ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

猫背の本当の原因とは

ライターさん(最終更新日時:2014/5/5)投稿日:

  • ナイス!:

    66

  • 閲覧数:34807

印刷用のページを表示する

子供の猫背と大人の猫背の違い

子供の時から勉強している時などに「猫背になっているから背筋を伸ばしなさい!」とよく怒られていた私ですが、大人になった今でも猫背の傾向が残っています。

ただ、子供の時と同じ猫背では無い気がしてなりませんでした。

子供の時は怒られて意識的に背筋を伸ばせばしっかり良い姿勢ができたのですが、今では意識的に背筋を伸ばして正しいと思われる姿勢をしようとしても何だか違和感があります。

同じ猫背でも状態が明らかに違うのです。

数多くの症状の原因究明での気づき  

もう6年前になりますが、私には以下のような症状がありました。

・自律神経失調症の症状である、息苦しさ、フラフラ感、不安感
・後頭部と顔の痺れ
・目のクマ
・笑いにくさ
・喋りにくさ
・飲み込みにくさ
・顎関節症
・歯ぎしり
・日中のかみ締めの癖
・首こり
・肩こり
・腰痛
・立っていても座っていてもある「真っ直ぐ」ではない感覚
・歩行障害
・猫背

まあこれだけよく出てたわ。。と今では思いますが、24時間休み無しでどこかが痛いので日常生活は本当に辛かったです。

何十箇所もの医療機関に行き治療を始めましたが、これが笑ってしまうくらい何も治らず、結局自分で仮説を立てながら自力で治す事になってしまいました。
治っていなければこんな長文も書けなかったと思います。

・自律神経失調症の原因

・顎関節症はどこで治せばよいか

・目のクマの本当の原因とは

多くの精神的、身体的な症状の原因は「首こり」でした。
ただ、正確には首こり、肩こりを中心とする体の慢性的かつ局所的なこりや緊張であったと解釈しています。

では「首こり」の原因は何か?

もちろん、今後のためにも自分を実験台にして色々検証しています。
結果的に言えるのは

「首こり、肩こりの原因は肩甲骨周辺の筋肉の慢性的なこり」である可能性が高いということです。
以前から肩甲骨の動きは重要なんていう内容をテレビや雑誌で見たことがありましたが、ここに通じていたか、、と点と点が繋がった瞬間でもありました。

肩甲骨周辺のこりの対処方法

首こりの原因はまさか背中側の肩甲骨だったとは・・・

確かに肩甲骨周辺のこりを緩和すると、首こりが起こりにくくなるんです。
今まで首こりの解消をメインに色々なストレッチをやってきましたが、実はこれらには肩甲骨周辺の筋肉を伸ばす要素も含まれていて、筋肉を伸ばす事を意識することで肩甲骨ストレッチにもなることが分かりました。


ここには書いていませんが、最近凄く良いと思ったのは浴槽でのストレッチです。

1)浴槽に入りながら、両腕を浴槽のへりに載せて首をすぼめるようにします。
2)肩甲骨周辺の筋肉をできるだけ伸ばすようにストレッチします。

ヒント

  •  →結構最初は意識し辛いですが、なれると簡単です。
3)慣れてきたら2)の状態で体を前後にし、肩甲骨周辺の筋肉に動きを与えながら伸ばします。

これを2週間ほどやれば、首や肩こりに変化を感じることができると思います。


ポイント

  • それにしても私みたいな素人でも気づける位の内容なのに、何故、整形外科や整体、カイロプラクティックでは的確な施術ができないのでしょうかね。。
    簡単に治ると客が来なくなるからでしょうか??
    関係者の皆さんコメントお願いします。

大人の猫背は体の変調のサイン

私の首こりの原因は肩甲骨周辺の筋肉のこりであると断定し、肩甲骨ストレッチを数週間やったところ、想定の範囲内ではありますが首こりが生じにくくなりました。

その頃から、仕事などで椅子に座ると何か変わった感じがしました。

あ、猫背が治ってる!

そうなんです、肩甲骨周辺の筋肉がこると胸を開く動作がしにくくなると共に、首を上げづらくなります。
要するに前に抱え込むような猫背の姿勢になってしまうわけです。

猫背は個人の悪い癖のように言われることが多いですが、私は首こりや肩こりを生じる前の無意識の通過点に過ぎないと思っています。
要するに猫背は個人の意思に関係なく、体が選択して取っている姿勢であるという事です。

大人の猫背は体の変調のサインである可能性を強く感じました。

皆さんも意識して肩甲骨周辺の筋肉を伸ばすようにしましょうね。
経験上、パソコン、スマホの長時間利用はその辺の筋肉を緊張させると考えています。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:5-1

mentalist119さん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ