ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

スポーツジム ランニングマシンを設定して使う

ライターさん(最終更新日時:2016/3/20)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:1172

印刷用のページを表示する

スポーツクラブ等のランニングマシン一般的な使い方

  ・スタートボタンを押す
  ・速度調整をする
  ・傾斜調整をする
  こんな感じで走っている(歩いている)と思います。

  良くあるランニングマシン(画像はテクノジム)のコンソールですが、
  クイックスタートを押して、速度を上げて・・・

  
運動終了までず~っと同じ動作のため、
  単調になりやすく飽きてしまう事がおおいと思います。
ランニングコンソール.JPG  
  そもそも、このコンソールの、他のボタンの使い方が分からないかと思います。
  実はこの機種に限らず、ラニングマシンを自動的に運転する機能もあります。

  ランニングマシンが時間の経過と共に、傾斜と速度を自動調節します。
  本来、有酸素運動にも効率と言うものがあり、選んだプログラムに
  相応しい、運度強度と時間と言うものが・・・あります。

  (※脈拍計の使い方、プログラムの考え方、運動時間の計算方法
   各自異なるAT/LT1測定方法、運動強度の表現方法など
   難しい系は今回省きます)
 
  ランニングマシンはこういう機能があるんだな~って分かっていただければ
  幸いです。
  次の項目からは具体的な弄くり方を紹介します。
  
  ※ジムのイントラは、この機能についてほぼ知りません。
  ※画面はテクノジムの業務用マシン(スポーツクラブによくあるタイプ)を
   使っています。
  ※テクノのジム以外でもほぼすべての有酸素運動マシンにこの機能が
   付いておりますが、安価なモデルのマシンを使っている店舗で
   これらの機能が無いケースもあります。
   実際はウオーキングマシン(≠ラニングマシン)だったという事も。
   

ラニングマシンに乗ったら!

赤丸内の「バーグラフ」のようなボタンを押します。
 その後は、普段と異なる操作を受け付けるようになります。

PROGRAM.JPG ※プログラム機能を使っています。
  プログラム機能はマシンの中にあらかじめ、自動プログラムがセット
  されており、その機能を使います。
  もし、うまく操作できなくても、マシンの非常停止(落下防止用のクリップ)を
  操作すれば、初期に戻るので気にしないでOk。

  

プログラムを選ぶ

テンキーを押すと、バーグラフみたいなバーが表示されます。
1、2、3・・・とテンキーを押すと、様々なバーグラフが表示されます。
バーの高さは、マシンの傾斜の強さで、
スタートから時間が経過すると自動的にマシンが傾斜を操作することを
あらわしています。
 
SELECTPROG.JPGこれでいいな~と思ったら、
テンキーの下にある「ENTER」を押して確定します。

つぎに、運動強度の入力を求められます。
画面に表示されるので、
テンキーから「3」を入力、
テンキーの下にある「ENTER」を押して確定します。
※値が大きくなると、運動強度がきつくなる


運動時間を選ぶ

筆者は時間を選んでいますが、カロリーや距離でしてしてもOKです。

 ゴール設定.JPGこのケースでは、GOALで「TIME」を選んで、テンキーから運動時間を入れて
[ENTER]を押します。
そして最後は、イツモと同じように「クイックスタート」を押すだけ。

ランニングマシンは自動運転を始めます。
傾斜も、速度も自動調整されます。
水色の枠線のグラフは、所要時間に合わせて該当部分が点滅します。
コレで今の運動がどのセクションにいるか分かるようになっています。


最後に

筆者は、最近までテクノジムのマシンでしたが、ジムを替わったことにより
マシンがLifeFitnessに替わりました。
またテクノを使う事があったらの忘却避けでもあります。

実際のところ、付属の脈拍計と運動プログラムと時間を組み合わせて
利用する物なのです。

しかしながら、運動強度を抑えて使えれば
飽きるという事の防止にもなるので書いてみました。


他のメーカですが
LifeFitnessはプログラムの概念が、チョット異なり

①上記の内容と同じプログラム機能
②脈拍と速度を指定して傾斜をマシンが自動調整するので
 運動強度や時間の測定を目的としたタイプ⇒筆者の解釈
③上記の結果から、パソコンでプログラムを作成して
 持ち込めるタイプ(カスタムプログラム機能)

この3種類があります。
こちらの方は、細かい設定が出来る反面、カスタム性が高いため
脈拍トレーニングの知識が必要になります。



このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

mimikuroimadcatさん男性

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ