ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

韓国 頬骨 縮小 フェイスリフト その2

ライターさん(最終更新日時:2015/10/7)投稿日:

  • ナイス!:

    4

  • 閲覧数:1237

印刷用のページを表示する

手術当日

手術当日のスケジュール

早朝便で仁川空港に到着し、そのまま病院へ直行

10:30 病院へ到着

11:00 適応検査開始

12:00 検査終了

12:00 洗顔と洗髪(メガにあるシャンプー台で髪を洗ってもらう)

13:00 諸経費をウォンに換金


ポイント

  • Vavicoさんのご紹介で換金屋さんが出張サービスで病院に来てくれました。
  • レートは、明洞よりちょっと下がり(悪くなる)ますが、そこまで行く手間を考えたら、とてもありがたいサービスでした。


13:30 検査結果適応可と出る & 手術費を支払う

14:00 頬骨・フェイスリフト両方の先生から最終打ち合わせ(デザインの確認)


色んな書類にサインする。

手術内容

フェイスリフトは、SMASから引き上げて、頬の脂肪を吸引し、特に顎のラインをシャープにする。

頬骨は、口の中の切開で頬骨本体を45L字型に切骨する。頬骨後ろ側、サイドの後ろ側を切骨する。できた空間だけ縮め、サイドの骨を前にずらす。前頬骨はチタンで固定し、サイドは自然にくっつくので固定はしない。左右合わせて1.6cm 位狭くなるとのこと(狭められる範囲は人によって違う)。フェイスリフトは、頬から顎まで引っ張りあげるので、二十顎も改善される。

手術時間の目安

頬骨手術:30~1時間程度

フェイスリフト:2時間30分~3時間程度



ポイント

  • 手術時間が長ければ丁寧というわけではないと言われました。
  • 時間がかかれば、それだけ体への負担も増えるし、腫れの大小にも関わるようです。
  • 飲食は、手術の8時間前から禁止です。水もダメ。術後4時間後からOK。


手術前の待機

いよいよデザインも決まり、手術の準備に入りました。まずは、B1階にある回復室へ連れて行かれました。小ぢんまりとした部屋ですが、1泊入院するには十分な広さです。そして、想像よりずっと清潔でした。テレビ、ベッド、椅子、トイレと洗面台が付いています。洗面台の上には、噂に聞く、まずーい味のうがい薬。ヨードチンキって分かるでしょうか?まさにあの色、あの臭ですね。


スーツケースは別の場所で預かってもらって、手荷物だけ棚に置きました。携帯と充電器、変換コンセントだけ取り出して、Wi-Fiにつなげ直しました。階ごとにWi-Fiが違うようです。

病院服(上下)に着替え、スリッパに履き替えて部屋でしばし待機しました。ベッドが暖かい。その1でも書きました、電気敷布団なのでポカポカしていました。温度調節もザックリできます。


部屋のドアが開けられ、とうとう看護師さんが迎えに来きました。ドキドキしながら、長い廊下をキョロキョロと手術室は多分一番奥にある部屋・・・

その前に他の部位を担当している先生たちの待機室を正面から見ながら、ちょっと目が合うという気まずいシチュエーション。いくつかの手術室を通りすぎました。その中には、豊胸手術を受けてるらしき人が手術台に仰向けになり、おっぱい丸見えで寝ていました。たまたまなのか、え?ドアとか閉めないのね・・・と思いながら、まぁ本人は寝ているから、私がそうでも気にならないのか。。。と言い聞かせて。


手術開始からその日のできごと

14:35分開始

通訳さんも一緒に、手術室の中に入ります。仰向けになり、あれよあれよという間に、数人の看護師さんに囲まれ、注射やら点滴されました。尿道に管は入れません。少ししたら眠くなりますからねぇーという通訳さんの言葉が終えるか終えないかのうちに記憶が飛びました。


18:35分頃

「起きてくださーい。手術成功しましたよー」って大きい声に気づきました。まだ半分瞼が閉じているんじゃないかって内に、又々あれよあれよという間に、3人の看護師さんに抱えられて、手術台から降ろされる。フラフラの状態でまた待機室を通り過ぎる。そんで先生達とまた目が合い(目が合ってることが分かるw)ながら部屋まで歩かされる。部屋に着くやいなや猛烈な尿意をもよおす。トイレに行きたいとアピールし一人でなんとかトイレまで歩いて用を済ます。普通の人は一人では行けないようです。まず一人で歩けないらしい。


洗面台の鏡を見てびっくり(゚o゚;;

顔が・・・目と口が横長くなっている!!

なんか魚っぽい。

後々冷静になると、リフティングしているから無理もないのだが・・・包帯でグルグル巻きにされ、耳のところだけ大きくでっぱている。髪が結われていて、首の辺りの髪がゴワゴワして全体的に濡れていた。何故かな。頭もネットで覆われていて、なんとも滑稽な頭と顔だった。首のサイドから妙な物がぶら下がっている。これがかの有名な血抜き袋。二つぶら下がっている。


不思議と腫れてる!!という感じより、引っ張られているという感じの方が強かったです。ってことは、頬骨手術だけなら、メガで3日でフロントにたった女の子がいたけど、可能なんだ!!と思いました。


ちゃんと分からないはずなのに、自分でも成功していると感じられました。腫れていてすごい変な顔になっているのに、幅が狭くなっていることや、リフトアップでシャープになっていることが分かったからです。気持ちが落ち込むどころか、嬉しくてこれから楽しみで仕方ない感情が溢れてきました。


ベッドに戻るや否やまた尿意をもよおす。あれ?トイレ行ったばかりなのに、二度目の排出(結構大量)。点滴のせいです。ようやくゆっくりベッドに横になりました。酸素マスクをすぐに充てられ、気づくと喉と長時間開いていた口がすごく痛いことに気づく。


今日一日ずーっと側にいてくれた通訳さんに、4時間は起きてないとダメですからねと言われて、仰向けになりながら、喉痛いなぁーとか思ってボーっとしていました。結構ベッドのリクライニングも傾けながら、ゆったり横になることができました。途中ベッドが暑くて、電気を切ってもらいました。好きな音楽をかけましょうねって私が好きな曲を探してくれて、携帯で流してくれました。4時間ずーっと腕や手をさすってくれて、時々こみ上げる不安な気持ちを和らげてくれました。人間体が痛かったりすると不安になりますね。喉と口の痛みが徐々に改善され、4時間経過した頃には殆ど痛みは無くなりました。寒気は思ったほどなく、術後すぐは手足は冷たかったですが、震えるほどではありませんでした。吐き気もありません。その他、手術箇所の痛みもまったく感じません。点滴に痛み止めが入っているのでしょうが、それで十分でした。


4時間が経過した頃は、すでに夜の10時半過ぎでした。通訳さんとはここまでで、明日また迎えに来ますねと言って帰られました。普通はこういう場合、韓国や中国ではご家族が付き添う場合が多いようですが、日本人は単身で来る方が圧倒的だそうです。私もその一人で、肉体的より精神的苦痛のほうが辛いのではと思いますが、本当に今日一日付き添っていただいて心強かったし、ありがたかったです。


一人ベッドに残されたのですが、疲れもあってあっという間に眠りに落ちました。途中看護師さんが栄養剤が入っている点滴を持ってきてくれて、それのお陰でお腹が空かず、またまたぐっすり眠りの国へ。どこも痛くなくて、大丈夫だよってことだけ韓国語で伝えました。英語や韓国語が話せない場合は、日本語→韓国語にしてある必要最低限の紙がメニュー風に用意されていて、それを見せればいいだけになっています。

先生の回診が朝10時頃始まるってことだったので、通訳さんは9時半頃来る予定でした。


その3へ続く...





このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

koeda2015さん

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ