ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

[実験]痛みに強いのは男と女どちらか[温度刺激]

ライターさん(最終更新日時:2016/11/2)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:104

印刷用のページを表示する

顎関節症をはじめ慢性疼痛疾患は女性に多くみられ、性差が存在することが明らかにされている。


 研究の目的

三叉神経領域における温度刺激に対する知覚および疼痛閾値の性差を明らかにすることである。

 被験者

健常成人80名(男女各40名,平均24.7歳)を選択した。

 方法

三叉神経領域における温度刺激に対する知覚および疼痛閾値の測定には,定量的感覚検査機器(TSA-II®, Medoc)を用い,両側頬部皮膚に温度刺激を加えた.性差,左右側差の影響の有無について二元配置分散分析を用いて検討を行い、平均値の差の検定にはt検定を用いた.解析にはSPSS Statistics® 17.0を用いた。

 結果

温刺激に対する知覚閾値には性差が有意に影響しており,女性の温刺激に対する知覚閾値の平均値は男性に比べ有意に低かった.冷刺激に対する知覚閾値には性差の影響を認めなかった.温刺激に対する疼痛閾値にも性差が有意に影響しており,女性の温刺激に対する疼痛閾値の平均値は男性に比べ有意に低かった.冷刺激に対する疼痛閾値には性差の影響を認めなかった.いずれの計測値にも左右側差の影響を認めなかった。

 結論

三叉神経領域における温度刺激に対する知覚および疼痛閾値には性差が存在し,温刺激時の知覚閾値および疼痛閾値は女性が男性に比べて低いことが明らかとなった

男性の方が温度刺激の痛みに強いということがこの研究で明らかになった。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ