ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

顧問弁護士を持とう 痴漢冤罪などをふせぐために

ライターさん(最終更新日時:2014/12/1)投稿日:

  • ナイス!:

    2

  • 閲覧数:226

印刷用のページを表示する

冤罪だったら、悪いのは容疑者ではないからでは?

疑わしきは罰せずなんて行われていませんから。


ビデオはあまり意味はありません

>胸のあたりにカメラ(出川カメラ)
>撮影
これは、盗撮とかでやられます。神奈川県警の見解なんか見ると警察の異常な体勢がわかります

>男女わけ
これがいちばんいいと思いますが、2008年に女性専用車両を終日設定している大阪市営地下鉄御堂筋線で大学生カップルによる痴漢でっち上げ事件おこってます

同性愛からの痴漢というのは事件として扱われません。過去の例で、男性がおとこの風呂を撮影して盗撮だとして逮捕された事件がありましたが
※高校教師、男風呂で盗撮. 2013年10月16日
監視カメラ. 入浴中の男性客を腕時計型カメラで盗撮したとして県迷惑防止条例違反の疑いで逮捕 された県立高校の男性教諭を県教育委員会は15日付けで懲戒免職処分とした。


>車両カメラ
これは現在の裁判官のあたまでは「できないこともない」とかで有罪にたっている例があるので意味が実際はありません。だいたいにして、密着しているのを撮影なんかできません。
※三鷹のバス痴漢事件
一審のときもカメラの映像もあったが、 裁判官が「それでも100%痴漢してないと言い切ることはできない」とした。どう無罪を勝ち取ろうと、実際にはあまり意味はない。

冤罪の原因は最初の警察官のあほというかきちがいな対応のせいによるものです。
「自白」を取れる現状(勾留というもの、それに付随した家宅捜査が、拷問ですからね。これはあまり明らかにされてないと思います。ですから、やってなくても、警察は「私がやりました」と警察官が書いた調書に。容疑者のサインをとることがどうせできる、とたかをくくっています)があるので、手から繊維採集、指紋とり、周囲の証拠保全等はやりません。やる必要なく「おまえがやった」と最初からです。
s://www.youtube.com/watch?v=AqRjewvXIp0

>知恵袋「痴漢冤罪は警察の怠慢のおこしている警察の犯罪」

また、捜査が問題あっても、警察官は守られています。最初の警察官は独断で進めますが、そのまま警察官らに引き継いでいく間に、責任の所在がぼけていきます。

「学校での集団いじめと同じ」で、最初にリーダー(最初の警察官、とくに古参)がやったとしても、最後までリーダーはいないし責任もとりません。

まして、報道のときも、警察官も検事も、名前は出ません。
容疑者は「やった」と言われた時点で名前が新聞にまででるのに、いざ冤罪だとなってもその警察官は出てきません。

その容疑被害をうけたがわが記憶をたどって、苗字をネットに書くくらいがせきのやまです。


警察がきちんとやれよというだけですむのですが、彼らにはその頭も意識もないので、無理です。

では、どうするかというと、まず実名報道をやめさせるべきです。
すくなくとも、二審がきまるまで。
名前よりも、双方の容姿のほうが事件がわかります。

でも、マスコミは、パチンコ業界を介しての金銭的な圧力や、責任者の冤罪逮捕や、事件のネタを制裁的に特定マスコミにだけ流さないという報復をしてくるために、警察に異をとなえませんからそれも無理です。

では、報道に回るまでの(警察は逮捕から、弁解録取をとったらすぐ報道にまわします。
それも、一方的な見解でその事件解釈を流します。せいぜい「容疑者は否認している」ということくらいで、その言葉がとれない場合は「黙秘している」として、流します。

で、日本では、そこで流されたら、それがイコール判決です。
そのあと、大々的な無罪のキャンペーンをおこなって、ようやく「40%がやってないと信じる」程度のものです。多くは、警察を批判はしても、「やったんじゃないの?」「なんかあったんだよね」と思いますから、もう報道されたらそこで人生が終わります。

では、どうするかというと、弁護士をそこまでに呼ばないといけません。
そこで、弁護士が来れば、その弁護士が捜査弁護に力量があれば、そこで警察の非道をあらためることが出来るのですが、実際には、はじめて逮捕されれば、ことがさっさとすすめられてそれも一方的に報道までまわっているとは思わず、まだ警察や正義を信じていて「話せばわかる」と感じていますが、実際には、もう遅いのです。

「当番弁護士」を期待するのですが、実際に、当番弁護士が来ることにはすべては終わっているという側面があります。


まきこまれたときに、容疑者は、弁護士だけには連絡が可能なので、会社のもつ顧問弁護士のように、パーソナルリーガルとして「捜査弁護のできる弁護士」の連絡先の電話番号を知っておくことが大事です。

そこを立ち去れ逃げろも方法としてはありますが、にげられなかった時には完璧にアウトな賭けです。といっても、痴漢冤罪は、警察官が来てしまったら、あほな警察官のおもうがままの世界になるので、そこまでに弁護士の存在をもつことです。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ