ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)への投資 検証13

ライターさん(最終更新日時:2017/8/19)投稿日:

  • ナイス!:

    44

  • 閲覧数:34624

印刷用のページを表示する

「詐欺が疑われる仮想通貨(暗号通貨)への投資 前書き&目次」および「検証1」「検証12」の続きです。本稿では以下の4つのサイトを検証しています。

●NOAH Coin (ノアコイン noahcoin.org)
●ノアコイン正規代理店 (noah-coin.jp)
●BitClub Network (ビットクラブネットワーク bitclubnetwork.com)
●Bitclub (ビットクラブジャパン www.bitclub.jp)


それでは検証を始めます。

●NOAH Coin (ノアコイン noahcoin.org)
●ノアコイン正規代理店 (noah-coin.jp)

フィリピンのマニラ近郊の開発プロジェクトと連動した仮想通貨と称してNOAH Coin (ノアコイン)という仮想通貨への投資がブログや動画投稿などで呼びかけられています。そしてこれは「検証1」で検証したADA Coin (エイダコイン)という仮想通貨と同じグループによる仮想通貨のようです。
以下のキャプはYoutubeにアップされている多数のノアコインの宣伝用動画の一つから撮ったものですが、ここで絶対に大儲け出来るからノアコイン(動画にはノアコインという固有名詞は出てこないがタイトルにはノアコインと明記されている)を買えと力説している右の赤シャツの人物は「泉忠司」と名乗り、エイダコインの宣伝も行っていた人物です。この人物の名前は年利36%で運用する金と銀の自動売買ソフトを売るアイランドソフトウエアという投資の検証でも登場しています。ついでに左側の人物は「土屋ひろし」と名乗っており、検索するとネット上に悪評が確認されます。

NOAH Coin ウェビナー土屋ひろし泉忠司.PNG

泉某については「検証1」のエイダコインの検証でも事務所と称する住所がバーチャルオフィスを利用した架空住所であることなどから信用出来ない人物と判断していますが、Twitterに出てくるアフィリエイト広告にこの人物が登場することでも個人的な疑念は深まっています。例えば以下に示すキャプはTwitterに出てくる明らかなアフィリエイト付広告のリンク先で見つけた「輝かしい経歴」の一部を抜粋したものです。マトモな事業ならばSNSでアフィリエイト広告乱発なんてやるとは思えません。
さらに泉某の経歴などには疑わしい部分があることも分かりました。例えばこの人物は自分を国士舘大学講師であるとしていますが、国士舘大学のサイトでこの人物の名前を検索しても「該当がない」という結果が出ます。つまり少なくとも泉某はせいぜい非常勤であり、キャプに見られるように「現在は国士舘大学の講師を務める」とか「有名大学の現役の教員」などと称するのが適当とは到底思えません。

泉忠司経歴.PNG
また泉某は他にも例えば(株)DBパブリッシング代表取締役と名乗っていますが、公式サイト会社概要には泉某とさらに別の代表取締役1名の経歴のみが書かれていて連絡先情報が何もありません。いわゆる幽霊会社としか思えません。
さらに「2011年に東久邇宮文化褒章受賞」とも自称していますがこの「東久邇宮文化褒章」は受賞者が一切公表されていないという褒章であり、本当に2011年に泉某が受賞しているかどうか確認出来ません。

ちなみに動画の中で泉某はノアコインには購入希望者がとても多く、2017年初頭に予定されているプレセール第1期では売り切れが確実、第2期以降も希望者殺到で売り切れが予測されているので確実に手に入れるには自分が売り出した「仮想通貨バイブル」と称するDVDを購入し、購入者だけが参加出来るセミナーに参加して予約枠を確保しろと主張しています。これが真実ならば2017年初頭のプレセール1期は始まる前から終了していることになりますが実際にプレセールが行われるかどうか時期を待って確認してみたいと思います(→ 本項最後の付記2を参照)。

次に表題に掲げた2つのサイトですが、これらのサイトには非常に情報が乏しいです。特に2つ目の「ノアコイン正規代理店 (noah-coin.jp)」というサイトは殆ど情報皆無です。誰が責任者なのか、連絡先の住所や電話番号でさえ記載がありません。最初のサイト (noahcoin.org)には一応連絡先情報の様なものがありますが、電話番号がないのは異様ですし、誰が責任者なのか全く情報がありません。

NOAH Coin Org 連絡先情報.PNG
>NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.
>10/F NET LIMA BUILDING, 5TH AVE. COR. 26TH ST., BRGY. FORT BONIFACIO, TAGUIG CITY
>Email: info@noah-coin.com

さらにこのフィリピンの住所を検索するとRegusというバーチャルオフィス業者の拠点の住所と酷似していることが判明しました。

>Unit 10A, 5th Ave. cor. 26th Street, E-Square, Crescent Park West, Bonifacio Global City, Taguig, Metro Manila, Manila

電話番号がないことと併せ、架空住所の可能性が極めて濃厚と判断します。この連絡先である「NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.」が幽霊会社である可能性も充分に考えられます。実際に「NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.」をそのまま検索しても殆ど該当がないのです。

さらにノアコインのサイト (noahcoin.org)にはノアコインはフィリピンから海外に出稼ぎに出ている労働者が故郷に仕送りする際の送金手数料を節減する為に開発された仮想通貨であると称し、さらにフィリピンの首都、マニラの近郊で大規模開発事業を行うと書いてあります。

>フィリピンの首都マニラ郊外にあるETONCITY 40ヘクタールの土地を開発。 第2のボニファシオ・グローバルシティ(BGC)となる国家的大プロジェクトが始動します。
>NOAHCOINは公共料金、ショッピング、カジノ、不動産購入などあらゆるサービスで利用できます。

埋め込まれた動画によれば「NOAH PROJECT」と称して具体的には以下の様な施設が建設されるとなっています。括弧内は明確な説明がありませんが完成時期でしょうか?

◇モトクロス用サーキット (2017年)
◇商業施設 (2019年)
◇ホテル及びカジノ (2020年)

NOAH Coin Org 動画 NOHA.PNG
そして「NOAH PROJECT」の母体はノアコインのサイト(noahcoin.org)にある記述によれば「NOAH FOUNDATION」が行うとなっています。

NOAH Coin Org 慈善活動.PNG
しかしこの「NOAH FOUNDATION」に関する情報は全く見当たりませんし、リンクが用意されている訳でもありません。そこで「NOAH PROJECT」や「NOAH FOUNDATION」で検索してみましたが、「NOAH GLOBAL INNOVATION SERVICES INC.」の場合と同じでそれらしい情報は全く見つかりません。ドイツの慈善団体とかオランダ人が建造した「ノアの方舟」の航海の為に寄付を募っている「ノアの方舟財団」が存在するのは確認しましたが、仮想通貨の発行やフィリピンでの開発計画に関係しているようには到底思えません。
建設場所とされているマニラ近郊の「Eton City」での開発計画などを検索してもこの地域で確かに住宅やオフィスビルなどの開発は行われているようですが「NOAH FOUNDATION」は出てきませんし、モーターサーキットやカジノを含む大規模開発計画も出てきません。要するに泉某が主張するノアコインと関係した「国家的大プロジェクト」が実際に行われている形跡が一切確認出来ないのです。
さらに最初に紹介したYoutubeの動画によれば泉某の販売するDVDセット(5万9800円)を購入して購入優先枠を確保しないとノアコインは購入するのも難しいほど人気が殺到していると主張しているのに同時にこのDVDセットを購入すれば代理店としての権利が与えられ、ノアコインを購入してくれる人を見つけて紹介すれば、あるいはFacebookなどに貼りつけたアフィリエイトリンクから販売サイトに誘導すれば報酬を払うとも発言しています。具体的には動画の51:00分辺りで2億円分のノアコインを購入する人を見つければ4000~5000万円の報酬が得られるとしていますから20~25%もの高額報酬ということになります。人気殺到で入手が困難であるはずなのにどうして高額の販売報酬を出すのでしょうか?明らかに合理性がありません。人気殺到という主張が虚構であるか、コインの発行上限など実際には存在せずに売れるだけ売るつもりなのではないかと疑わざるを得ません。また一連の知恵ノートで何度も指摘していますが、仮想通貨の販売に伴って高額の販売報酬など出したら、仮想通貨として使う(=商品やサービスの代価として支払いに充てる)際に必要な原資を失うことになり、仮想通貨の破綻を招くはずです。そもそも「国家的プロジェクト」の資金は何処から来るのでしょうか?これもノアコインを売った代金から出すのだとすれば明らかな使い込みです。あるいは「国家的プロジェクト」が架空なのだとしたらプロジェクトで建設されるショッピングモールでノアコインが流通するという構想も夢物語になります。ノアコインが近い将来に実際に仮想通貨として通用することがあるとはどう考えても思えません。

そして「高額の販売報酬」狙いだと思われますが、ネット上には泉某のセミナー受講者によると思われるネオコインの販売を勧誘する目的のブログなどが幾つか確認出来ます。

 
NOAH Coin 泉忠司が命名.PNG
泉某は日本でのノアコイン販売の窓口という役割のはずなのにブログの記述では

>NOAHはノアの箱舟に関係しているもので、ネーミング案は泉忠司先生が提案したもの。

となっていることは注目すべきかもしれません。泉某が命名したということは泉某が張本人であるという可能性がますます強くなったように思えます。結論として投資先としては論外と判断せざるを得ません。

※付記1
泉忠司が勧誘している別の投資案件「D9クラブ」に関する検証を新たに行いました。知恵ノート「投資全般その9」を参照してください。また次項の「ビットクラブ」、「検証18」で検証したトレードコインクラブも泉某が勧誘を行っているようです。併読してください。

※付記2
2017年になってからノアコインの販売が開始されたようでビットクラブ、D9クラブと併せてSNSに以下に示すような広告が乱発されています。DVDを購入していなければノアコインを入手出来ないというセミナーでの発言はやはり単なる買い煽りだったようです。

NOAH Coin Twitter ステマプレセール2.PNG
※付記3
ノアコインを保有しているだけで年率20%の配当が出ると称して勧誘が行われているようです。

NOAH Coin 20%配当.PNG
しかし少し考えれば分かることですが仮想通貨の配当には意味がありません。発行枚数が増えれば希少性が薄れて価値が下落するのが必然だからです。株式分割を行えば株価が下がるのと同じです。

※付記4
ノアコインと思われる仮想通貨を購入してしまった高齢者が換金出来ずに困っている事例の報道が出たようです。

NOAH Coin 被害事例NHK記事.PNG
※付記5
在日フィリピン大使館からノアコインに対する「通知」が2017年3月9日付で出ました。

NOAH Coin フィリピン大使館発表.PNG
フィリピン政府の事業への関与を否定し、ノア・グローバルの事務所の住所に事業実態が存在していないことなどノアコイン側の説明を全面否定しています。この件は詐欺で確定と考えてよいと思います。

※付記6
現代ビジネスという雑誌のサイトにノアコインを検証する記事が出ました。NOAH Foundationの協賛企業とされていたフィリピン航空が同社および同社の経営者であり、NOAH FoundationのボードメンバーとされていたLucio Tan(ルシオ・タン)氏の関与を全面否定する声明を出したようです。


●BitClub Network (ビットクラブネットワーク bitclubnetwork.com)
●Bitclub (ビットクラブジャパン www.bitclub.jp)

BitClub Japan Facebookトップ.PNG
これも上のノアコインと同様に泉忠司という人物が勧誘を行っている投資です。ノアコインやD9クラブなどと同様にYoutubeに勧誘セミナーの様子がアップされています。この動画は1時間20分ほどありますが、ビットクラブの説明が出てくるのは後半の40分だけです。その後半の冒頭部でアメリカではビットクラブへの投資で1ヵ月に2億円も稼いでいる人が居ると泉某は主張しています。

Bit Club 泉忠司動画1.PNG
仕組みとしては投資家から集めた資金でビットコインのマイニング=出納管理業務に参加することで報酬として得られるビットコインを元に配当するということになっています。こういう方式で運営されているマイニングの為の組織をマイニング・プールと呼び、Wikipediaにも「マイニング・プール」という項目があります。しかしこの件が信用出来るかどうかは別の問題であり、特に怪しげな投資の勧誘を行っている泉某の推奨する投資となれば危うさを感じるので検証することにしました。

まずマイニングを行うビットクラブネットワークに関して連絡先情報が殆どありません。ビットクラブネットワークのサイトのFAQにある「Where is BitClub Network Located」という質問に対する回答は特定の会社所在地というものは存在せず、メインのホストコンピューター設備がオランダにあって、香港とスイスにバックアップ施設、そしてマイニングの施設はアイスランドにあるとなっていますが、具体的な所在地情報がありません。プログラマーやサポート要員は自宅で働いているとしていますが、やはり施設の所在地や責任者が何も明かされていないという状態には違和感を感じざるを得ません。

泉某の動画あるいはビットクラブジャパンのサイトの「登録方法」のページによればビットクラブに投資するにはまず99ドル(1ドル=117円50銭で計算して約11600円)を入会金として払い、さらに500~3500ドルで以下に示すマイニングプールの権利を購入するということになっています。プール1、2、3の全てをセットで購入する3500ドル(約41万円)の「創立者プール」が最も有利な投資(Best Value)になるそうです。

bit Club プール価格.PNG
この500~3500ドルのお金で最新のコンピューターを購入し、大量に使用する電力の代金やプログラマーなどの人件費を払って採掘されるビットコインの分け前を貰うというのがビジネスモデルのようです。プールの権利代として払う500~3500ドルは返還されないが、6~8ヵ月で出資した500~3500ドルの元本が回収され、以降は600日の満期が来るまで利益が増え続けるというのが泉某の説明です。そしてビットクラブジャパンのサイトの「報酬」の項目にある説明ではこの配当支払いが受けられる期間が600日から1000日に延長されたとなっています。

>マイニングプールのシェアを購入する各自は、採掘されたBitcoinから毎日の利益を受け取ります。これら毎日の利益は、マイニングでの収益と各プールのシェア合計に基づいて様々です。 購入するシェアごとに、あなたは毎日の収益を1000日間受け取ります。
>*誰とも共有(紹介)しなくても約6〜8ヶ月ほどで始めに購入された金額(シェア)を回収する事ができ、残りの期間はあなたの利益となる為、海外では銀行預金と平行してご利用頂いている方々もいます。

ちなみに、1000日間への期間延長はビットクラブネットワークのサイトでも確認されます。本当に6~8ヵ月で元本が回収され、1000日間の間収益が一定と仮定するなら1000日=約2年9ヵ月(33ヵ月)で投資したお金が4~5倍にはなるはずです。但し、このビジネスモデルでは実際の収益はビットコインの円建て価格、他のマイニングプールとの競争などによって大きく変わる可能性があるはずです。例えばビットコインの円建て価格が下落したり、強力な競争相手が出現すれば発掘競争で負けて必要経費を払ったら利益が残らないという事態も有り得るはずです。こういったリスクの説明がないのは明らかに不当でしょう。

しかもビットクラブではネズミ講方式での勧誘が行われているようです。ビットクラブジャパンのサイトの「報酬プラン」の項目に長い説明がありますが入会金の99ドルだけでなく、マイニングプールのシェア購入代金として投資家が払う500~3500ドルのかなりの部分もネズミ講の勧誘報酬に充当されているようです。しかも勧誘報酬は多くの人を勧誘することで額が増加します。例えば以下の部分では9人以上の子ネズミを勧誘することによって多額の報酬が得られるという説明がされています。

Bit Club ネズミ講9人目.PNG
>あなたが9番目のメンバーとその後の1人おきのメンバーを直接登録する場合、彼らはそれぞれあなたのチーム4レベルアッププランに配置されます。
>あなたは永久的に彼らの購入すべてに対する 18% をボーナスとして受け取ります。さらに彼らが直接スポンサーになった最初の2人全員に対して8% のレベルアップボーナスを受け取り、さらにその人たちの最初の2人全部に対してという具合で、無限レベルまで続きます。

「永久的に」といった言葉など意味がよく分かりませんが、9人以上の子ネズミを勧誘すれば多額の報酬が得られることは分かります。違法性が強く疑われますし、ネズミ講組織の根本的欠陥としてピラミッドの下位に加わってしまった人たちは食い物にされるだけになる可能性もあるでしょう。

とにかく払ったお金のかなりの部分がマイニングではなくネズミ講組織の拡大に使われていることは間違いありません。それでも「約6〜8ヶ月ほどで始めに購入された金額(シェア)を回収する事ができる」というだけの配当を実現するには驚異的な高利回りの投資でなければならないはずです。

ビットコインのマイニングはそれほど大儲け出来る事業なのでしょうか?残念ながらビットクラブネットワークのサイトには過去の配当実績や収支情報は見当たりません。しかし最近のビットコイン採掘量や売り上げがあるかは推算することが可能です。

例えば「Cointelegraph.com」というサイトにある記事に2016年9月25日~10月1日の1週間でビットコインのマイニングに参加している20ほどのマイニングプールがどれほどのビットコインを稼いだかという表が出ています。つまり各マイニングプールの売り上げです。

Bit Club マイニング収入ランク2.PNG
この表によればこの1週間で(青線の枠で囲ってある)「ビットクラブ」は387.73枚のビットコインを稼いでいます。Google Financeによれば2016年9月末時点でのビットコインの相場が61429円となっており、これから計算すると387.73枚のビットコインの価値は2381万7866円ということになります。仮にこのペースで1年間(365日)稼ぐと年間の売り上げが12億4200万円程度、1ヵ月に1億300万円程度になるはずです。そしてこれは売り上げであって利益ではありません。マイニングには人件費も掛かるはずですし、大型コンピューターを昼夜に渡って動かせば巨額の電気代が掛かるはずです。アイスランドにコンピューター設備を持つのはアイスランドが寒冷の地でコンピューターから発生する膨大な排熱を冷却するのに有利であるからという説明になっていることからも相当の電気代が掛かるのは間違いありません。勿論、最新ハードウェアへの更新も必要です。必要経費の算出は困難ですが、ビットクラブでは500~2000ドルで権利を購入可能な3つのマイニングプール(プール1~3)毎に還元率が50~70%と表示されています。具体的には500ドルで権利購入可能な「プール1」の還元率が50%、1000ドルで権利購入可能な「プール2」の還元率が60%、2000ドルで権利購入可能な「プール3」の還元率が70%となっています。

人件費や電気代などが大きく変動しないだろうと思われる一方で売り上げや利益はビットコインや為替の相場あるいはマイニングプール間の競争などによって大きく変わるはずなのに投資家への還元率を固定出来る仕組みが分かりませんけど、間を取って還元率60%で計算すると月間売り上げ予想の1億300万円の60%、月間6200万円程度が投資家への還元に充てられることになる計算になります。

これは約3ヵ月前の特定の1週間の売り上げですが、最新の状況を推算することも可能で「blockchain.info」というサイトでは直近24時間に採掘されたビットコインの数量やビットコインの相場など採掘に参加しているマイニングプールの総売り上げなどを常に見ることが出来ますし、各マイニングプールの市場シェアも示されています。例えば2017年1月6日夜の時点では

Blocks Mined (採掘されたビットコイン) 143
Market Price (ビットコイン相場) 933.82 USD
Total Miners Revenue (プールの総売り上げ) 1,781,978.78 USD
BitClub Networkの市場シェア 2.4%

となっていました。市場シェアと実際に掘り出せるコインの数は長期的には連動するはずなのでこの24時間でビットクラブの売り上げは

Total Miners Revenue 1,781,978.78 USD X BitClub Networkのシェア 2.4% = 42767ドル
1ドル=116.24円で計算すると約497万が1日の売り上げ
1ヵ月で約1億4900万円

という計算になります。売り上げの60%が配当可能とすれば月間に8948万円ほどがビットクラブが投資家に還元可能な総額という計算になります。(この試算は日を変えて何度か繰り返してみましたが大きな変動はないようです。)2016年9月末の数字からの計算よりビットコインの価格上昇、円安などによって配当可能額は増えていますが、それでも1億円には届きません。既に書いたように勧誘動画で泉某はビットクラブに一番大口の投資をしているアメリカ人は1人で毎月2億円の収入を得ていると話しているのですが計算と全く合わないのです。果たしてこれは泉某が約束しているような驚異的な高利回りが期待出来る投資なのか非常に疑問を感じざるを得ません。特に投資家が払い込むお金のかなりの部分は勧誘報酬に費やされてしまうのです。

そしてマイニングプールが非常に利益率の高い事業であるならば既に20ほどのマイニングプールが参入していて参入障壁の高い事業とも思えませんし、さらに各マイニングプールが銀行などから巨額の資金を調達して追加投資したり、新たな参加者が競争に参入して、投資利回りが低下することになるのが必然のはずです。驚異的な高利回りを約束して個人から少額の資金を集める経済的合理性がありません。そしてビットクラブはアメリカ在住者からの投資受け入れを中断しているようで泉某も同様の説明をしています。本当に高い投資利回りが期待出来るなら追加投資を停止している理由も説明出来ません。

そもそも表題の2つのサイトを見比べると泉某が約束しているような驚異的な高利回りとかネズミ講方式による勧誘報酬などについての説明は日本のビットクラブジャパンのサイトや動画にしか存在せず、本家のビットクラブネットワークのサイトには見つかりません。逆にビットクラブネットワークのFAQのページには以下のような記載さえあります。

Bit Club 収益率を保証しない.PNG
>一定の収益率をオファーしている会社を見つけたら、それこそポンジスキームである可能性が高いです。

これはビットクラブジャパンにまさに当てはまるとしか思えません。ビットクラブジャパンがビットクラブの名前やビジネスを語って単純なポンジースキーム(自転車操業)の投資詐欺をやっていることさえ疑われます。最先端ビジネスだから大儲け出来るといった説明を鵜呑みにするべきではありません。結論としてこの件への投資は全く推奨出来ません。
このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

ピアスに関する正しい知識講座 ...
さて、予備知識も蓄えた所で早速本題!ピアスを開けてみまし...
痛いの飛んでけ! ツラい口内炎...
ポイント自分の体験を元にしたノートなのである程度信憑性は...
ピアスに関する正しい知識講座 ...
さてさて。ピアスを開けて、何か理由があって塞がなければな...
本文はここまでです このページの先頭へ