ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

Office Premiumを1年後も無料で使う方法

ライターさん(最終更新日時:2016/6/9)投稿日:

  • ナイス!:

    3

  • 閲覧数:13365

印刷用のページを表示する

 Officeの販売形態が変わり、ソフトの利用権(サブスクリプション)という販売方法が加わりました。Office365は完全に利用権のみの販売ですが、OfficePremiumはソフト本体の販売(PC付属)と利用権の販売がセットになっています。その利用権が最初の1年は無料なので実際の支払いがなく、何を買ったのか分かりにくくなっています。

office premium.jpg
1年経つと、利用権であるOffice 365のサービス部分が有料になります。Plemiumの場合、Officeのソフト本体はPC付属で買っていますので、Office365の更新料を払わなくても、そのまま使えます。最新版にアップグレードする事もできます。また、マイクロソフト・アカウントには、無料で使える基本サービス部分があります。OneDrive1TBなどのサービスが必要なければ、Office 365の更新料を払う必要はありません。
 office_hanbaikeitai2.jpg



MSアカウントとOffice365の比較

office365_mini.gif


ポイント

  • Microsoftのデータによると、PCユーザーの4人に3人が15GB未満の容量で済んでいるそうです。



 OneDeiveの使用できる容量と使用量を確認する方法

Windows8なら標準でインストールされているアプリのOneDriveがあり、チャームの「設定」「PC設定の変更」「OneDrive」と押していくと表示されます。 
onedrive2_mini.gif

ブラウザで確認する場合、OneDriveのWebサイトにアクセスし、ご利用のMSアカウントでログインします。
onedrive_mini.gif



無料で使えるOffice

機能は制限されていますが、無料で使えるOfficeが出てきています。iPhoneやiPad、Androidスマホやタブレットで使えるアプリがあります。簡単なファイルなら、これらでも十分利用できます。ダウンロードサイト

Windows10には、Mobile Officeがあります。画面が10.1インチ以内のタブレットなら無料で編集・保存ができますが、それより大きいと保存ができません。保存するには、利用権のOffice365を買う必要があります。アプリはストアからダウンロードできます。10.1インチ以下でも、キーボード付きはOffice365を買う必要があります。

PCならブラウザ版の「Office Online」があります。
Office Onlineはブラウザ上で動くOfficeで、ネットワークドライブ(One Drive)に保存してあるOfficeファイルを開いて編集することができます。MSアカウントがあれば使えます。無料です。





このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ