ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

縄文系日本人特有のD2a1bが源氏=天皇の後裔のY染色体のDNAであることは韓国人も認めている事実

ライターさん(最終更新日時:2015/6/15)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:1116

印刷用のページを表示する

縄文系日本人特有のD2a1bが源氏=天皇の後裔のY染色体のDNAであることは韓国人も認めている事実 http://www.kjclub.com/jp/exchange/theme/read.php?tname=exc_board_6&uid=140910&fid=140910&thread=1000000&idx=1&page=1&number=92583 
>D2a1b = 繩文系統, 将軍家で検出された遺伝子. 関東,神戸,京都を中心に 何百年間に権力者たちの間で大きい拡張をした. 
>( 日本: 18%. 韓国 1%. 他地域 0%) 

>D2a1bが関東で高い割合を示す理由 
投稿者jeksh 
http://gall.dcinside.com/board/view/?id=history_qna&no=3952&page=10 
>D2a1bは九州や州コク地方ではあまりない表示され、関西では、兵庫県で多く見られる。 
>私は兵庫県や京都がD2a1bの拡張出発点と見るのは、その理由はD2a1bが短い時間の間非常に多くの拡張に成功するには、 
>支配層になるしかないと思ったから。 おそらく最初にO2b1aが日本の支配層を形成したが、 
>後半に行くほどD2a1b勢力が3になったが、江戸時代に東京に越えて来ながらD2a1bが関東地方でこのような成功をしていなかったかと推測してみる。                      

http://yayul.egloos.com/2925320 
>日本のD2シリーズの中ではD2a1b(JST0022457)が主流であり、後述するが、 
>日本でD2a1bの拡大は、決して、旧石器時代や新石器時代の発生した事件ではなく、 
>歴史時代以降、それも1000年以内に最近起こった社会的選択( Social selection)の結果でなければならならない。 
>Shogun modalと命名したD2a1bに属するY-STRモーダルタイプは、おそらく私がここで初めて提供することではないかと思う。 
>これは、その中に鎌倉幕府を開いた源氏や、室町幕府の足利家、江戸幕府の德川家などがすべて、 
>天皇家を源流とする源氏から由来すると主張したため、その実体について、しっかりと把握していなかったからだと思う。 
>Shogun modalに属するY-STRハプロタイプは、1718個のサンプルのうち、日本全域に分布した32個のサンプルが17個Y-STR loci値が完全に一致して、 
>残りの40個のサンプルも比較的変化利率が高いDYS439、 DYS456、DYS458、DYS389II、DYS385bなど1、-1程度の変化が発生しただけで 
>基本的に同じモーダルタイプに属することは疑いの余地がない。

http://yayul.egloos.com/2925320 
>日本人の父性のハプログループ分布のための包括的な研究として、日本人の父性のハプロの構成について、よく引用される資料として代表的なのは、 
>韓国のギムウク教授チームとも共同研究を進めてきた米国アリゾナ大学のMichael Hammerの2005 
>< Dual origins of the Japanese:common ground for hunter-gatherer and farmer Y chromosomes>と 
>東京歯科大学の水口清教授チームの2007 <Y Chromosomal Binary Haplogroups in Japanese Population and their relationship to 16 Y-STR polymorphism>がある。 
>この中で、後者は遺伝子人類学が2005年Hammerの研究の後に発展した結果を基にして、 
>Y SNPハプログループをより細分化して、サンプルもHammerの259に比べて大幅に増加した729個として、 
>比較的日本人の父系ハプログループ地域別の分布とその構成を反映すると一般的に考えられている。 

>しかし、Hammerのデータと比較すると、後者の研究では、ハプロDの構成比率では急激な増加のため、私の日本人のハプログループについて、 
>多くの差が出ていて、私は以前から、これらの資料の中どれが日本人実際の系ハプログループの構成をより正確に反映するのかについて疑問を持ってきたし、 
>また、Hammerと水口清の研究は一般的に、サンプル収集地域のサンプル数が日本の人口の現状を正しく反映していなかった考えを持っていた。 
>そのため、日本の各地域を対象に、サンプルが均一に出て、サンプル数においても、偏重されず、日本の人口の状況をよりよく表すことができる資料をもとに、 
>日本人の父性のハプロについて、Hammerと水口清の研究とは別に出てきたY-STRのデータを介して、新たにY-SNPハプログループの分布を推定した資料を作った。 

>Y-STRを介して、Y SNPを推定することは、水口清の研究でも、既に実行されたものであり、 
>たとえY-SNPハプロ推定結果の信頼性と正確性には直接Y-SNPを測定した資料には及ばないが、 
>現在のも着実に更新されているY-SNP Haplogroup Phylogenetic Treeとの比較を通し、材料を続けて頻繁に更新することができ、 
>また、Y-SNPハプログループのみで、現在の分類の範囲があまりにも広範囲で、 
>ほとんど実行するのは難しい同じハプログループ内のサンプルに対する遺伝的距離や起源の関係を容易に行うことができるという利点がある。 

>下で私が作ったグラフのY-STRのデータの出所は、1)www。 yhrd.org上に収集された日本各地のY-STR資料2)Kim wook 2010 
><High frequencies of Y-chromosome haplogroup O2b-SRY465 lineages in Korea>に出てきた日本人のY-STRのデータ、 
>3)Mizuno 2008 <16 Y chromosomal STR haplotypes in Japanese> 4)Kumagai 2007 <Haplotype analysis of 17 Y-STR loci in a Japanese population>で、総サンプル数は1,734個である。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ