ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

一般人による現行犯逮捕

ライターさん(最終更新日時:2015/5/19)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:57

印刷用のページを表示する

 

現行犯人の逮捕は、司法警察職員に限らず、一般人でも誰でも、逮捕状がなくても、

行うことができるとされている(刑事訴訟法213条)。これは、現行犯人が、現に犯行を

行っているか、行い終わったところであるため、逮捕して身柄を確保する必要が高い上

に、誤認逮捕のおそれがないためである。

私人逮捕を行うには次の条件を満たす必要がある。
1.犯人が現行犯人、準現行犯人であること(刑事訴訟法212条)
2.30万円以下の罰金、拘留、科料にあたる罪の場合(刑法では、過失傷害罪・侮辱罪

)は、犯人の住居、氏名が明らかでなく、又は犯人が逃亡するおそれがある場合

(刑事訴訟法217条)。

条件に該当しないにもかかわらず逮捕した場合は、逮捕罪(刑法220条前段)に問われ

得る。

なお、警察官その他の司法警察職員であっても、休暇中など勤務時間外は私人である。
(ウィキペディア)

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
iPhoneで撮ったビデオ/写真をパ...
はじめにiTunesを用いてPC内の写真や動画をiPhoneに入れる方...
本文はここまでです このページの先頭へ