ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

2.「思い煩うのをやめなさい~次の日のことを決して思い煩ってはなりません。次の日には[次の日]の思い煩いがあるのです。一日の悪いことはその日だけで十分です。」

ライターさん(最終更新日時:2014/10/29)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:80

印刷用のページを表示する

 「思い煩うのをやめなさい~」



❀~次の日のことを決して思い煩ってはなりません。

次の日には[次の日]の思い煩いがあるのです。

一日の悪いことはその日だけで十分です。


 


ルカ8:9~18


9 しかし弟子たちは,この例えはどういう意味なのでしょうかと彼に尋ねはじめた。


10 [イエス]は言われた,「あなた方は,の王国の神聖な奥義を理解することを聞き入れられていますが,残りの人々にとって,それは例えによるのです。彼らが見ていてもむだに見,聞いていても意味を悟らないようにするためです。


11 さて,例えの意味はこうです。種はの言葉です。


12 道路のわきのものとは,聞いた者たちですが,そののち悪魔がやって来て,信じて救われることがないようにその心からみ言葉を取り去るのです。


13 岩塊の上のものは,み言葉を聞くと喜んでそれを受ける者たちですが,これらには根がありません。しばらくは信じますが,試みの時期になると離れ去ってしまいます。


14 いばらの間に落ちたもの,これは聞いた者たちですが,生活上の思い煩いや富や快楽にさらわれてしまい,すっかりふさがれて,何も完成させません。


15 りっぱな土の上のものについていえば,これは,りっぱな良い心でみ言葉を聞いたのち,それをしっかり保ち,耐え忍んで実を結ぶ者たちです。


16 「ともしびをともしたのち,それを器で覆ったり,寝床の下に置いたりする人はいません。むしろそれを燭台の上に置き,入って来る人にその光が見えるようにします。


17 隠されているもので明らかにならないものはなく,また,注意深く秘められているもので知られずに終わり,あらわにならずに済むものは決してないのです。


18 ですからあなた方は,どのように聴くかに注意を払いなさい。だれでも持っている者,その者にはさらに与えられますが,持っていない者,その者からは,持っていると思うものまで取り去られるのです」。


 



ルカ12:13~53


13 さて,群衆の中のある者が彼にこう言った。「師よ,わたしの兄弟に,相続財産をわたしと分けるように言ってください」。


14 [イエス]は彼に言われた,「人よ,だれがわたしを,あなた方の裁き人また分配人に任命したのですか」。


15 それから,人々にこう言われた。「じっと見張っていて,あらゆる強欲に警戒しなさい。満ちあふれるほどに豊かであっても,人の命はその所有している物からは生じないからです」。


16 そうして,彼らに例えを話して,こう言われた。「ある富んだ人の土地が豊かに産出しました。


17 そこで彼は自分の中で論じはじめて言いました,『どうしようか。作物を集める場所がないのだ』。


18 それで言いました,『こうしよう。わたしの倉を取り壊して,もっと大きいのを建て,そこにわたしの穀物と良い物をみんな集めるのだ。


19 そして自分の魂にこう言おう。「魂よ,お前にはたくさんの良い物が何年分もためてある。楽にして,食べて,飲んで,楽しめ」』。


20 しかしは彼に言われました,『道理をわきまえない者よ,今夜,あなたの魂は求められる。そうしたら,あなたの蓄えた物はだれのものになるのか』。


21 自分のために宝をためても,に対して富んでいない者はこうなるのです」。


22 それから,[イエス]は弟子たちにこう言われた。「このような訳であなた方に言いますが,何を食べるのだろうかと自分の魂のことで,また何を着るのだろうかと自分の体のことで思い煩うのをやめなさい。


23 魂は食物より,体は衣服より価値があるのです。


24 渡りがらすが種をまいたり刈り取ったりしないことによく注目しなさい。また,納屋も倉も持っていません。それでもはこれを養っておられます。あなた方は,鳥よりずっと価値があるではありませんか。


25 あなた方のうちだれが,思い煩ったからといって自分の寿命に一キュビトを加えることができるでしょうか。


26 それゆえ,一番小さな事さえできないのに,なぜほかの事について思い煩うのですか。27 ゆりがどのように育つかによく注目しなさい。労しも,紡ぎもしません。しかしあなた方に言いますが,栄光を極めたソロモンでさえ,これらの一つほどにも装ってはいませんでした。


28 では,が,今日は存在しても明日はかまどに放り込まれる野の草木にこのように衣を与えておられるなら,ましてあなた方には衣を与えてくださるのです。信仰の少ない人たちよ。


29 それで,自分は何を食べるのだろうか,何を飲むのだろうかと尋ね求めるのをやめ,心配して気をもむのをやめなさい。


30 これらはみな,世の諸国民がしきりに追い求めているものですが,あなた方のは,あなた方がこれらのものを必要としていることを知っておられるのです。


31 それでやはり,絶えず[]の王国を求めてゆきなさい。そうすれば,これらのものはあなた方に加えられるのです。


32 「恐れることはありません,小さな群れよ。あなた方のは,あなた方に王国を与えることをよしとされたからです。


33 自分の持ち物を売って,憐れみの施しをしなさい。自分のために,すり切れることのない財布,決して尽きることのない宝を天に作りなさい。そこでは,盗人が近づくことも,蛾が食い尽くすこともありません。


34 あなた方の宝のある所,そこにあなた方の心もあるのです。


35 「あなた方の腰に帯を締め,ともしびをたいていなさい。


36 こうしてあなた方は,自分たちの主人が婚礼から帰って来るのを待ち,[主人]が到着して[戸を]たたいたらすぐに開けられるようにしている人たちのようでありなさい。


37 主人が到着したときに,見張っているところを見られるそれらの奴隷は幸いです! あなた方に真実に言いますが,[主人]は帯を締め,彼らを食卓の前に横にならせ,そばに来て奉仕してくれるでしょう。


38 そして,[主人]が第二見張り時に,あるいはたとえ第三見張り時に到着したとしても,このようにしているところを見られるなら,彼らは幸いです!


39 しかし,このことを知っておきなさい。家あるじは,盗人がどの時刻に来るかを知っていたなら,ずっと見張っていて,自分の家に押し入られるようなことは許さなかったでしょう。


40 あなた方も用意をしていなさい。あなた方の思わぬ時刻に人のは来るからです」。


41 その時ペテロがこう言った。「よ,この例えはわたしたちに話しておられるのですか,それとも,みんなにもですか」。


42 するとはこう言われた。「主人が,時に応じてその定めの食糧を与えさせるため,自分の従者団の上に任命する忠実な家令,思慮深い者はいったいだれでしょうか。


43 主人が到着して,そうしているところを見るならば,その奴隷は幸いです!


44 真実をこめてあなた方に言いますが,[主人]は彼を任命して自分のすべての持ち物をつかさどらせるでしょう。


45 しかし,もしもその奴隷が,心の中で,『わたしの主人は来るのが遅い』と言って,下男や下女たちをたたき,食べたり飲んだり酔ったりし始めるならば,


46 その奴隷の主人は,彼の予期していない日,彼の知らない時刻に来て,最も厳しくこれを罰し,その受け分を不忠実な者たちと共にならせるでしょう。


47 その時,自分の主人の意向を理解していながら用意せず,またはその意向にそって事を行なわなかったその奴隷は,何度も打ちたたかれるのです。


48 しかし,理解していなかったために打たれるべきことをした者は,少なく打たれます。実際,だれでも多く与えられた者,その者には多くのことが要求されます。そして,人々が多くをゆだねた者,その者に人々は普通以上を要求するのです。


49 「わたしは地上に火をおこすために来ました。そして,それがすでにたきつけられた以上,この上わたしの願うべきことがあるでしょうか。


50 実に,わたしには受けるべきバプテスマがあります。それが終わるまで,わたしはどんなにか苦しむことでしょう。51 あなた方は,わたしが地上に平和を与えるために来たと思いますか。決してそうではありません。あなた方に言いますが,むしろ,分裂です。


52 今からのち,一つの家で五人の者が分裂し,三人が二人に,二人が三人に逆らうのです。


53 彼らは分裂し,父は息子に,息子は父に逆らい,母は娘に,娘は母に逆らい,しゅうとめは嫁に,嫁はしゅうとめに逆らうでしょう」。


 


コリⅠ7:29~35


29 さらに,兄弟たち,わたしは,残された時は少なくなっている,という点を言います。今後,妻を持っている者は持っていないかのようになりなさい。


30 また,泣く者は泣かない者のように,歓ぶ者は歓ばない者のように,買う者は所有していない者のように,


31 世を利用している者はそれを十分に用いていない者のようになりなさい。この世のありさまは変わりつつあるからです。


32 実際わたしは,あなた方に思い煩いがないようにと願っているのです。結婚していない男子は,どうしたらの是認を得られるかと,の事柄に気を遣います。


33 一方,結婚している男子は,どうしたら妻の是認を得られるかと,世の事柄に気を遣い,34 彼は分かたれるのです。さらに,結婚していない女,および処女は,の事柄に気を遣い,自分の体と霊の両面で聖なる者であろうとします。しかしながら,結婚している女は,どうしたら夫の是認を得られるかと,世の事柄に気を遣います。


35 しかし,わたしがこれを言うのは,あなた方自身の益のためであって,あなた方に輪なわを掛けるためではありません。あなた方を,ふさわしい事柄へ,また気を散らすことなく絶えずに仕えられるような事柄へと動かすためなのです。


 


ぺテⅠ5:1~11


5 それゆえ,あなた方のうちの年長者に,わたしはこう勧めます。わたしも共に年長者であり,またキリストの苦しみの証人,表わし示される栄光にもあずかる者だからです。


2 あなた方にゆだねられた[羊の]群れを牧しなさい。強いられてではなく,自ら進んで[行ない],不正な利得を愛する気持ちからではなく,真剣な態度で[牧しなさい]


3 またの相続財産である人々に対して威張る者のようにではなく,かえって群れの模範となりなさい。


4 そうすれば,主要な牧者が現わされた時,あなた方はあせることのない栄光の冠を受けるでしょう。


5 同じように,若い人たちよ,年長者たちに服しなさい。しかし,あなた方はみな,互いに対してへりくだった思いを身に着けなさい。はごう慢な者に敵対し,謙遜な者に過分のご親切を施されるからです。


6 それゆえ,の力強いみ手のもとにあって謙遜な者となりなさい。そうすれば,[]はしかるべき時にあなた方を高めてくださるのです。


7 同時に,自分の思い煩いをすべて[]にゆだねなさい。[]はあなた方を顧みてくださるからです。


8 冷静さを保ち,油断なく見張っていなさい。あなた方の敵対者である悪魔がほえるライオンのように歩き回って,[だれかを]むさぼり食おうとしています。


9 しかし,堅い信仰をもって彼に立ち向かいなさい。苦しみを忍ぶ点での同じことが,世にいるあなた方の仲間の兄弟全体の中で成し遂げられているのを,あなた方は知っているからです。


10 しかし,あなた方がしばらくのあいだ苦しみに遭った後,キリストとの結びつきにおいてあなた方をご自分の永遠の栄光に召された,あらゆる過分のご親切のは,自らあなた方の訓練を終え,あなた方を確固とした者,強い者としてくださるでしょう。


11 その[]に偉力が永久にありますように。アーメン。


 


エレ17:5~11


5 エホバはこのように言われた。「地の人に依り頼み,しかも肉を自分の腕とし,その心がエホバからそれて行く強健な者はのろわれる。


6 そして,彼は必ず荒れ野に一本だけ立っている木のようになり,良いものが訪れても[それを]見ないであろう。かえって彼は,砂漠平原の乾き切った場所,人の住まない塩地に住まなければならない。


7 エホバに依り頼み,エホバがその確信[のよりどころ]となってくださった強健な者は祝福される。


8 そして彼は必ず,水のほとりに植えられて水路のほとりに根を送り出す木のようになる。彼は暑さが来ても[それを]見ることなく,その葉は実際に生い茂ることであろう。また,干ばつの年にも思い煩うことなく,実を産み出すことをやめもしない。


9 「心はほかの何物にも勝って不実であり,必死になる。だれがこれを知りえようか。


10 わたし,エホバは,心を探り,腎を調べている。各々にその道にしたがって,その行ないの実にしたがって与えるためである。


11 公正によらずに富を作る者は,自分の産まなかったものを集め寄せたしゃこのようである。自分の日の半ばにそれを捨て,その終わりには分別のない者となる」。

 



エレ49:23~25


 23 ダマスカスについて。「ハマトとアルパドは恥をかいた。彼らが聞いたのは悪い知らせだったからである。彼らは分解した。海には思い煩いがあり,それはかき乱されずにはすまない。


24 ダマスカスは勇気を失った。彼女は身を翻して逃げ,全き恐慌が彼女を捕らえた。苦難と産みの苦しみが,子を産むときの女のように,彼女をつかまえた。


25 どうして賛美の都市が,歓喜の町が捨てられなかったのか。


 


イザ32:9~20】


9 「安楽に暮らしている女たちよ,立ち上がれ,わたしの声を聴け! 何の思い煩いもない娘たちよ,わたしのことばに耳を向けよ!


10 一年と幾日かのうちに,何の思い煩いもないあなた方は動揺するであろう。ぶどう摘みは終わってしまう[のに][実の]取り入れはやって来ないからである。


11 安楽に暮らしている女たちよ,おののけ! 何の思い煩いもない者たちよ,動揺せよ! 衣を脱いで裸になり,腰に[粗布を]まとえ。


12 望ましい畑,実を結ぶぶどうの木のことで嘆き悲しんで胸をたたけ。


13 わたしの民の土地には,いばら,とげ草の茂みが生じるだけである。それらはすべての歓喜の家,そうだ,大いに喜ぶ町の上にあるからである。


14 住まいの塔も捨て去られ,都市のにぎわいも見捨てられたからである。オフェルと物見の塔も荒涼とした野となった。定めのない時に至るまで,しまうまの歓喜するところ,家畜の群れの牧場と[なった]


15 しかしついには,霊が高い所からわたしたちの上に注ぎ出され,荒野が果樹園となり,その果樹園が真実の森林とみなされるようになる。


16 「そして,荒野には公正が必ず住まい,果樹園には義が宿る。


17 そして,[真の]義の働きは必ず平和となり,[真の]義の奉仕は定めのない時に至る平穏と安全[となる]


18 そして,わたしの民は平和な住まいに,全き確信の満ちる住居に,かき乱されることのない休み場に必ず宿る。


19 そして森林が倒れ,都市が低くなって卑しめられた状態に陥るとき,必ず雹が降るであろう。


20 「すべての水のそばに種をまき,牛とろばの足を送り出しているあなた方は幸いである」。


 


イザ34~35:10


34 諸国の民よ,近寄って聞け。国たみよ,注意を払え。地とそれに満ちるもの,産出的な地とそのすべての産物は聴け。


2 エホバはすべての国の民に向かって憤りを,彼らのすべての軍隊に向かって激しい怒りを抱いておられるからである。[]は彼らを必ず滅びのためにささげ,必ず殺りくに渡される。


3 そして,その打ち殺された者たちは投げ出され,その死がいについては,悪臭が立ち上り,山々は彼らの血のゆえに必ず溶ける。


4 また,天の軍勢の者たちはみな必ず朽ち果てる。そして,天は書の巻き物のように必ず巻き上げられる。その軍勢は皆しなびて枯れる。葉がぶどうの木からしなびて落ちるように,いちじくの木から落ちるしなびた[いちじく]のように。


5 「天でわたしの剣は必ずびっしょりぬれる。見よ,それはエドムの上に下る。公正のうちにわたしによって滅びのためにささげられる民の上に。


6 エホバは剣を持っておられる。それは必ず血で満ちる。それは脂肪,若い雄羊と雄やぎの血,雄羊の腎臓の脂肪で必ず脂ぎる。エホバはボツラで犠牲を,エドムの地で大いなる殺りくを[行なわれる]からである。


7 そして,野牛は彼らと共に,若い雄牛は強力な者たちと共に必ず下って来る。彼らの地は必ず血でびっしょりぬれ,彼らの塵も脂肪で脂ぎる」。


8 エホバは復しゅうの日を,シオンに関する訴訟のための応報の年を持っておられるからである。


9 そして,その奔流は歴青に,その塵は硫黄に必ず変えられ,その地は必ず燃える歴青のようになる。


10 それは夜も昼も消されることがなく,その煙は定めのない時に至るまで立ち上る。彼女は代々乾き切ったままとなり,限りなく永久にだれもそこを通り過ぎる者はいない。


11 そして,ペリカンとやまあらしが必ずそこを所有し,とらふずくと渡りがらすがそこに住む。[]はその上に空漠の測り綱と荒漠の石を必ず張り伸ばされる。


12 彼女の高貴な者たち―そこには人々が王位に呼ぶ者はだれもいない。その君たちもみな無になる。


13 その住まいの塔には,いばらが,その防備を施された場所には,いらくさと,とげ草が必ず生じる。そこは必ずジャッカルの住まいとなり,だちょうのための中庭となる。


14 また,水のない地域にせい息するものは遠ぼえする動物に必ず出会い,やぎの形をした悪霊もその友に呼びかける。そうだ,よたかはそこに確かに憩い,自分のために休み場を見いだすであろう。


15 矢へびはそこに巣を作って,[卵を]産んだ。そして必ず[それを]かえして,自分の陰に寄せ集める。そうだ,とびは各々その連れ合いと共にそこに必ず集まる。


16 あなた方は自分でエホバの書の中を尋ね求め,朗読せよ。それらのうち一つとして欠けているものはなかった。それらが各々その連れ合いを得損なうことは決してない。その命令を出したのはエホバの口であり,それらを集めたのはその霊だからである。


17 そして,それらのためにくじを投げたのは[]であり,そのみ手が測り綱によってこれらに場所を分け与えたのである。それらのものは定めのない時に至るまでそれを所有し,代々そこに住む。


35 荒野と水のない地域とは歓喜し,砂漠平原は喜びに満ち,サフランのように花を咲かせる。2 それは必ず花を咲かせ,喜びと喜びの叫び声とをもって真実に喜びあふれる。レバノンの栄光,カルメルとシャロンの光輝が必ずそれに与えられる。エホバの栄光,わたしたちのの光輝を見る者たちがいるであろう。


3 あなた方は弱い手を強くし,よろけるひざをしっかりさせよ。


4 心に思い煩いのある者たちに言え,「強くあれ。恐れてはならない。見よ,あなた方のはまさに復しゅうをもって,は実に返報をもって来られる。[]ご自身が来て,あなた方を救ってくださる」と。


5 その時,盲人の目は開かれ,耳の聞こえない者の耳も開けられる。


6 その時,足のなえた者は雄鹿のように登って行き,口のきけない者の舌はうれしさの余り叫びを上げる。荒野に水が,砂漠平原に奔流が噴き出るからである。


7 そして,熱で渇き切った地は葦の茂る池となり,渇いた地は水の泉と[なる]からである。ジャッカルの住まい,[その]休み場には,葦やパピルスの植物と共に青草があるであろう。


8 そして,そこには必ず街道が,道が生じ,それは“神聖の道”と呼ばれるであろう。清くない者がそこを通って行くことはない。そして,それは道を行く者のためのものであり,愚かな者が[そこを]うろつくことはない。


9 ライオンもそこにはいない。飽くことを知らない野獣もそこに上って来ることはない。どれもそこには見いだされない。買い戻された者たちは必ず[そこを]歩く。


10 そして,エホバによって請け戻された者たちが帰って来て,歓呼の声を上げつつ必ずシオンに来るであろう。定めのない時まで続く歓びが彼らの頭の上にあるであろう。彼らは歓喜と歓びを得,悲嘆と溜め息は必ず逃げ去るのである。





604薔薇.jpg



このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:1-3

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
本文はここまでです このページの先頭へ