ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

竹島だけでない韓国の日本侵略。 対馬の「朝鮮通信使行列」のカラクリ

ライターさん(最終更新日時:2014/8/10)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:492

印刷用のページを表示する

 「日韓友好の美名」の下で着々と進む、韓国の日本侵略


 

とても気になっていたテーマでした。 対馬の韓国人観光客による不法な行為。

朝鮮通信使行列は韓国が企てるトロイの木馬。 韓国化されつつある対馬に、日本人島民の流出。 とても深刻です。

 

日教組も絡んでいるのかな? 対馬の学校では意図的に蒙古襲来の歴史を授業で教えていません。 韓国人観光客で潤うのは韓国人の経営する旅館や施設ばかり。 

 

 

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-1660.html

 

2、見えざる対馬の危機

(1)押さえつけられた島民の本音

今回の視察で我々は、商工会の職員から島の実態を伺うべく会合をセッティングした。これまで日韓国交流を推進してきた商工会会長はあえて外した。会長抜きでの本音を聞くためだった。

しかし当日現地に着くと突如、会長が出席した。質疑応答は、全て会長が仕切った。会長曰く、「韓国人観光客のお陰で島の経済は潤っている」と。会合が終わり、会長の退席後、「これでは本音が言えない」と語った女性に改めて時間を頂き対馬の実態を伺うことになった。

対馬の中心街を歩くと韓国人向けの料理店、居酒屋、免税店などが目に付く。島のほとんどの路標識にはハングル文字が併記されている。中にはハングルが上に来ている標識もあった。韓国・釜山に対馬釜山事務所を開き、韓国人観光客の誘致を推進しているという。良し悪しは別として、会長を中心とする経済界の努力の結果なのだろうか。

現在、韓国人旅行客7万8千人─。その結果、島は本当に潤ったのか。商工会の女性職員は言う「島の経済は全く潤っていない。一般の島民には全く利益は落ちてこない。潤ったのは『対馬市交流センター』に店を構える人(浦田会長はじめ商工会幹部ら)のみ」と。韓国人観光客は、島に多数ある韓国旅行会社のバスを使い、韓国人経営のホテルを使用している。

「そればかりか韓国人は、土地を買収し島民には不安が増大している」と危機感を募らせた。
韓国人観光客の誘致推進は、一部の対馬島民と韓国人しか潤わないばかりか、知らず知らずのうちに、土地や建物、文化までもが韓国に浸食され続けているのである。

(2)それでもなぜ、対馬商工会は韓国交流を推進し続けるのか─「厳原(いづはら)港まつり」が、「対馬アリラン祭」に変質した

かつて「港まつり」は、島の女性が郷土料理「六兵衛」を炊き出して、子供達にふるまうような島民の手作りの祭りであった。それが20年ほど前、「特色を出せば長崎県から300万円の補助金が下りる」ことも受けて「朝鮮通信使行列」をメインとする「アリラン」祭りへと変わった。この祭りは商工会が推進、運営している。

祭りが変質したきっかけは、平成2年、来日した盧泰愚大統領の宮中晩餐会での演説が発端だった。観光産業に行き詰まっていた対馬だったが、かつての対馬藩の外交官を讃える演説に沸き立った。「日韓交流の島」しようと、朝鮮通信使の顕彰機運が商工会などに高まった。

庄野晃三郎氏(現・対馬観光協会会長の父)が個人的に多数収集した韓国衣装(チマチョゴリ)などを対馬に提供し、大規模な行列を行うことを提案。島の子供も韓国衣裳を身にまとい参加している。アリラン祭のために韓国にも赴き視察・交流を重ねた。また辛基秀という在日二世もこの催しに深く関わっている(元総連、反日映画なども製作)。

「通信使行列」を祭りに導入する動きは、対馬から東京まで通信使が通った縁の地を結んで全国各地に広がっている。各地で在日朝鮮人、民団、現地の市民団体(中には左翼団体も含む)が推進。連絡協議会も作られており、対馬に事務局がある。要望があれば、庄野氏が収集した衣装を全国に貸し出している。対馬から全国に発信している形だ。(参考図書…嶋村初吉著『海峡を結んだ通信使』梓書院刊)

この全国的な動きは各地で、在日朝鮮・韓国人の市民権拡大の一役を担っている。対馬にとってアリラン祭=通信使行列は、商工会幹部が韓国人と切ることのできない根深い関係を形成してしまった。それは様々な意図を持った韓国人・朝鮮人を招き入れる結果を生んでいる。

地元島民はこう語った「対馬アリラン祭の参加者の半数は韓国人だ」「韓国人から見れば、対馬でも我々の祭りが行われていると見えるではないか」。批判の声だった。

ある元自衛官の方は我々に次のように訴えた。「我々が住んでいなければ、漁業水域も後退し、国境も守られない。そのことを忘れないで欲しい」。

土地も、資本も、精神文化までもが浸食され続ける対馬。加えて毎年多数の島民が流出。このままでは防人の島・対馬は危うい。定住の韓国人が増えれば第二の竹島に、住む者がいなくなれば日本人が足を踏み入れることのできない第二の尖閣諸島になってしまう。

 

神社の絵馬がハングルの落書きだらけ

 https://www.youtube.com/watch?v=LFvC0JbDmbc

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:4-3

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ