ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

韓国 頬骨 縮小 フェイスリフト その1

ライターさん(最終更新日時:2015/10/16)投稿日:

  • ナイス!:

    10

  • 閲覧数:2662

印刷用のページを表示する

韓国で頬骨縮小・切るフェイスリフト 体験記録

どこかの先生が、「気休めのしわ取りレーザーや小顔注射で10万、20万使うなら、お金を貯めて、確実に効果の出る輪郭整形と切るリフトをしなさい」と書いてあったのを目にして、思い切って韓国で手術を受けてきました。


はじめに

長い間横幅がある大顔にコンプレックスがあり、最近では年齢のせいで弛んだ頬それに加齢(アラフォー)とともに加重した頬のお肉に悩んでいました。

カウンセリングから術後の様子までなるべく詳細に書き連ねたいと思います。



注意

  • この体験記録を読んで、私と同じ部位で悩んでいる方に少しでも参考になれば、特に同年代の方に・・・と思い初めて知恵ノート作りました。
  • ただ、あくまでも私個人の感想と意見ですので、その点、ご理解の上参考にしていただければと思います。

なぜ韓国?

ネットで調べられる限りの体験ブログ、掲示板、クチコミを読んだ結果、


  • 韓国の方が美容整形の技術が進んでいて、有名な先生が多い
  • 臨床数が日本の比でない
  • 手術内容ごとに専門の先生が分かれている
  • アフターケアが充実している
  • 日本に比べて料金が安い(麻酔、術後検診等、薬以外が全てセット料金で良い)

1週間~10日ほど連続でお休みが取れる方にお薦めです。


病院選び

手術先を韓国と決めたが、韓国語あまりできません。最低限の日常会話程度に読み書き話す、はできますが、とても医療用語なんかを使いこなせるほど達者ではありません。

そこで、私のような人をサポートしながら安全に手術できるような整形ツアーを探しました。


最初個人でやってるサポーターさんに連絡する→あまりにネットでの評判が悪く私自身やりとりして受けた印象が評判通りだったため即却下。


次に出会ったサポーターさんがvavicoという会社でした。

http://vavico.jp/?page_id=11972


lineで気軽に相談できたので、早速コンタクトとりました。

自分が悩んでいることや韓国での手術に不安なことを色々質問したら、お返事がとても丁寧で敏速でした。

最初から数回のやりとりだけでもとても好印象で、また強く勧められるというわけでもなく、相談者との距離感が私には心地よかったです。

また、通訳さんの質についても、特に問題なく内容が十分理解できました。


病院巡りの選定は、自分の気になっていたところ1箇所と残りvavicoさん推薦の2箇所で計3箇所に決めました。


撮影した自分の顔写真をあらかじめlineで送り、写真でも分かる程度ですが、各病院から

初見をいただけました。

これだけでも心と質問の準備ができました。



ヒント

  • カウンセリング候補の病院に、日本で有名な病院が殆どありません。
  • 理由の一つに、過去に医療事故があったかどうかによるからです。
  • 深く調べないと辿り着けなかったのですが、日本で人気上位にある病院で医療事故があったりするのを知ると、それで上位にあるんだと思うことが怖かったです。
  • そのためにも、直接聞いたり確認できる場を自分で作ったほうが良いです。

カウンセリングのため渡韓

いつまでも一人でネットと睨めっこして、妄想してても仕方ないので、百聞は一見に如かずということで、まずはカウンセリング巡りしてみました。

大切なのは、自分の目で見て信じた場所で手術できるか?そんな病院(先生)に出会えるか?試したかったのでした。


1泊2日の日程


  • 空港お出迎え(有料オプション)→病院→宿泊先まで
  • 1日目:1件(id美容外科←輪郭であまりにも有名)
  • 宿泊:vavicoさん提供のレジデンス(1泊3万ウォン→日本円で約3000円ちょっと)
  • 2日目:2件(ギャルマン美容外科・メガ美容外科←クチコミなのではほとんどヒットしない)
  • 空港お見送り(有料オプション)レジデンスお迎え→病院→空港まで
  • 合間のランチは、vavicoさんにご馳走になりました。

巡りのお代:空港までの送迎、宿泊、カウンセリング通訳代

  • 合計330000ウォン(およそ33000円ちょっと)

私がカウンセリングをお願いした当時は、現在の価格変更前でしたので、ご注意ください。


支払いはウォンでも円でもどちらでも可能で、なんと円の場合はウォンの0を1つ引いた

値段でOKとのこと。

円安ウォン高ナウ(;_;)のため、これはありがたかったので円払いで33000円でした。


各病院の印象と決めた理由

帰国した後も次から次に質問が出て、その度にlineでやり取りに応じていただけました。

vavicoさんで答えられない質問は、直接病院へ質問されたようですが、その病院からの

返事も大変敏速で納得できるものでした。


韓国の美容外科には室長さんという方が何人かいて、先生とお客さんというべきか患者さんなのか(これよりお客さんという)の間をコーディネートする役割を果たしています。

手術内容以外のスケジュールや料金その他諸々の質問にいては、この室長さんとやりとりします。


以下3箇所の病院はいずれも3DCTでの撮影後カウンセリングしました。


【印象とその他】

ID美容外科

言うまでもなく輪郭で有名な美容外科

  • 見た目大きなビルで綺麗、バブリー&ゴージャス(儲かりまくっている印象)
  • 先生の対応は柔らかく分かりやすい説明
  • フロント&室長さんはやや気取った感じで距離感を感じたが丁寧
  • この年でも頬骨整形は問題ないとのこと
  • 絶対弛むので一緒にフェイスリフト勧められる
  • 最大の問題は、料金が高い(頬骨だけで70万円位)。サポーターが入っても料金は大して安くならない。
  • お客さんは多国籍状態


ギャルマン美容外科

日本のサイトではほとんどヒットしない。1度しか名前を目にしたことないです。

  • 見た目白を基調とした清潔で明るい美容外科で親しみやすい感じ
  • たまたまか、来院していたお客さんは、オール韓国人
  • 先生と室長さんはとてもフレンドリーでどんな質問でも丁寧に対応してくれる
  • 先生からは、脂肪吸引を勧められる
  • 料金は40万円位


メガ美容外科

本当に日本のサイトでは名前を聞かない。最近こちらを紹介しているブロガーさんが

いるようですが、美容整形研究の始まり延世大卒の先生ばかりで、特にリフティング

の先生は延世大の課長を16年されているようです。


  • idほど大きくないが、ビルごとメガ整形外科で、なかなか立派な施設
  • フロントの人を含め室長さん、先生の対応がとても良い
  • 日本語ができるスタッフが数名いる(とても流暢というわけではありません)
  • お客さんは、来院したときの印象で6割韓国人、4割外国人
  • この年でも輪郭手術は問題ないが同時にフェイスリフトを勧められる
  • 料金は、部位2箇所以上をセットにすると1~1.5割程度値引きしてくれる
  • 単発の場合:頬骨手術で50万円程度・リフティング(頬~顎まで)80万円程度
  • 鼻へのヒアルロン酸、顔のほくろ除去2箇所サービス



ポイント

  • フェイスリフトは、とても高い技術が必要とされる手術で、腕のいい先生が少ないということで価格設定がほかの手術より高めです。


病院決定

手術内容、先生の印象、病院の雰囲気、予算を考えた上で、メガ美容外科にしました。

正直名前を出したくない程お薦めの病院です。場所は狎鴎亭駅の近くで分かりやすい立地です。ここのお薦めは絶対輪郭とフェイスリフト!!


決めた理由は、まず室長さんにお会いした時に鼻の手術をしたばかりでサポーターを

していました。過去に輪郭整形もされていて、その時の写真も見せてくれたし、こめかみに触らせていただけました。うちの先生は段差がつかないように、手術するのよって・・・フロントのあの子は3日前に輪郭の手術を受けたのよ!とか驚く程身近に手術受けたての方がいて、直接様子を伺うことができたからです。後でも詳しく書きますが、とにかく腫れが少ないです。

vavicoさんもおっしゃっていましたが、腫れが少ないのは私だけではないようです。


その他の理由

  • シャドードクターが居ないか、術中にチェックできること(確認した証拠として術中の写真を提供)
  • 過去に一度も医療事故がない(上記3箇所いずれの病院も)
  • 何しろ清潔
  • 地元の人に評判が良く、vavicoさんの家族や友人にも薦められる病院
  • アフターケアが充実(退院後、通院で腫れを引かすレーザー治療、シャンプーサービス、顔の角質ケア等)
  • 手術結果を保証(病院側の責任によって再手術が必要な場合や万が一医療事故が起こった場合のケアがある)


ポイント

  • 病院の予約は、遅くても3週間前位までに予約するようにとのことです。
  • 予約金もこの時同時に支払います。


手術日について注意すること

韓国では、旧正月直前と秋夕(日本のお盆みたいなもの)直前の手術は避けたほうがいいです。とにかく混みますし、先生も疲れて余裕がないように見えます。


手術当日の時間はなるべく朝一番で、先生が元気なうちにやった方が良いです。遅くなれば危険なのかと言われるとそうではありません。色んなことが、なるべく万全な状況で受けられたほうが良いということです。


輪郭手術は、全身麻酔で行います。そのため体が適応しているか術前に検査をする必要があります。病院と手術することがカウンセリング前に決まっているなら、カウンセリングの時に同時に検査を受けることお薦めします。


ポイント

  • 検査費は、2万円程度ですが、その病院で受けることが決まれば手術費から差し引いてくれます。しかし手術をキャンセルした場合、代金は返金されません。


私の場合、カウンセリングでは、手術自体決められなかったので、手術当日に受け、検査結果を待ってからの手術になりました。そのため手術は午後2時半頃になってしまいました。

どうしてもスケジュール的にその日に手術したかったので、朝一での手術は受けられませんでした。しかし血液検査、尿検査、心電図等受けても数時間で結果が出ることに驚きました。


ポイント

  • 検査結果の有効期限は3ヶ月です。

女性は生理の時期も考えてスケジュールを決定したほうがいいです。生理中は出血が多くなるため避けたほうがよいと言われます。私がそうだったのですが、生理が終わった週から受けるとすごく良いのでは?と思いました。痛みや出血量が少ない、腫れの引きが速いとかで大変良かったです。

手術決定から準備まで

手術先が決まったところで、エアチケットを確保して、vavicoさんのレジデンスを予約しました。


ポイント

  • レジデンスは、エアチケット取らないと予約できません。


レジデンスは、江南駅の近くにあり、1DKですが、12~15畳ほど。

ベッドはゆったりクイーンサイズ。カードロックで、エレベータもカードがないと開きません。

フロントにも人がいて、セキュリティは万全。部屋の中に、炊飯器、トースター、電子レンジ、冷蔵庫、キッチン、食器類、エアコン、洗濯機、物干し台、アイロン、ノートPC、テレビ、ドライヤー、その他アメニティが充実しています。バスタオルは小さめですが、10枚程

カップラーメン、インスタントカレー、韓国海苔、真空ご飯、ジュース、お水等が無料で提供されています。


ポイント

  • 日本用変換コンセントがありません。持参しましょう。
  • フリーwifiがあって、接続は安定しています。

手術予約金の支払い

予約金は、手術代の何%とかよく言われていますが、メガの場合は5万円程度でした。

安くてびっくり・・・日本から送金しなければなりませんが、郵便局から送金するのが一番安いらしいです。送金が完了するまでには、5稼働日ほどかかります。余裕を持って送金したほうがよいです。


ポイント

  • 手数料に注意してドル建てで振込みます。
  • 郵便局では、韓国にはドルでしか送金できません。
  • ドルの相場と振込先がドルを受け入れてない口座だと戻ってきてしまいますので、あらかじめ確認しましょう。
  • 万が一手術をキャンセルする場合は、全額返金されますとのことでした。

出国準備

いざ手術日が近づくと不安や期待が入り混じってソワソワしちゃいました。

荷造りもしないとならないし・・・ちょうど1週間の滞在だったので、スーツケースは中サイズ(4~5泊用)。洗濯できるし。夏は意外に韓国の方が暑くて乾燥しているように感じました。服装も身軽で良いし。


準備品(夏場用)

持って行って役に立ったもの紹介します。


  • 子供用歯ブラシ(定番)
  • 湿布(頭が不自由なので意外に肩がこる)
  • 携帯小ボトル(術後お出かけして食事すると、うがいしなければなりません。病院で出されたうがい薬を持ち運ぶ程度の携帯ボトル1回分程度の大きさ)
  • ポケットティッシュ(外出の際、血混じりの鼻水がよく出ます)
  • 帽子・マスク(正直術後間もない人がよく歩いているので、周りは全く気にしません。これはとても良い点です。自分さえ気にしなければ不要です)
  • 日焼け止め(お出かけ用に。術後から帰国する当日まで化粧しませんでした)


よくネックピローが良いとか目にしますが、メガの場合、術後すぐ起きていなければならない時間でも、ベッドがリクライニングで結構斜めに傾けさせてくれました。その上、枕が大きく柔らかくて厚みがあるので、ネックピロー必要ありませんでした。また、ベッドに電気敷布団が引いてあって、術後寒いと震える人もいるようですが、皆無でした。


さて、いよいよ出国当日から術後の経過です。

続きは、その2へ


長文最後まで読んでいただいてありがとうございました。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

koeda2015さん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ