ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

「古希ん吾歌集」を作成

ライターさん(最終更新日時:2015/4/8)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:42

印刷用のページを表示する

古希を過ぎ、後は何をして生きていけばいいのでしょう!

夢はしぼみ、不安のみが増幅してくる、本当に困った年頃になってしまいました。

そこで一句 これからは なにを目指し 生きるのか

このように言うとなにか悲観的な感じになりますが、そうではなく

残り少ない人生をなにか自分なりに目標を持ちたいのです。

それらの考え方を「古希」を通過された諸先輩方の訓話を「短歌」「俳句」「川柳」

(実はこれらの明確な違いが分からない。申し訳ございません)

 などで表現していただけたら、なにか得るものがでてくるのではないだろうか?

とふと、思い付いたわけです。

喜怒哀楽なんでも結構です。よろしくお願いします。


孫迎、散歩兼ねて、いそいそと

久しぶり、浪曲、トラゾウ節

落語名人、今は本当に迷人だ

youtube見難い画面で懐かしむ

Ipodなんでこんなに便利なの

孫と見るYoutubeで若返る

居直るな、病院通い健康のため(歩いて通院)

光学器械全く意味不明説明書


このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

hitonaru1508さん男性

毎日退屈な日々を送っている年金生活者です。孫が12歳と7歳の女...[続きを見る]

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
結婚してから発覚しました!
                                                         ...
本文はここまでです このページの先頭へ