ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

仮面浪人する人へかなり痒いところまでアドバイス

ライターさん(最終更新日時:2012/3/6)投稿日:

  • ナイス!:

    40

  • 閲覧数:83422

印刷用のページを表示する

はじめに

私の書く知恵ノートは、旧帝一工神や医学部などを目指す方には参考にならないかと思います。あくまで、日東駒専(またはそれ以下)~成成獨明あたりから、早慶(私は受けていませんが学部によっては…)上理・MARCHレベル・上記以外の国立大学に通いながら目指す方に向けた物です(自分自身がそういったレベル間で仮面した為)。ちなみに私は理系でしたので、文系の方にも参考になるのではないかと思います。また、どちらかというと名前にコンプを持ってやる人向けです・・・・・・笑

稚拙な文章な上、かなり非常識非道徳的な考え方ですので嫌われそうですが、本気でやる気のある方のお役に立てればと、書かせていただきます・・・・

まともな考えをお持ちの大人の皆様には大変見苦しい文章ではありますが、お許しください・・・・・・・・

ステップ1:仮面浪人を決心するまで

この時期は、高い志望校を目指しすぎただけで当然のように合格できなかった人・あと1点で合格できたはずで本当に悔しかった人、いろんな人が居ますが、合格を頂いた滑り止め大学にコンプレックスを抱える人が増えます。結果、編入・仮面浪人という言葉が乱用されます。

もし入学後、「体裁だけかもな~本当はもう遊びたい。名前は気になるけど悪くはないな!!」という人や体力が残っていないという自覚が少しでもある人はスパッと止めたほうが無難です。

よく仮面は辛い、周りの大学生は遊んでいる・・・といいますが、本当にやる気のある人は「もはやそこの学生はどうでもよく、こんなところに居るのが辛い」という考えを持っているのです。無理にこう思う事はありません、思わないならば止めたほうがいいです。4年間台無しになります。


ステップ2:実際どんな感じか・・・・・

では仮面浪人が実際どんなもんであるかザッと話します。
まず明らかに普通の浪人よりは楽です。大学もいくのに!?と思うかもしれませんが、精神的に楽です。まず二浪の心配がありません。この有難味は冬まで分からないと思います。始めの方は普通の浪人に憧れるかと思いますが・・・・^^

みなさんが恐らく一番気になっているであろう点について先に書かせていただきますと、
バイト→11月末までした。40万稼いだ。
模試→2回ほど受けた。
授業→前期20・後期10。前期はほとんどS・A。後期はB・Cくらい。
サークル→入らない。
友達→3人くらいたまに話す人はいた。親以外ほとんど話した記憶はない。
精神→2月は「残留」が頭をよぎりおかしくなりそうだった。


バイトは前期の間に最低10万くらいは貯められる程度にするのは良いと思います。受験に掛かる費用を自分で工面することで、親に悪いという気持ちがその場だけでも少し凌げます。(これ、結構大きいと思いますよ。)10万あれば教材や受験料も揃うでしょう。
予備校にお金を払うのは私はもったいないなぁと思います。結局不安だから予備校に入ったりしたって、「その辺で売っている赤本レベルの問題が解けるようになること」が最終目標です。教材を使って覚えていくほうが予備校で万人向けの授業を聞くよりいいような・・・。予備校にいったことがないのでその辺は分かりません、すいません。まぁ普通は予備校に行くお金や時間はないのではないでしょうか・・・。

模試は別に受けなくてもいいとは思いますが、10月くらいは学祭もあり弛むので気を引き締めるために受けるのはいいと思います。しかし焦るのは良い事ですが、そこまで結果に落ち込んだり模試の復習に命を掛けるのは効率が悪いような気もします。所詮模試であって、2000円で購入できる過去問を自宅で研究した方が、あなたが実際に受ける試験で点数をとるのに向いているように思います。

サークルに入る理由はありません。
過去問うんぬんもありますが、時間を削ってまで当てになるかわからない過去問を得ないと単位をとれないような大学ならば、仮面で出て行くほど馬鹿にできる大学ではないかもしれません

授業はまじめに出ましょう。何人か友達がいればセコイ単位のとり方でもOKです。私は合計30単位とりましたが、25~30あれば今後の努力しだいで留年は逃れられるでしょう。注意したいのは、いたずらに単位を入れないことです。取りますと言ったのに授業に来ないのは成績が下がります。無理だと思うなら入れないほうがいいです。自分は少ないけれど入れたものは確実にとろうという気持ちでやりました・・・・・

友達は一浪の友達と推薦の友達がいました。一浪の友達には秋ごろ話しました。しかし推薦の人は第一希望である事が多く、また下手をしたら仮面浪人がよくわからないかもしれません。そういう人に一般だからえらいんだよ、みたいな顔をするのはやめましょう。結局合格するまで私は言いませんでした。言うにしても、「こんなクソ大学やめたいから仮面してんだ!!」ではなく、「落ちたところに未練があるから・・・」くらいにしましょう。
クラスの人とは普通に接していました。遊んだりする事はありませんでしたが、理系で実験があったのでかなり親切にしていただいていました。少し息抜きになりましたかね・・・・大学の勉強レベルを心で馬鹿にすることはあっても、人柄なんかは仮面している自分の方が最悪ですし、決して馬鹿にする態度はとりませんでした。

精神についてですが・・・・・笑 私は何故低レベル大学から、そこそこ大学(まぁ人に話せば立派じゃんといわれる程度です^◇^;)まで成績を伸ばすことが出来たかといいますと、通っている大学が原動力になっていたからです。浪人と違い、落ちたときに自分がどうなるのか明確に分かっていたからです。「●●大学です」って言ったときの反応に耐えられなかったり学校で天才扱いされるのが恥ずかしかったり・・・やると決めたからにはこんな理由でもいいです。受かることだけ考えましょう。
私がこの一年で心がけたのは、以下の3つです。

1.どんなに辛くても「勉強辛い」と人に言わないことです。んならやめろって話です。自分で意識をして言わないようにしていました。
2.「自分ががんばっていると思わないこと」!!!これ大事。仮面なんだから精神的負担がなく、しかも学費まで親に払ってもらっている。辛いのはあなたじゃなくて親です。むしろ貴方は楽をさせてもらって幸せです。こんなにしてもらってるんだから受かって当たり前。初めての受験じゃないんだから受かって当たり前。そう思って勉強しましょう。
3.結構お奨めなのが、資格試験向けの勉強ノウハウの本を読むことです。大学受験をする人は本質を見失っている人が多いように思います。予備校にいかなきゃみんないってるしぃ~・・・早稲田受ける子はこんなだ・・・・。とかかな?それは、大学は合格の先にキャンパスライフが待っていたりがあるからなんでしょうけど・・・。資格試験向けのノウハウ本は、「受かることだけ」を考えた本です。結局は試験会場で目の前に出された問題の正しい答えを書いて提出することが目的です。どうしたらそれができるか?を考えて、訓練のための参考書や問題集をやり、本番自分の知っている事を書いて提出して帰ってくる。本来ならばそれ以外の余計な感情はいりません。入ってからの事なんか別に考えなくていいです。ただ受かればいいのです。

総じて強気でいろということなんですけれども、こういう気持ちでいられるのも「仮面浪人という社会的には保障のある立場だから」だと思います。背水の陣で挑みましょう。そっちの方が集中してかえっていい結果が出ます。


ステップ3:具体的な勉強法(オマケ)

この部分に関しては私の話なんかを聞くよりも、優秀な方の勉強法ブログを読むのがいいと思いますので読まないほうがいいかもです。笑w

センター試験について。全科目において赤本のみやりました。予想問題集は得意で好きだったし無機は得るものがあったので化学のみ使用しました。実際に出るのは過去問のような問題であり、20年分近くあったのでそれで十分でした。センターパックだけ利用しました。

10月くらいまでは、二次もあるでしょうしセンター向けではなく普通に気に入った参考書や問題集で基礎固め。(現代文・現代社会を除く)10月からはセンターに特化した参考書を全科目購入。過去問を解いたりセンター向けの問題集を解いたりする。

英熟語や現代社会や化学の暗記分野については、10月まで毎日適当にお気に入りの読みやすい参考書を疲れたときに「へぇ~」って読むだけでした。なぜなら暗記物はそのときに書いて覚えたりしてもどうせ本番まで覚えていないからです。なんとなく知っておくという事がとっても大切です。それ無しに詰め込みは無理です。また、10月からは過去問で引っ掛けのパターン研究をしました。
そして、前日はそれらの科目に特化し、細かい用語集のような性格の参考書(もちろん1周くらいは通読しました。)を用意し、覚えづらかったものをゴロなどで無理やり暗記しました。次の日には忘れていたであろうという覚え方です。現代社会については前々日に過去問を解いたら53点でしたが本番81点になりました。前日の詰め込みがかなり大きかったですね。しかしこれは以前からなんとなく触れていた事も合わせて、功を成したのです。

国語・英語は過去問を全部やる事です。予想問題と過去問はぜんぜん違います。国語は顕著です。英語は基礎力は誰もが使う科目なので心配はないかと思います。

計算を要する科目は地道に問題集を解きましょう。過去問で覚えるというのは微妙です
。過去問は時間配分などに使うといいでしょう。


どの科目にもいえることですが、大切なのは参考書や問題集を完璧に解けなくてもいいからどんなもんか知っておく(もちろん適当にパラパラ見るだけでは意味がありません)事です。知らない本を初対面で直前期に解くのと、1周でもしてあるのとではぜんぜん違います。
どういうことかといいますと、分からなくても考えまくらずにとりあえず印を付けて飛ばして、どんどん進める。何周かした頃に、「あぁこんなんだったか」となる事が多いです。私はひとつの参考書を3周くらいしましたかね・・・・
また参考書も必ずこれ以外使わない!!とする必要もないと思います。なるべくたいていの問題が載っている厚いものを買えばいい話ですが、参考書を掛け持つ事による相乗効果もあるかもしれませんし。あまり気張らなくてもいいと思います。

あと私が予想問題をやらなかった理由のもうひとつとして、「これが当たった!!」と謳われている問題は大体が有名問題で、センター独自の問題が当たることはあまりないと思ったからです・・・・・・


二次試験についてはあまり自信がない上大学によって性格が違いすぎるのでパスです。





以上です。大変長くなりましたが、よろしかったら一体験として参考にしていただければと思います。私は合格をし、通っているからかもしれませんが、仮面浪人をしたという後ろめたい気持ちが消える事はありません。親御さんが浪人を許してくれるなら浪人させてもらうほうが良いでしょう。まぁそこに関しては最初に述べましたねwwしつこいですねwww


かなりくどい文章で恥ずかしいのですが、私の思いを伝えるのにきちんとした文章は無理でした。笑   



どのような道であっても、皆様のご検討をお祈りします。




このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
ゲーム実況動画(プレイ動画)...
 「実況動画(実況プレイ動画)」と銘打った知恵ノートですが...
本文はここまでです このページの先頭へ