ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

後天定位の考え方

ライターさん(最終更新日時:2017/4/5)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:36

印刷用のページを表示する


1.「後天定位盤」から《年盤》を見た時の相生や相剋についての解釈の仕方が解らなくて、もしさしつかえなければ教えていただけますか?

後天定位は五黄を中宮とした、年盤と同じ盤です

五黄中宮の盤が後天定位盤と思えば良い

この後天定位に例えば、南の一白を吉方位として使用した時

後天定位では南は九紫火星で五行では火です、そこに一白水星の五行の水を使う訳ですから

水剋火と相剋の関係になります

この場合は吉方位であるので使用は出来ますが、後天定位と相剋なので吉方位では有るが運が開ける為のプロセス(つまり、過程)に苦労が伴うと言うことです

場合によっては暗剣殺の様な問題が起きますが、しかし、吉方位であるので最終的には問題は解決します

それが、プロセスが苦労すると言う結果になります

ですから、方位を取る時に吉方位だから良いと考えるよりも、その方位を使って穏やかに過ごせるか?を考察しなければ成らないと思うからです。

荒波に耐えて船を出すよりも、穏やかな晴天で船を出す方が良いと考えるからですし、特に高齢の方なら尚更だと思います。

余計な心労が少ない状態で運勢が良く成る方が遥かに良いと考えますから・・・・




2.各人の運勢の吉凶の現れ方は、各人の本命星と月命星の両方から《年盤》と《月盤》の相生と相剋を見る…のでしょうか?

この考え方は本命を月命が相生する人は運が強いとか、本命を月命が剋す人は運が弱いと言う説です

しかし、運の吉凶は生まれ育った家相による物が一番影響が有ると言われています

それは、生れた育った家の月命の場所、例えば本命三碧戌で月命六白未の人なら

月命の六白(乾)が家相上で吉相、または家相上で力が有る家相で生まれ育った場合は運勢が強いのです、そして、月命の十二支の場所が吉相または家相上で力が強い家相の場合(この場合は未)は健康面で良いと言う状態です

運勢は良いとはまずは、健康で有る事が一番の条件です

健康であり運が強いと言う事が生まれ育った家相によると言う事です

もう一つは

運の総称としては

家相による物です、これは家相流年法とか家相連続鑑定法と言われる方法で

口伝で受け継がれていますので、本には出ていません

中宮した九星と個人の本命が介在した場所の家相上の吉凶で運勢を判断する方法です

この連続鑑定法で運が悪くなる事が最小限にする事が家相の改造などです


3.相性と相剋は、どこに一番ポイントをおいて見ればよいでしょうか?一番とかではなくて、全ての相生と相剋を考慮すべ
きなのでしょうか

方位を取る時

まず、本命、月命から相生が第一です

次に、その取った方位が後天定位と取った九星が相生なら開運するプロセスが順調と言う事です

吉方位だからとやたらと方位を取らないのはこの理由からです

運勢が悪い時に運勢を良くしたいと言うので有れば、吉方位でも相生する方位を使う方が良いですが、緊急を要する場合や家を直す時に一時転居をする場合などは相剋(後天定位と)する方位に転居しても良いでしょう

そうしないと、折角の転居出来るタイミングを逃してしまうからです

要は、転居の緊急性などで判断すると言う事です


4.具体的には、一番最近の2010年12月の引っ越しが北で《年盤》が四緑木星・《月盤》が六白金星だったんです。

この場合…「後天定位盤」の北は一白水星で、「後天定位盤」の一白水星から《年盤》の四緑木星を見ると、水は木を育てるため「退気」の吉の相生のようなんです。


2010年は八白中宮ですから北は四緑ですね

一白の水と四緑の木は相生の関係なのでこれは良いですね

 

※次に《年盤》の四緑木星から見た《月盤》の六白金星は、木が金にバッサリ斬り倒されるため「殺気」

年盤と月盤の相剋、相生は言いません

それは、年盤は年盤の九星を吉方位として使用出来るか?

そして、月盤は月盤として吉方位として使えるのか?を判断しますから

あくまでも後天定位との使った九星の五行の関係の話ですから

要は、後天定位の五行と使った九星の五行との相性(相生・相剋)は開運するまでの期間に伴う苦労の度合いの差が有ると言う事です

ですから、この場合は月盤北の六白は後天定位一白とは相生関係なので良いと判断します

 

※さらに父個人の本命星(一白水星)から《年盤》の四緑木星を見ると、水は木を育てるため「退気」の吉のようですが、月命星(八白土星)から《年盤》の四緑木星を見ると「殺気」…のような見方でよいのでしょうか?

年盤は本命の吉方位で看て良いですが

この時に年盤で北四緑は本命が一白の人からは吉ですし、後天定位一白とも四緑は相生関係ですから良いですね

年盤は月命殺や月命的殺などの大凶で無ければ大丈夫ですが

一番望ましい転居の場合は

本命と月命の共通する五行の九星を使う事です

本命一白、月命八白なら共通の星としては考えるなら、六白、七赤です

北の七赤が一番良い条件です

北の六白は暗剣殺になりますから、これは使えません

※月命星(八白土星)から《年盤》の四緑木星を見ると「殺気」…のような見方でよいのでしょうか?

年盤はその人の年齢によるのと、その転居の条件によって考え方が異なりますが

年盤は高齢者なら本命からの吉方位で良いです

月命殺や月命的殺などは出にくいですが、出来たら月命殺や月命的殺は無い方が良いです

重要なのは、その時の緊急性などで判断した、ケースバイケースです

 


5.例えば、「後天定位盤」から見て《年盤》は退気」・「《年盤》から見て《月盤》は殺気」・「本命星の退気」と「月命星の殺気」これらをどんな風に解釈したら
よいでしょうか?


後天定位と使った九星の五行が相剋なら運勢が開花するまでのプロセスが順調でなく、苦労が伴った開運と言う事です

つまりは、開業等の時です

吉方位だから、方位を看て開業しました、しかし、使った方位が北の八白だとします

当人からは八白が吉方位だった時に

お店がオープンしてから順調にお店が流行るまでの間が自分が思った以上に苦労してしまうとかです

月盤の場合は殺気や死気の場合は人に踏み付けられる悪さ、孤立したりします

ですから、死気や殺気と言うのは使わない事です

特に月盤は顕著に出ますから、止める事ですし人には勧めては行けません


※過去の回答を拝見したところ、結果的には良い運勢(○)、ですが運勢が良くなる為のプロセスが大変だとか、努力が必要、のような意味…?と考えたのですが、相生と相剋の何処にポイントを置いて何を優先したらよいのか解らなくて…

方位を取る時に

所謂その方位の作用に値打ちが有るか?と言う事です

お金を稼ぐにも、血反吐を吐いて稼ぐのと、楽しんで稼ぐのはどちらが良いか?と言う事です

それが、私からしたら楽して稼げる方がお値打ちが有ると思いますし

あと、方位の効果が早く出る方が良い(お値打ちがある)と思うからです

方位の効果とは、その人の置かれている環境がまず有ります

そして、性別

次に職業です

それによってどの方位がより良い状態を与えるのか?または、その人にとってより良い生活なり、環境なりが改善・効果が出るのか?を考えます

それには、上記の環境、仕事、性別です

年齢も有りますが

そう言った条件を良く看て方位を考えてあげるのが一番その人に肌で感じる変化が与えてあげる事が出来ると思うからです。



このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

norikaeannaiさん

2017年度は企業の推命の研究をする予定です 師が他界して...[続きを見る]

その他の知恵ノート(10件)
四柱の魁罡について
吉方位で転居しても良く成らない
家相と社相の中心の求め方
占いについて
負の連鎖を断ち切ろう

ピックアップ

耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
本文はここまでです このページの先頭へ