めてのことばかりですから、お寺さんや親戚などにも相談しながら準備します。

 

四十九日忌明け法要と納骨 

当面行う諸手続き

 各種の手続きが必要です。

 手続きの一覧表は葬儀会社などで用意している場合がありますので確認してください。

 本屋さんに詳しく書かれた本がありますので探してみてください。

一例です。

 1 生命保険の支払い請求

 2 亡くなられた方が年金受給者であった場合は各種年金死亡届及び遺族年金受給手続き(国民年金は市町村窓口、厚生年金は年金事務所)及び遺族

 3 扶養していた家族が死亡した時は勤務先の担当者に家族埋葬費請求書提出

 4 死亡者名義の預貯金がある場合は金融機関へ死亡の届出(遺産相続者が決まるまで口座が凍結されます。)

弔問客への対応

  四十九日までは葬儀並びに告別式に会葬できなかった方が弔問に訪れます。

 返礼品と茶菓の用意をして応対します。

四十九日満中陰忌明け法要の準備

 一人ですべてを行うのは無理が生じますので、家族で分担して進めてください。

 

 お招きする方の都合を考慮して、四十九日前の土日に行う予定で、お寺さんと調整し会食をする和食店などに予約を入れます。

 

 お招きする親族・親戚等に往復はがきで案内し、返信はがきで出席人数を把握して和食店に連絡するとともに料理の予算を伝えます。

 会食は、飲物を含め一人3500円~7000円と地域や料理内容によって開きがありますので、出向いて確認することをお奨めします。

 

 満中陰法要の返礼品を、お寺さんと招待客の家族数分(返礼品は1家族1つです。)用意します。

 上書きは「満中陰志」「志」など地域により様々ですから、購入されるところにその旨伝えると用意してくれます。名前は「○○家」又は「施主」とします。

仏壇の準備

 分家などで自宅に仏壇がない場合は、仏壇仏具店で宗旨宗派に合った仏壇と各種の仏具を購入し、また、宗旨宗派の本尊をお寺さんに相談して準備します。

 宗旨宗派によっては仏壇店の本尊ではなく、本山から直接(又はお寺を通して)迎えるか若しくは本山近くにある本山ご用達の仏具店で求めるようにといわれる場合があります。

 既に仏壇がある場合は掃除しておきましょう。

 

 新しく仏壇を用意し本尊を迎えたときには、四十九日の当日「入仏法要」をしていただくことになりますので、その旨お寺さんに連絡してください。

 また、当日納骨される場合は、お寺さんと石材店にも連絡します。

本位牌や過去帳の手配

 宗旨宗派によって白木位牌から本位牌に書き換えますので、お寺さんに出向き白紙に書いていただくか白木位牌を仏具店に持って行き購入した本位牌に書いていただきます。

 

 また、浄土真宗本願寺派及び真宗各派では位牌を用いず過去帳となりますので、仏具店で購入し法名を記入してもらいます。

法要後納骨する場合

 石材店に納骨日時を連絡し、当日納骨前に入り口の蓋を開けていただきます。

 また、納骨後蓋を閉めていただきます。

 その料金は後日支払いますので、金額を確認しておきましょう。

茶菓の準備

 住職及び招待客へお出しする茶菓を用意します。 

お布施

 法要のみのお布施(日蓮正宗では「御供養」を用います)は3万円か5万円、法要の他に入仏法要や納骨もされる場合は5万円~10万円をお包みし、法要後会食をせずに帰られる場合はお膳料として5000円、お車代として3000円を別にお包みします。

 

 お布施は、葬儀代・読経料・戒名代といった対価の支払いではありませんので、お金は半紙で中包みし奉書紙に「御布施か」(日蓮正宗では「御供養」を用います。)と施主の氏名又は「○○家」と書いて袱紗に包んでお持ちします。
 一般的に葬儀のお布施には水引を掛けた不祝儀袋は用いませんが、四十九日忌明け法要以降のお彼岸、新盆、一周忌以降は、東日本では双銀か白黒の水引、西日本では黄白の水引の不祝儀袋が多く用いられます。

 お包みするお布施は対価の支払いではなく謝礼です。
 菩提寺やご本尊に供える3つのお布施のうちの「財施」であり、この財施がお寺さんの維持管理や生活を財政面で檀家が支えるもので、ご本尊にお供えするものです。

 01-140415.jpg

 140411-01.jpg

掃除と座布団の用意

 法要を行う部屋を掃除し、住職、参列者、家族分の座布団を用意します。

仏花・お線香・抹香の準備

 中陰壇と仏壇に供える仏花、当日納骨される場合は墓前に供える仏花を各1対、お線香と抹香を用意します。

四十九日満中陰忌明け法要の当日

 招待客及び住職が見えたら茶菓でもてなします。

 住職の席は中陰壇に近い上座に案内してください。

 

 法要は、読経と焼香になりますが自宅で行う場合は回し焼香が一般的です。

 

抹香によるまわし焼香
 祭壇に置かれている焼香台の代わりに、香炉と抹香をお盆などに載せて施主・家族・親族・親戚の順番に焼香していきます。
 この場合、参列者は自分の席にすわったままで焼香することになります。
 右側が抹香左側が香炉です。

  1 前の人から、お盆がまわってきたら、軽く一礼して受け取ります。
  2 自分の膝の上かすぐ前にお盆を置きます。

  3 焼香します。(宗旨宗派により作法が異なります。)

  4 両手を揃えて合掌します。

  5 済んだら隣の人に軽く一礼してまわします。

 焼香と読経が終わると法話があります。

 

 この法要は45分から1時間で終わります。

 

 当日、納骨されない場合は茶菓でもてなし、その間にお供えいただいたお菓子類をお持ち帰りいただくため、袋に小分けし返礼品と一緒に手提げ紙袋に入れます。

 

 施主は、ご住職にお布施、お膳料、お車代を返礼品と一緒にお渡しします。

 また、招待客には返礼品をお渡しします。

  

 納骨する場合は、菩提寺に移動して墓前で読経していただき納骨します。

 仏花と線香の他に地域により持って行く物がありますので、お寺さんに聞いて用意しておきます。

 

 会食会場の和食店に移動し、住職及び招待客が席に着いたのを確認し、施主としてお礼の挨拶をします。

 その後、故人に近い親戚に献杯の発声をいただき会食します。

 

 時間は1時間から1時間30分程度で、どなたか帰られる様子があるのをみて、もう一度お礼の挨拶をしてからお開きにします。

墓地の確保と納骨について

  分家などで墓地がない場合は、四十九日忌明け法要後に、寺墓地、公営墓地を探すことになります。

 樹木草も増えていますので、どのような墓地にするかを家族で話し合ってください。

 遺骨は、手元に置いておく期間に定めがありませんので、いつまでに納骨しなければと期限を決めずに納得できる墓地が見つかるまで時間を掛けて探してください。

 

 都会では、近年墓地の確保が困難ですし、永代使用料も100万円を超えています。

 マンション型の墓地や合葬墓地ですと、比較的お求めやすい価格ですし管理費も軽減されるかと思います。

 

寺院墓地購入時の留意事項

 寺院墓地の分譲広告に「宗旨宗派は問いません」と掲載されているものがほとんどですが、これは過去の宗旨宗派を問わないということで、購入した段階でその寺院の檀家になり今までの宗旨宗派から宗旨を変えるという条件付きです。

 寺院の土地建物は宗教法人の所有で、宗教法人の運営は檀家の審議機関である檀家総会などにより審議し決定されるものですので、檀家以外の方に墓地の使用を認めることはありません。

 

 葬儀や法要などを行った過去の宗旨宗派から、お求めになった宗旨宗派に改宗して、その後の葬儀や法要はその寺院の住職により行なわれます。

 

 墓地は必要であっても改宗はしたくないのであれば、同じ宗旨宗派の墓地か宗教法人に関わりのない民営霊園や公営霊園をお求めください。

 

 

 お役に立ちましたらナイスボタンポチッとしていただくと励みになりますのでよろしくお願いします。  

 

 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:4-1

ryokan4130さん男性

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ