ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

公安警察、創価学会

ライターさん(最終更新日時:2014/9/25)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:411

印刷用のページを表示する

公安警察と広勢安全保障会議(創価学会)が使用している思考盗聴機は、東芝が製作しNTTが技術協力し、自衛隊のレーダー網を利用しています。

レーダーにより標的の位置を計測し脳に照射します。標的の人間の姿はもちろん、脳や内臓も見られています。

標的の考えていることは全てニューラルネットワークコンピュータの脳辞書で解読されています。照射された標的の人間はレーダー追尾システムで一生追われ続けます。

標的の人間が移動した地域の警察署の公安係は標的の人間が管轄内に入ったことを受信機で確認します。

また、標的の人間には四六時中公安警察、または標的の人間が暮らしている警察署の公安係、創価学会の広勢安全保障会議の危ない連中が受信機を持ち尾行しています。

公安警察、創価学会が国民に対して声送信で国民を挑発仄めかし、殺人音声送信で脳を振動させ破壊します。

現在も国民に知らさせずに実験を繰り返しています。その為に精神病院送りにされ殺されたり、廃人になった人が多数います。

創価学会で構成された、広勢安全保障会議なるものが存在します。付きまとい嫌がらせなど、電磁波による思考盗聴で精神的に追い詰め、事件を起こさせる。警察と創価学会のコラボレーション。要するにマッチポンプです。

また、地域や家庭でトラブルを起こさせ警察により措置入院に持って行きます。

また、病院で殺す為に公安警察出向の広勢安全保障会議諜報部長が致命傷になる量の精神薬を精神科医に指定したりします。

 

そして、これらの標的にされる人物は、


1長期間職業に着いていない
2犯罪歴がある
3近所トラブル
4反体制
5反社会勢力
6警察と敵対
7創価学会と敵対(公明党は警察の人事権、予算を握っている)
8街を徘徊するホームレス
9精神病者
10薬物中毒者
11アルコール中毒者
12ギャンブル中毒者
13売春婦
14 ネットでの違法行為
15インサイダー成金
16その他


所轄の警察署長が公安警察&広勢安全保障会議(創価学会)に依頼します。ほとんどの警察官はこの事実を知らされていません。


共に創価学会員で公安警察からの出向 

東京都23区東地区担当、広勢安全保障会議諜報部長 秋本康史

東京都23区西地区担当、広勢安全保障会議諜報部長 戸塚◯◯


国家犯罪を許すな。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

tekuno9841さん

ピックアップ

これが基本! 金魚すくいの金魚...
これが基本!金魚すくいの金魚の飼い方、育て方 ~失敗しない...
【完全版】ああすんなり!頭に...
   5 1 0, 0 0 0 H I T! 閲覧して下さりありがとうご...
自宅のWifiのパスワードを知る...
iPod touch、Android、iPhone等のスマートホン、音楽プレイヤ...
本文はここまでです このページの先頭へ