ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

弁護士相談の裏技

ライターさん(最終更新日時:2017/4/25)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:24

印刷用のページを表示する

弁護士に相談することは色々有ると思います。

私も労働審判で利用していますが、

重要ポイントを抑えておきますね。

1.田舎よりも裁判所、検察庁が集中している弁護士事務所を探す事

 2.大学の講師、都道府県の委員会などの弁護士とは別の資格を持つ弁護士。

3.高裁、最高裁の支部若しくは本部に集中している弁護士に頼む事。

理由は分かりませんが、労働審判の際に弁護士に相談していると
この様な結果となりました。

弁護士事務所と言っても経験を積んでいても上記の通り
ある程度の実績を持っていると相談しやすい。
しかし、実績のある弁護士は労働紛争では
企業と契約をしていることが多い為難しい事も理解ください。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

hirotobi23さん男性

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
厄年について——意外と知られて...
厄年とは何か厄年とは文字どおり災厄に遭いやすいといわれる...
本文はここまでです このページの先頭へ