ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

脳梗塞の後遺症でしびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症

ライターさん(最終更新日時:2015/12/19)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:2840

印刷用のページを表示する

脳梗塞の後遺症でしびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症


ドロドロの血では脳梗塞になりやすいです。

<< 脳梗塞 "サラサラ & 溶かす" 簡単で強力な最新情報






脳梗塞 後遺症
脳梗塞の後遺症が起こる理由は、血管が詰まっていた部分に十分な血液が供給されず脳細胞が壊死することで、壊死した部分が担当していた「話す」「手を動かす」等の身体機能が失われてしまうからです。
脳梗塞後遺症の症状としては、しびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症
片麻痺・半身麻痺(半身不随)、体の左右どちらかが麻痺して「全く」もしくは「少ししか」動かない、運動障害などがあります。
手や足のつま先のしびれが多いです。

脳梗塞後遺症めまいが症状としてうったえられることが多いですが
意識障害や視覚障害、あるいはめまいや体のふらつきといった症状がみられることもありますが、実はこれらは必ずしも脳梗塞に起因する症状とは限りません(だからといって放置して良いはずもなく、できるだけ早期に専門医の診察を仰ぎ、病状を特定して適切な治療を受けることが必要です)

脳梗塞後遺症の嚥下障害で食べ物・飲み物がうまく飲み込めない、よだれが垂れたままになるとなることもあります。

脳梗塞 後遺症 記憶障害では、過去のことが思い出せない、新しいことが覚えられない、
直前にあった出来事をすぐ忘れる、同じことを何度も繰り返して話す、などがあります。

脳梗塞 後遺症 認知症
脳血管性認知症とは、脳梗塞や脳出血などの脳血管障害を起こした後、その後遺症として発症する認知症です。
突然の脳梗塞や脳出血が原因で急激に認知症が発症する場合と、小さな脳血管障害を頻繁に起こしているうちに、徐々に認知症が進む場合とがあり、これにより症状の違いも現れます。
また、血管障害をうけた脳の部位によっても症状に差が生まれますが、麻痺や言語障害が多くみられます。
脳血管性認知症の特徴
脳血管性認知症の方には脳梗塞を多発した方が最も多く、脳血管認知症の原因の7、8割を占めています。

脳梗塞 後遺症 幹細胞治療
中枢神経系においては中枢神経系は損傷を受けると二度と再生しないということが定着していました。
しかし、哺乳類において神経幹細胞の存在が証明され、頭部外傷、脳卒中などの損傷に呼応して、増殖、分化を繰り返し機能回復に作用していることが報告されました。
脳卒中、脳梗塞において損傷された脳組織が自己再生能力を持っていることが明らかとなったのです。
現在、脳卒中は寝たきりの原因疾患第一位であり、患者さんや看護・介護している家族の中にも脳卒中後遺症で苦労されている一がたくさんいらっしゃることと思います。
しかし残念ながら、麻痺などの後遺症に対する治療は今のところリハビリテーション以外になく、再生医療による機能再生が現実的課題となっています。

脳梗塞 後遺症 介護
後遺症により生活上の不自由が残ると介護が必要になります。(脳出血・くも膜下出血・脳梗塞の介護の留意点は共通しています。)自宅以外でもデイケアやショートステイなどの施設で介護を受けることもあり、介護者が家族でない場合も増えていますが、これらの場所で患者さんの周囲の人が脳梗塞による後遺症の知識を深めることは重要です。後遺症についての理解が深まることで、患者さん本人がどのような場面で何に困っているのかを理解し、患者さん本人の視点に立って「いつ、何が必要か」を考えやすくなります。
一方で、介護にあたっては、周囲の人は患者さんの、身の回りのことを全て行ってあげるのではなく、本人の身体機能を保つためにできることはなるべく患者さん本人が行うことが必要です。また、介護が必要になった患者は、身体機能や言語機能に不自由があっても赤ちゃんや子供ではなく、それまでの人生を生きてきた大人ですから、親切に接するあまりに幼児言葉で話しかけないよう注意する必要があります。脳梗塞の後遺症でしびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症


脳梗塞の後遺症で性格が変わる
しかも、かなりの確率で変わります
よく見られる実例として、発症前よりも
「怒りっぽく、怒鳴るようになったり」「デリカシーのないことを大声で言ったり」
「だらしがなく注意散漫になったり」「些細なことで大笑いしたり」
「幼い子のような態度や言葉使いになったり」 「他人や物事に興味がなくなったり」

性格が変わった原因は高次脳機能障害、脳血管性認知症
高次脳機能障害とは脳のより高次な機能(記憶・注意・言語・行為・認知)が低下し、社会や日常生活への適応が困難となる障害のこと。
脳梗塞の後遺症でしびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症


脳梗塞 後遺症 失語
脳梗塞などで脳が損傷すれば、やはり言葉を操る機能にも影響が出てきます。
これを失語症と呼びますが、失語症では損傷を受けた部位によって具体的な症状が違ってきます。
ウェルニッケ失語症 これはブローカー失語症と同じように左脳に存在している「ウェルニッケ野」という部分が損傷することによって起こる症状で、主に「言語を聞き取れなくなる、理解できなくなる」という症状で表れます。

脳梗塞 後遺症 頭痛
脳梗塞は同じ脳の病気であるくも膜下出血、脳出血や脳腫瘍と比べ、頭痛を生じることが少ない病気です。
労作性頭痛の原因となることもほとんどなく、現状では脳梗塞の後遺症を疑う必要はない

脳梗塞 後遺症 てんかん
脳梗塞や脳出血などの脳卒中を起こすと後遺症として「てんかん」が起きるようになることがあります。
てんかんは脳の神経細胞が一時的に異常な興奮活動になることで痙攣や意識障害を引き起こす疾患です。脳の腫瘍や外傷など原因が明らかな「症候性てんかん」と原因不明な「難治性てんかん」に分類できます。脳梗塞 後遺症 痙攣

脳梗塞の後遺症でうつが発症する割合が20~40%とも言われている。
前頭葉など感情や気持ちのコントロールを司る部分が侵された場合、
またそれに加えて不安感や色々なストレスがかかると
うつ病を発症するのではないかと考えられている
脳梗塞の後遺症でしびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症

脳梗塞 後遺症 目に生じることもある。
脳梗塞後の視覚障害には、見える部分が欠ける「視野欠損」と、ものが二重に見える「複視(ふくし)」があります。
脳梗塞後の視野欠損では、片目、もしくは両目で見ても視野の左右どちらかの半分しか見えなくなってしまう半盲(はんもう)が起こります。
脳梗塞によって脳の視覚をつかさどるところ(大脳皮質視覚野)が障害されると、この症状が起こります。
例えば、右後頭葉の視覚野に脳梗塞が起こると、左側半分の視野が欠けてしまいます。
半盲になると、見えない部分にある物に気づかないため、転倒、ケガ、食べ残しなど、日常生活に支障を来します。
そこで、うまく眼を動かして、見える側の視野の中に見たいものをもってくるようにリハビリテーションを行います。

脳梗塞 後遺症の薬といっても、症状に個人差があるので
その症状にあわせた薬が処方されることになるでしょう。

脳梗塞 後遺症 痴呆や物忘れ
脳梗塞などを原因として起こる認知症を「脳血管性認知症」と呼び、ある程度特徴的な症状を持っています。
脳血管性認知症の特徴としては、認知機能の低下がモザイク状、いわゆる「まだらボケ」をすることが挙げられます。具体的には記憶部分では著しい認知症症状が見られるのに、人格部分や判断の部分では比較的正常であるとか、記憶関連に顕著な問題がなくても、異常なまでに感情のコントロールが効かなくなるなどの形で現れてきます。また、片麻痺や感覚異常、半側失認など脳梗塞特有の身体・感覚障害を伴うことが多いのも特徴でしょう。
認知症との違いについては、脳血管認知症が脳梗塞などの部位限定での脳損傷を原因としているのが理由で、記憶を司る部位がピンポイントで破損した一方で、思考や判断を司る部分はほとんど損傷していないというようなことが起きるためであると考えられます。
そのかわり、全体的に脳機能が低下するようなタイプの認知症とは異なり、破損した部位が担当していた認知機能に関しては、著しいダメージが見られることが多くなります。
脳梗塞の後遺症でしびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症

脳梗塞後遺症 看護
本人だけの問題ではなく、脳梗塞になると、全面的に家族の介護、看護が必要になり、時には本人以上に家族の精神的負担、身体的負担も大きくなってしまう可能性があることも忘れてはいけません。
神経系の症状は薬での治療がなかなか難しく、後遺症を少しでも改善するためにリハビリを続けていくことが大切になります。
具体的には脳梗塞発症後、できるだけ早期からリハビリを開始することがその後の回復によい影響を与えます。
家族は積極的にリハビリに取り組めるようにサポートしていくことが大切です。
また、できるだけ寝たきりの状態や全く手足を動かさない状態を続けないことも大切です。
脳梗塞の後遺症でしびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症

脳梗塞 後遺症 割合
脳梗塞単体で見た別の統計では、「入院中に亡くなった人:7%」「退院時に杖なしで歩くことができた人:60%」
「退院時に全く障害が残らなかった人:20%」「退院時に日常生活の介助が必要な状態の人:30%」となっているようです。
やはり死亡率は大きく異なっていますが、全く障害無しで回復する人は、ごくわずかといえます。

脳梗塞の後遺症で手が動かないということも多く
半身不随で右手右足がうごかせず杖でも歩くことが困難な患者も多い。
脳梗塞後遺症でリハビリをしても死んだ脳の部分は生き返らないので
一生そのままということも少なくありません。

もちろん、脳梗塞で後遺症なしという場合もあります。
早期発見、早期治療ができた場合に多いです。
ちょっとでもおかしいなと思ったらすぐに病院にいくこと、
普段からの健康管理、食生活などが重要といえます。



■ドロドロの血では脳梗塞になりやすいです。


<< 脳梗塞 "サラサラ & 溶かす" 簡単で強力な最新情報























脳梗塞の後遺症でしびれ、言語障害などの症状と記憶障害・認知症

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ