ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

★いかなごのくぎ煮★

ライターさん(最終更新日時:2016/5/15)投稿日:

  • ナイス!:

    9

  • 閲覧数:4058

印刷用のページを表示する

 2016年3月10日w.jpgご存じ無い方も多いかと思いますが、瀬戸内海近辺で3月になると必ず作られる、いかなごという小魚の佃煮のレシピです。関東や東北地方の方はイカの種類?みたいに思う方もいらっしゃいますが、イカではありません。(笑)




ステップ1


材料:いかなご(1kg)・濃い口醤油300cc・みりん200cc・ビン入り山椒(ビンの中身1/3程)・生姜(中1/3)・中ザラ糖300g(黄金を3つ入れて中ザラ糖300g)
 

+中ザラ糖200g(黄金5つ入れて中ザラ糖200g)+みりん200cc +くるみ

黄金糖とは、お菓子コーナーで売ってる黄金色した飴です。

○くるみは、ケーキ用のくるみが一袋売ってますので、手で滅茶苦茶に潰しましょう。


ステップ2

まず、いかなごを水洗いする。

アルミホイルを適当な大きさに切って、鍋の大きさぐらいの落し蓋を作り、割り箸で穴をいくつか開ける。かなり大きい鍋が必要。

③生姜1/3をみじん切りにします。

④かなり大きめの鍋に、濃い口醤油300cc・みりん200cc・中ザラ糖300g黄金糖・山椒1/3・みじん切りにした生姜1/3を入れ、沸騰させます。
⑤沸騰してきたら強火にして、水に浮かべたいかなごを手で優しくすくい、何回にも分けて、いかなごを鍋に入れます。(この時、絶対にお箸でいかなごを触ってはいけません。鍋を揺らして火を通しましょう。)

⑥中火で、のアルミホイルの落し蓋を入れて、30分~40分程煮ます。
⑦別の片手鍋に中ザラ糖200g(黄金糖5個)+みりん200ccを入れ、沸騰させます。(黄金糖が焦げ付かないように、上手に溶かして下さい。全て溶けませんが、ある程度は溶かす必要があります。)
⑧30~40分ほど炊いて、液体が少なくなったいかなごの鍋に、⑦で作った沸騰した黄金の液体をまんべんなく入れます。

⑨弱火にして、さらに10分煮立たせます。

煮汁が少し残る程度になったら火を止め、いかなごをザルに流し込み、ウチワ等で素早く冷まします。(この時、グチャグチャに潰したくるみを上からかけて混ぜます。)

ステップ3

注意点としては、絶対にいかなごを丁寧に扱うという事。

非常に壊れやすいので、お箸でかき混ぜたりすると、ボロボロのくぎ煮になってしまいます。

それと、中ザラ糖+黄金糖5個、合わせて200gという事です。

黄金糖は非常に溶けにくいので、根気良く溶かして下さい。

全ては溶けないので、溶けない分は諦めましょう。







このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

あなたにおすすめの知恵ノート

この知恵ノートのライター

アップロード写真

グレード知恵ノートのグレード:3-3

lokiblessさん男性

自宅からマンションに2017年3月に引っ越ししました。 イ...[続きを見る]

その他の知恵ノート(29件)
★節約レシピ豆腐編★
★節約レシピ焼きそば★
★お好み焼き★
★牛そぼろ★
★鶏レバー★

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ