ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

犬とネコの本能の差

ライターさん(最終更新日時:2015/8/4)投稿日:

  • ナイス!:

    7

  • 閲覧数:2352

印刷用のページを表示する

ネコというのはいい龍脈を知っている、と事あるごとにドクター・コパは言っていました。大辞典というのを出されているのですが、猫は下水のパイプの上には絶対寝ないそうです。それに、亡くなる人の周りから去るのも有名ですね。運気が落ちている処、運気が落ちている人には近ずかない。それがネコの本質です。だから、逆にいえば、ネコが寄ってくるような人に成りたいものです。運気が良くなり、来客・金運がつくのが分かるのです。犬は忠犬ハチ公のように、「死地」で逆に飼い主を助ける、というネコと正反対の特徴があります。死んだ人を待ち続けるハチ公のように、運気関係無しです。わたしはネコも犬も好きですけど、飼った事がないからそんなことが言えるので、犬派ネコ派の人からはおしかりを受けるかもしれません。できるだけ中立で、ということでお許し下さい。(補足として)ネコについては何度も夢の解釈で書きましたが、昼間招き猫のような有難い一面を見せるものの、夜は化け猫とか陰謀の象徴のように見られます。ですから、ネコの夢の解釈では、ネコが来たのが夜か昼か、白か黒か怒ったネコか和んだネコかで占断が180度変わってきます。ネコの活動時間が夜なので、ねずみを取れば財運あり(害獣駆除のため)ととく一方で、古い本ではネコを叩けば利益ありなどとかかれていました。これは化け猫退治から着想を得た解釈でしょう。新しい猫の解釈では、宝くじの高額当選例に「ネコつぎつぎ家に入れば宝くじ当たる」(高島泉妙先生著作)というのもあります。これは招き猫の発想を霊的に飛躍させた解釈でしょう。こんな具合で、ネコ解釈は夢でいちにを争う広角度のものがあります。もう一方の雄、犬に関しては、白い犬はよく解釈し黒い犬は冥府の使いだ、というものから、餌をやって食えば吉だとか、犬が人語を云えば警察沙汰になる、とか、いろいろ起源の不明な解釈が入り乱れます。狂犬の夢はばかげたことが起きる、といいますが、いまは狂犬がいなくなったので、適用が少ないようです。いま犬で一番注目されているのは、あの世のお迎えが天使と犬だ、とされている点でしょう。死んだ飼い犬をたびたび見るのは病人の死期の近きを教えていて、事故の発生などを予告するのは犬らしいのです。たとえば犬にかまれる夢、犬を惨殺する夢は事故と共に悲惨な生活の始まりを示すとされます。特徴として、犬が宝くじで絡んでくるのは、ここ掘れここ掘れとイヌ手招きして掘ったら大判小判が出てきた夢は宝くじ高額当選を知らせるとされます。このように、さすが人間最古のペット・イヌネコは、すべての人間の要素が入っているようです。当然、見たからいい・悪いの定番の夢は少なく、解釈が非常に広範囲なのがイヌ・ネコの夢・本質なのでしょう。本能の差が夢に反映するのは、たとえば「ネコたたき吉」「イヌたたき凶」など、きわめて常識的な線に収まっています。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-3

horobokkuruさん男性

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
本文はここまでです このページの先頭へ