ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

キャッシング審査スピード・即日借入

ライターさん(最終更新日時:2016/4/23)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:83

印刷用のページを表示する

 即日審査・土日祝日審査

キャッシング・カードローンの申し込むほとんどの人が、今すぐに現金が必要という時に申し込みをすると思います。ですので申し込むキャッシング・カードローンを選ぶ際には即日審査・即日融資・土日祝審査などに関して知っておくことが重要です。

 キャッシング・カードローンの金利

どうしても今すぐに現金が必要ということない場合には、金利でキャッシング・カードローンを選ぶべきでしょう。金利以外にも利用可能ATM設置数・利便性・申込み手続きが簡単など業者選びのポイントはありますが、やはり金利が重要です。

 利息の計算方法

  • 利息=元金×金利×借入期間

 30万円の借入で90日間で返済した場合

  • 金利:年15.0% → 30万円×15.0%×365日×90日=11,096円
  • 金利:年10.0% → 30万円×10.0%×365日×90日=7,397円
  • 金利:年5.0% → 30万円×5.0%×365日×90日=3,699円

 30万円の借入で3年間で返済した場合

  • 金利:年15.0% → 30万円×15.0%×365日×730日=90,000円
  • 金利:年10.0% → 30万円×10.0%×365日×730日=60,000円
  • 金利:年5.0% → 30万円×5.0%×365日×730日=30,000円

目安ではありますが、利息額は上記のような違いがあります。
借入期間が短い場合は大きな差はありませんが、借入期間が長く、借入金額が大きくなると支払い利息が大きくなるのでキャッシング・カードローン選びで金利は重要なのです。

 無利息サービス

無利息サービスは、キャッシング・カードローン会社が定めた一定期間、無利息でキャッシングができるというサービスです。

 無利息サービスのポイント

  • 無利息期間で定められた期間内は一切利息が付かない
  • 永久に無利息でお金を貸してくれるわけではなく、無利息期間を設けている
  • 金利の計算をする必要がないので、借入が楽
  • 無利息サービスを実施しているカードローン会社は数社しかない

 無利息サービスがあるキャッシング・カードローン会社

  • アコム → 30日間(初回のみ)
  • プロミス → 30日間(初回のみ)
  • ノーローン → 7日間(なんでも)
  • レイク → 30日間(初回のみ) or 180日間(初回借入5万円まで)

 無料になる利息額

30日無利息がどのくらいの金額なのかイメージしづらいのと思いますので、一例を紹介します。
  • 5万円 → 732円
  • 10万円 → 1,463円
  • 20万円 → 2,926円
  • 30万円 → 4,389円
  • 50万円 → 7,315円

 無利息サービスは得? 

もちろん無利息サービスはないよりもあったほうがい良いのです。
短期間で返済が可能場合は「無利息サービス」の有無で選んでも良いでしょう。


 即日審査・土日審査のキャッシング・カードローン会社

即日審査を実施しているキャッシング・カードローンを紹介します。

 即日審査・審査(土日祝日実施)

  • プロミス
  • レイク
  • アコム
  • アイフル
  • モビット
  • ノーローン
  • バンクイック
  • 三井住友銀行
  • 楽天銀行

 即日審査・審査(平日)

  • みずほ銀行
  • オリックス銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • 静岡銀行
  • スルガ銀行

 借入限度額・総量規制

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)
貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。
総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。
ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

個人顧客から、新たな貸付けの申し込みを受けた場合、貸金業者は指定信用情報機関が保有する個人信用情報を使用し、他の貸金業者からの借入残高を調査(※)します。
なお、貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。
また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、(与信枠が50万円を超える場合も含みます。)あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。(貸金業者は、この書類を用いて利用者に貸し付けた場合、年収等の3分の1を超えないか確認します。)

 カードローンとリボルビング機能について

カードローンサービスにより資金を調達した場合には、リボルビング機能によるご返済が予定されています。リボルビング機能は分割払いと同様の内容を含むため、月々分割してご返済することになります。また企業が採用するリボルビング機能は異なっており、それにはいくつかの種類がみられます。たとえば元金定額リボルビング方式は、多くのカードローン企業で予定されています。こちらの方法により返済を行う場合には、どの様な結果が生み出されるのでしょうか。

そもそも借り入れ残高を素早く消滅させるためには、元本の返済を優先させなければなりません。借金の利息分だけを支払っていても、完済には結びつかないため注意してください。元本を素早く消滅させるのに適した内容が、元金定額リボルビング方式の機能に含まれています。しかしその反面、毎回の返済金額が全て異なります。返済初回時が一番高額で、その後は減少していきます。そして最後の返済で支払う金額が一番少なくなるのが、この機能の特徴となっています。全ての回で返済金額が異なるため、完済までの計画を立てにくくするデメリットが存在しますが、できるだけ早く完済へと結び付けたい方は、こちらの機能を優先してサービスを選択しましょう。


 信用情報として記録される内容

 信用情報とは

キャッシングの審査で重要になるのが信用情報です。信用情報とは、本人の個人情報と過去の利用歴により構成されています。これを調べることで申し込みをしてきた人が信用に足る人物なのかを確認できます。もし信用情報に問題があるとそこで審査は打ち切りになってしまうので、キャッシングを利用するときには信用情報に傷がつかないように気を付けないといけません。

 信用情報の中身

信用情報の内容をより詳しく説明すると、その中身は主に個人の属性情報と支払情報に分かれます。属性とは住所や氏名、年齢といった基本情報から、職業、年収のような経済状況を示すものまでさまざまです。

もうひとつの信用情報である支払情報は、いわゆる過去の利用歴です。また、現在の借金もここに含まれています。具体的にはいま契約中のクレジットカード、ローンカードの存在とその契約内容、それらの返済状況の記録、半年以内の申し込みの記録が記載されています。過去に債務整理をしたことがあればそれについての内容、さらに携帯電話の分割払いについての情報も載っていることに注意が必要です。

ヤミ金でもない限り、どこでお金を借りようとその内容は必ず信用情報として登録されます。つまり、審査する側はこれらの情報を完全に把握できるのです。申し込み記入欄の現在の借入額の部分をごまかしても、簡単にバレてしまうということです。"


このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

haruki317_yhさん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ