ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

脱毛サロンと脱毛の種類

ライターさん(最終更新日時:2015/7/15)投稿日:

  • ナイス!:

    16

  • 閲覧数:1122

印刷用のページを表示する

 datumou.jpg
気になるムダ毛。。。男性も女性も悩みは多いと思います。
夏になれば肌の露出も増えるので負担にならない、

自分にあった処理方法をみつけてください。


①カミソリで剃る
ムダ毛処理の中でもお金もかからず手軽にできる方法です。
但し、肌が弱い人は肌荒れやかぶれ、かさつきなどに悩まされることもあります。
また、どうしてもしっかり剃りたいために、毛の流れにさからって剃ると、

毛穴を傷つけてしまい、そこから細菌などが侵入して、炎症をおこしたり、

毛膿炎(もうのうえん)、埋もれ毛なども出てきます。

カミソリでムダ毛処理を行うと、どんどん毛が太くなるか?という
通説がありますが、これは、カミソリでムダ毛の断面をカットするので、
カットした断面の面積が広くなり、太くなったように見えるのです。
カミソリでムダ毛を処理するときは、肌メリットとデメリットをよく理解してからやりましょう
なるべく新しいカミソリで刃の部分に肌を傷つけないように

細いワイヤーでガードされているものが安全です。


②毛抜き
毛抜きは、カミソリと同じでお金がかからず、手軽にできる方法です。
毛を毛根部分からムリに引っこ抜くので、一度抜くと生えてくるまでに時間がかかります。
ワキや口ヒゲの部分はすっきり感があり、クセになってしまう人も多ですが

肌にとっては大きなダメージです。
痛みを伴うのと毛穴の黒ずみや埋没毛、毛の太さや濃さ、毛質にもかかわってきます。
とくにワキの処理を毛抜きで行った場合、抜いた部分の皮膚が引っ張られてしまい

毛穴が鳥肌のような状態になり、毛穴が開いた状態になってしまいます。
毛抜きは安全と思っている人は多いと思いますが、肌への悪影響は他の自己処理と変わりなくダメージを与えてしまう方法です。なので、正しいアフターケアが大切です。


③脱毛クリーム
脱毛したい部位にクリームを塗って、毛を根こそぎ溶かし、数分後には

ムダ毛処理が終わっている方法です。
1本あたり1,000円~3,000円ほどで購入できます。
痛みもなく簡単にできるので楽と思って試す人も多いですが、

肌が弱い人、敏感肌の人にはあまりおすすめできません。
クリームには、肌にとても強い成分が入っているため肌トラブルのもとになりますので、
脱毛クリームを使う場合は、刺激の少ないものを選んでください。
気になる効果は、クリームの種類によってそれぞれです。
肌の強さに自信がある人にとっては、効果が期待できる方法かもしれませんが、

肌が弱い人は別の方法をおすすめします。


④抑毛ローション、ジェル
毛の成長を遅らせる効果がある成分を毛根に与えることで、

毛を抑える、生えにくくすることが期待できる方法です。
値段はお手頃で肌にもそんなに負担がありません。

脱毛処理後のケアとしておすすめです。


⑤家庭用脱毛器
エステサロンに通う時間がない、お金をかけられない人に人気の方法です。
家庭用脱毛器は、自宅で好きな時間に、好きなだけ脱毛できるところメリットです。
値段は安いものから高額なものまで幅広く、機能もいろいろ。
最近の脱毛器は美顔機能までついているものがあって、

高性能レーザー、フラュシュ式のものまで豊富です。
購入するなら、使い勝手がよく、機能が充実しているものが良いです。
だけど、脱毛エステで同じように施術を行うことを考えると、

やはりプロの施術の方が早くてキレイに仕上がります。
継続的に使う場合は、専用のジェルや化粧水、交換用のカートリッジが高いなど

コストがかかるデメリットもあるし、メーカーの公式サイトや口コミなどで

情報を集めてから購入を検討して下さい。


⑥ワックス脱毛
粘度の高い液体を温めて、脱毛したい箇所に塗り、

ある程度乾くのを待って一気に剥がす方法です。
広範囲に塗ることができ、長さや太さのある毛を根元から

一気に抜くことができるので魅力的です。
また、市販で手に入る、ムダ毛と一緒に古い角質が剥がれるため、

肌のくすみがとれるのは嬉しいところ。
ただ、次回のムダ毛処理まである程度ムダ毛をはやさなければ

脱毛ワックスを使っても期待通りの効果が得られません。
肌の弱い方は、内出血やかぶれや腫れなどの肌トラブルを

起こしやすいデメリットはあります。


⑦脱毛テープ
シート状になっている脱毛テープを脱毛したい箇所にムダ毛の流れに沿って、

しっかりと貼って一気に剥がせば完了です。
テープを貼って剥がすだけで処理できるので忙しいときに便利です。
上手に剥がすことができれば、キレイにムダ毛処理ができますが

失敗したときは痛いです。
脱毛テープを使うときのポイントは、肌を清潔に、

あらかじめ毛穴を開いてから処理をするとキレイに抜けます。


⑧脱毛クリニックや脱毛サロンでの脱毛
全国にたくさんある脱毛店で、どこを選ぶか迷ってしまうほどですが、
気になるサロンを見つけたら、まずは体験で安く試せるコースで予約してみましょう。

永久脱毛をしたい人は、クリニックやエステサロンに通うことをおすすめしますが、
サロンの雰囲気、カウンセリング、料金、スタッフの印象、

脱毛方法など事前チェックはしましょう。 
自宅あるいは勤務先から通うのか、永久脱毛するためにサロンに通う

お金も考えなくてならないので、料金はどのくらいかけられるのかなど

予算などの準備も必要です。
ポイントは、何回コースとか、予約のとりやすさなどをチェックしておきましょう。
サロンによっては、予約がとりずらいこともあります。


⑨最後に
ムダ毛の自己処理するリスクもあるので余裕のある方は
クリニックや脱毛サロンにいくべきです。

比較サイトなどで最新の人気商品やクリニックをチェックするのも良いことです。
様々な商品や成分が日進月歩で開発、改善されています。
思わぬ効果が得られる可能性だってあります。

http://hikakuweb.client.jp/datumou.html


又、この知恵ノートが役に立った方がいらっしゃいましたら
今後の励みになりますのでナイスかいいね!ボタンをぜひお願いします。

 







このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ