ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

アルバイト道

ライターさん(最終更新日時:2017/4/1)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:56

印刷用のページを表示する

バイト道

2017年04月01日18:42 カテゴリ:哲学
地元では、私から見ると左翼も右翼も同じ様な物だから、私は嫌いだ。
しかし、地元では左翼、右翼、ソーカつまり「カルト」に入らなければ偉くなることは出来ず、結婚も出来ない暗黙の了解がある。
誠に馬鹿馬鹿しく、何とかして欲しいが、世の皆さま方は学歴社会と言うけども、実体はそれよりも遥かに悲惨である。

私の周りには余りにも学歴と、職場が釣り合わない人が多いのだが、やはりカルト出はないからと何となく分かる。
まあ、それらの如何様事業を担うのが父の仕事だろう。

故に私のような者は地元では、恐らく一生バイトであり、社会の底辺である。
しかし、ここを馬鹿にしないで欲しいのだが、私は選んでここに居る自覚はあるし、地元ではいくら偉くなり、お金をつぎ込んだとしても手に入らない「自由」があるのだ。
私は当初、それが欲しく偉くなりたいと欲したものだが、途中で何か違うなと感じた所もある。
よって、選んでここに居る自覚もある。

バイト道の骨子にあるものは、「純粋に仕事をこなす」と言う事に集約していると思う。
会社内でのつながりは、あくまでも「仕事を円滑に進める為」に留意し、余り他人には立ち入らないと言うか、まあ、人との付き合いにおいて真の「バイト」は、自分の事をしゃべらず、他人の話を聞くと言う事だと思う。
勘違いしないで欲しいのだが、真の「バイト」とは、仕事がうまくいった時が一番嬉しく思う時なのだ。
これは、皆さんプロのバイトの方も良く分かると思う。

自分が喋るより、他人の話を聞く方が、仕事とは円滑に行くものである。
お互いが、邪魔になりづらくなるからかもしれない。

後は、バイトとは「仕事その物に没頭し、充実感を得る」物だから、「金銭以外の事は、事業主に求めない」物なのだ。
ここまで書いてしまうと、私が本物のアルバイトであることがばれてしまうのではないか?とも思うが、この文体でこの様にバイトの事を書けると言う事だ。

話を戻すと、「充実感が得られるから事業主には金銭面以外の物を求めない」と言う事は、実は事業主の方にも楽チンでもあり、ソーカ、左翼、右翼、カルトの何の後押しのない社会の底辺にとっては、最高の処世術なのだ。
ある意味簡単に言って仕舞えば、何の後押しも持たないバイトがなるべく難癖をつけられなくして、仕事に没頭するための知恵なのだ。
また、後押しが無ければ偉くなることは無いと思うが、プロのバイトの処世術で仕事に没頭すれば「仕事を楽しむ」事が出来る職業だと思う。

「バイト」は。

でも、「バイト」は自由出はあるのだ。多分、他の職種に比べ。
それほど、他人の期待を気にしなくとも良いし、マネイジメントは事業主に任せ仕事に没頭すれば良いだけだから。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
本文はここまでです このページの先頭へ