ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

過払い請求の依頼をしたいけど、何も資料がないときどうすればいいか?

ライターさん(最終更新日時:2012/2/29)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:9360

印刷用のページを表示する

Question

過払い金返還請求をしたいけど、ATM明細書も契約書も捨ててしまった。
取引履歴の取り寄せができるみたいだけど、これで依頼できるの?


電話相談で月に5~6件は必ずあるQuestionです。
やっぱり、法律事務所に依頼!となると、自分もきちんと用意しておかなければ!と思ってしまうのは、仕方のないことなのかも知れません。

Answer

  • 原則、何も資料がなかったとして、紛失してしまったとしても、法律家が代理人として相手方業者に取引履歴を請求しますから、依頼人様が資料を用意する必要はありません。

 
ご依頼のためにご面談に来ていただいた際に、『どこの業者と以前(もしくは現在も)お取引があったのか』と『ご本人様情報』をお聞きします。
正式に代理人として契約が締結されますと、受任通知というものを発送し、相手方業者に『私が○○様の代理人となりましたので、取引履歴を事務所に送ってください』と同時に伝えます。

到着した取引履歴を引き直し計算をして過払い金がいくらあるかを調査するという流れになりますので、原則依頼人様が用意する必要はありません。


注意

  • 過払い請求には大きく分けて、示談交渉・訴訟を起こしての請求と2通りがあります。
  • 示談交渉の返還割合では納得いかないから訴訟でもっと返還してもらうように交渉をする、示談ではまとまらないので裁判で争う、ような場合だと、その証拠書類を用意する一環として、契約書等の資料があると有利となることはあります。
  • 示談交渉(代理人が裁判をせず返還を求めて交渉すること)でしたら資料の有無はあまり大きな違いをもたらしません。

 

依頼をされに来る方の9割以上が『資料なんてもう捨てちゃいました』という方です。
資料が何もないからとご不安を持たれる方は意外に多いようですが、ご安心ください^^

司法書士Luna



司法書士Lunaくんのぶっちゃけ借金解決blog
http://ameblo.jp/lunashihoushoshi/

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ