ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

反り腰の治し方

ライターさん(最終更新日時:2017/4/10)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:71

印刷用のページを表示する

反り腰の治し方
腹筋を鍛える。船のポーズ

1.膝を曲げて、体育座りの姿勢でおしり(2つの座骨を意識します)に重心をおきます。


2.息を吸って、ゆっくり足を床からはなし、床と並行な位置まで足を持ち上げていきます。


3.腰は、手前に引き背筋を伸ばして胸を開きます。背中がまるくならないよう意識してください。


4.手を前に伸ばして足と同じ方向にのばします。


5.腹筋に力をいれて状態をおこし、背中を丸めないようにして、目線は指先、アゴは少し引きます。


6.1~5秒ぐらいその状態でキープして、身体をゆるめる事を繰り返します。



大殿筋(おしり)の筋肉を鍛える

1.うつ伏せになり、おなかの下にクッションなどをいれます。


2.膝をまげて左右どちらか一方のおしりの力だけを使って、足を腿全体から真上に上げます。


3.上げたまま1~5秒くらいキープし、左右同じように、繰り返します。



骨盤のゆがみを調整する。(がっせきのポーズ)

1.体育座りになり、左右の両膝を外側に倒します。


2.両足の足裏同士を合わせ、合わせた両足を両手で包み込むようにします。


3.そのまま身体の前方へ引き寄せていきます。


4.おしりの2つの座骨で、床を体重を押し付けながら背骨を引き上げます。


5.膝の内側をのばしたら、息を吸って、背筋を伸ばし股関節から身体を前方に倒します。


6.1~5秒キープしてから身体をゆるめます。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
これが基本! 金魚すくいの金魚...
これが基本!金魚すくいの金魚の飼い方、育て方 ~失敗しない...
本文はここまでです このページの先頭へ