ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

遠近両用コンタクトレンズの選び方

ライターさん(最終更新日時:2017/3/15)投稿日:

  • ナイス!:

    5

  • 閲覧数:4193

印刷用のページを表示する

  △▼ はじめに ▽▲


40代後半になってくると、これまでのコンタクトでは、遠くが見えすぎて

「あれ?」と思うことが出てきたり、「新聞の字が見にくい。」と感じたり

するようになります。


近視でも老眼になるのです。


そこで、遠近両用コンタクトはかかせない存在になります。


この知恵ノートでは、私のこれまでの経験やいろいろな情報から感じたことが

少しでも遠近両用コンタクト選びに役立てていただければ幸いです。


  ※今回は左目を中心にお話します。


合わなかった遠近両用ハードコンタクトレンズ

 私のコンタクト歴はおよそ25年ぐらい。ずっとハードコンタクトレンズでした。

そのために、遠近両用コンタクトもハードを試し、実際購入しました。


ハードのメリットは見え方がシャープであること。少しの乱視はきちんと矯正される

こと、手入れのこすり洗いが簡単であることなどがあげられます。

でも、長いハード歴の私でも、ハードの遠近両用レンズは合いませんでした。


  【メーカー;シード マルチフォーカルO2ノア PWR-2 ADD+1】 ※約2万円

・遠くはとてもクリアで視力1.2は見えましたが、近くは50cmぐらいが限界。

  それより近くはよく見えません。度数-1.5にすると近くはOKですが、

 遠くがいまいち。

・遠近両用の見え方はそんなものだろうと思っていましたが、このレンズを使わなく

 なった大きな理由は、次の2つです。

  

1、ごろごろ感がとれない。

 ハードコンタクト歴が長い私でも、これほど異物感が取れないレンズははじめて

 でした。眼科の医師にそのことを尋ねると、多少大きいからかもしれない、と言っ

 ていました。

2、レンズがうまく外せない。

 こんなに外すのに苦労するとは思いませんでした。目に強く、くっつきすぎて、

 人差し指で目じりを引っ張って、瞬きをしても全く取れませんでした。あの、

 吸盤を使って外しましたが、それでも取りにくかったです。もしかすると、目の

 サイズの球面が合っていなかったのかもしれません。


 これらの理由から、2万円近くかけて購入したハードの遠近両用コンタクトは現在

 では全く使用しておりません。


はじてのソフトコンタクトレンズ

 はじめてソフトレンズを試したとき、まるで目に入っていないかのような快適感に

心を奪われました。また、2weekや1dayなどの使い捨てが主流の今、度数が変わ

ったり無くしたりしても安心なところに大きなメリットを感じました。


【メーカー日本アルコム エアオプティクス アクア マルチフォーカルP-2A+1】

 ネットで調べまくりました。

 その中で、最も人気があり、口コミでも評判がよかったこのレンズを試しました。

 付け心地は問題なく、シリコン製の新しい素材で、酸素も多く通すこのレンズの

 人気を実感しました。

 見え方は、近くは40cmぐらいまでOK 視力は0.8ぐらいで、このコンタクト

 を主として使っていくことを決めました。


PWP(近視度数)とADD(加入度数)の関係から分かったこと。

 近視の度数は-0.25~-10ぐらいまであります。

 でも、近くを見るための加入度数は2~3種類しかありません。このエアオプティ

 クスは、+0.75 +2.00 +2.5 と3段階に分かれています。これを選ぶことが

 できます。


 単純に―

 私が使っている -2.0 で視力0.8ぐらい、

 近くが+1で、近くは40cmぐらいまでOKのこのレンズ。だれしもが、-を強め

 プラスを強めると、もっとよく見えるのではないか思うでしょう。

 一度、試してください。

 眼科ではいろいろトライアルレンズを試すことができます。


 結論として―

 マイナスを強めて遠くを視力1.2ぐらい見えるようにして、

 プラスも最高の2.5にしても、近くはあまり見えないとメーカーも言っています。

 遠近両用レンズには、限界があることを知りました。


 私は微妙に違う、次の3つのレンズを試してみました。

 -2.0 +1 ⇒ -2.25 +2.0 ⇒ -2.5 +2.5


 どれが一番よく見えたと思いますか。


 不思議なことに、ほとんど見え方が一緒でした。

 しいていえば、最初の度数のものでしょうか。

 遠くを強めても、加入度数を強めにしてしまうと、コントラストが悪くなり、

 くっきりは見えなようです。

 遠近両用コンタクトで、1.0の視力を出し、近くもよく見えるというのは

 なかなか難しいことだと実感しました。


  遠近両用レンズの合言葉として

 "遠くもそこそこ、近くもそこそこ、それが遠近両用レンズ"なのかもしれません。


 でもわたしは、そこで妥協しませんでした。


ネットの評判や口コミにまどわされないで。

 最終的に感じたことは、ネットの評判や口コミなどは気にせず、とにかくいろいろ

 試して、自分にあうレンズを見つけることが一番大切だと思いました。


 私がいろいろ試して、最終的にこれだと思ったのはシードのコンタクトでした。


 【メーカー;シード ピュアマルチステージ】 2week用

 加入度数は、+0.75と+1.5の2種類しかなく、いろいろ度数を変えて試しま

 した。その中で、

 -2.5 +1.5 のレンズが最適だと分かりました。


 視力は1.0見えて、近くは35cmまで見え、新聞雑誌、携帯、パソコンすべて

 快適です。

 こんなに合うレンズに出会えて、ほんとうにうれしかったです。


最後に-

 ものがよく見える。遠くも近くも。それは近視の人、老眼の方すべての願いです。


 ある、眼科の統計では、遠近両用レンズを試して、満足のいく人は10人中2人

 ぐらいというデータもあるようです。

 でも、トライアルレンズを無料で試させてくれるコンタクト店が数多くある昨今、

 いろいろ試してみてください。

 きっと合うレンズに巡り合う気がします。


              H27.10.17  ジャム吉より


※  PS 目に関するブログを書いています。更新度は少ないですが

      ぜひ覗いてくださいね♪

    http://ameblo.jp/jamkichi2011/


  

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

youki402002さん

その他の知恵ノート(1件)
白内障手術の知恵ノート

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ