ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

今すぐ絶対的幸福を確実に樹立するには

ライターさん(最終更新日時:2013/7/28)投稿日:

  • ナイス!:

    3

  • 閲覧数:3169

印刷用のページを表示する

幸福とは例外なく、万人が求める究極の人生の目標であります。
誰もが、僅かな儚い幸せを西へ東へ求めては、
必死でしがみ付き、果ては
目の当たりに崩れ去るのを慌てふためき、悲しみに悶絶します。

 




「禍福は糾える縄の如し」と言うが如く
人の幸・不幸は縒って作った縄の目のように、
交互に訪れ、決して幸不幸いづれかのみが
連続して表れることは決してありません。




そんな時には「縄は糾って、互いが補強仕合う事に依って
強い力を保持する事が出来るのです・・・・・・・」
と、心に言い聞かせ傷ついた自分を癒します。




でも一体、この世に「どんな時代、どんな環境下にあっても
永久に崩れる事なき、絶対的な幸福境涯」って
本当にあるものなのでしょうか?




人類始まって以来、誰がこの大いなる問いの
解答を実際に手にすることができたでしょうか?

 

釈尊?キリスト?竜樹菩薩?パドマサンヴァババ?
サティアサイババ?日蓮大聖人?池田先生?

 

そうかも知れませんね・・・・・・



で、あなたは?




ポイント

 聖者への論評はあまり意味がありません。
 譬えば、お隣の預金通帳を一所懸命、
 穴が開くほど観て調べても
 終にあなたには一銭も入りません

 

 しかし


「永久に崩れる事なき、絶対的幸福」は
確実に厳然として実在します。

 


結論から言いますと・・・・

ポイント

 「絶対的な幸福」とは、

 「自分が今、此処に在る
  という絶対的な確信

 

のことです。それ以外の全部全ての事物一切は、
それに至までの巧みな方便です。


あなたの「自分が今、此処に在る」という絶対的な確信は、
この宇宙と自分自身の生命が同一の根源のものである
との確証に変わります。
それにより、外部環境の出来事に心身が
一喜一憂、右往左往されず、
あらゆる苦難を「生命の次元上昇の為の学び」に自由に転化し、
克服していくことのできる境涯になります。

 

そうなったら、あなたは生きる事自体、存在すること自体が心の底から、
楽しくワクワクする状態になります。
鳥や虫は歓喜の詩を歌い、花はパッと咲き乱れ、
魚はピチピチ飛び跳ね、雨は土塊を砕かず、
自分の周りを空も海も陸もグルグル廻り、
神々は上着を脱いで振り回し、
歓声をあげてあなたに抱きつきます。

 

 

また「絶対的な幸福」とは換言するなら「無条件の幸福」です。
経済的な豊かさや社会的地位、やりがいある仕事や仲間、健康や愛情、
そしてグルや信仰心というものは永遠普遍のものではなく、
究極で絶対的な幸福とはいえません。

ポイント

       幸せになるために
     
     何かが必要であるような幸せは

    
      本当の幸せではありません。
      (条件の存在に幸福が左右されます)

すなわち、私が幸せになる為に
お金が要る、仕事が要る。家が要る。精神的満足が要る。
恋人が要る。愛が要る。悟りが要る。信仰が要る。言葉要る。
世界が要る。肉体が要る。心が要る。・・・・・・・・・

 

例えば創価学会員さんには池田先生や戸田先生のような
カリスマ指導者が要るのです。
又一方、池田先生や戸田先生も自論を論証する
文献や権威が要るのです。それは共に・・・

 

ポイント

   
 「自分が居ない」から「何かが要る」のです。

 

最初はそれでもいいんです。どんどん求めてください。どんどん

お金、地位、名誉、やりがい、仲間、愛、信仰、真理、心の平安



しかし結果は・・・・・・・・
一周回って元に位置に還ります
いろんな映画を観て泣き笑い感動して
ワクワクしながら家に帰ります。



法華七喩は実は全て此の事を諭しているのです。

火宅は自分以外への追求です。
長者は高次のあなたです。
三草二木はあなたの側面です。
化城とはグルと教えです。
衣裏珠も髻珠もあなたの「魂=真我」です。
幸福はあなたの中にあります。
高次のあなたは良医です。
生死はあなたが世界へ放つ慈悲の方便です。
すなわちあなたは永遠の存在です。

 

暑い真夏の炎天下、あなたは涼しい木陰を離れて、
歩き回り元の木陰に返って来ます。
決して無駄ではありません。
木陰の有り難さをもっと強烈に体感したかった
あなたの作戦のひとつですから。


最後に必ずあなたは言います。
あの散る散る満ちるの有名なセリフを・・・


「なんだ、あれが僕たちの探している

青い鳥なんだ。


僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、


本当はいつもここにいたんだ。」



このことを最初から解ってる斎藤一人氏は呟きます

「方位方角おかまいなし。
私のいるところが、しあわせなんです」

 

 

結論としてココだけは押えて置いてください。

ヒント


すべては方便」だという事を・・・・


幻、夢、冗談、洒落、ゲーム、巧みな手段
何と呼んでもかまいません。


重ねて言います。ココだけは押えて置いてください。
すべては方便」だという事を

 

      

 


そうしたら、そうしたら自然に辿り着きます。
「私は 今、此処に在る」の確信に


きっとうまくいきます。ですから

 

ヒント


もっと感じたことを思うが侭に

自分の言葉で語りましょう


自分の意思で行動しましょう
 

 

せっかくのあなただけのあなたの人生なのに

一体、誰に遠慮しているのですか?


 

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:2-1

yonakan1215さん男性

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ