ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

視線が気になる方・視線恐怖症の方へ ~克服のための方法、基本的な考え方のご紹介~

ライターさん(最終更新日時:2017/5/27)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:169

印刷用のページを表示する

ご覧いただき、誠にありがとうございます。心より感謝申し上げます。
この度は、ぜひ皆様のお役にたちたい、ぜひ皆様が幸せな人生をお送りになる手助けをさせていただきたいと思い、本知恵ノートを作成させていただきました。

まずは、どうかご自分をお責めにならないでくださいね。
大丈夫です。必ず近い将来、他者の視線が気にならなくなる時が来ると思います。

本知恵ノートでは、少しでも皆様のお役に立てますよう、他者の視線が気にならなくなるための基本的な考え方をご紹介します。
本知恵ノートをお読みになられました後、皆様のお気持ちが少しでも軽くなりましたらそのことが何よりも嬉しいです。
そして、この知恵ノートを通して、皆様が幸せな人生をお送りになる手助けができましたら、この上ない喜びです。

では早速、他者の視線が気にならなくなるための基本的な考え方を5つお伝えさせていただきます。

〈他者の視線が気にならなくなるための基本的な考え方〉
a. 皆、外出時・登校時、自らの目的を達成するために行動しています。他者のことなど全く気にしていないです。
他者を観察するために外出する・登校するという人はいませんので、どうか他者の視線などお気になさらないでくださいね。

実際、外出する理由は、仕事に行く・買い物に行くといった目的を達成するためですよね。
また、学校に登校する理由も、授業を受ける・友達や恋人と話す・部活をやるという目的を達成するためですよね。
他者を観察するために外出する・登校するという人はいません。
外出や登校をするのは、自らの目的を達成するためであり、他者のことは全く気にしていないのです。
ですので他者の視線など気にせず、ご自分のやりたいことをなさっていってくださいね。


b. 人間は忘れる動物です。見ず知らずの他者は皆様がどこで何をやっていたかなど一週間もすれば全く覚えていないです。
ですので、どうか他者の視線などお気になさらないでくださいね。

たとえば、皆様は一週間前に見ず知らずの他人がどこで何をやっていたか覚えていますか?
皆、全く覚えていません。
人間は忘れる動物ですので、皆様がどこで何をやっていたかなど他者は全く覚えていないのです。
ですので、どうか他者の視線など気にせず、やりたいことをおやりになってくださいね。


c. 外出するときに、目が合うのは自然なことです。なぜならば
・前を見て歩かないとぶつかってしまうから
・もう一つ付け加えるならば、知り合いかどうかを見極めようとする意志も少しあるから
です。
したがって目が合ったからと言って、皆様の事を気にしているというわけでは決してございません。
しかも、皆目が合ったことなどすぐに忘れます。
ですので、どうか視線を気にせず生活していってくださいね。

実際、外を歩いていると誰かと目が合うときがたまにありますよね。
そして、それは自然なことなのです。どうか、あまりお気になさらないでくださいね。
なぜなら、前を見て歩かないとぶつかってしまいますので、前方を確認する際に他者の存在や他者の視線が目に入るのは当然ですよね。
また、すれ違った人が知り合いかどうか確認しようという意志も少し働いていると思います。

さらに先程も述べましたように、人は忘れる動物です。目が合ったことなどすぐに忘れますので、どうか他者の視線などお気になさらないでくださいね。


d. 他者からの視線を受けたとき、もしくは他者と目が合ったときにお感じになる恐怖は、「想像」でございます。
そのような「想像」ではなく、恐れることはない・気にすることはないという「事実」に着眼なさり、恐怖感を取り除いていってくださいね。

たとえば、他者からの視線を受けたり他者と目があったりしたときに「自分の事を悪く思っているのではないだろうか」という恐怖をお感じになったといたしましょう。
しかし、そのような恐怖は「想像」でございます。どうかご安心なさってくださいね。

先程も述べましたように、実際には他者は皆様の事を全く気にしておりません。これが「事実」でございます。
ぶつからないように前方を確認して歩く際、たまたま皆様のことが視界に入ったり目が合ったりするだけなのです。

ですからどうか、自分の事を悪く思っているのではないだろうかという「想像」ではなく、他者は皆様の事をまったく気にしていないという「事実」を強く認識なさってくださいね。
そうすればきっと、皆様の恐怖感が徐々に和らいでいくと思います。
皆様のお気持ちが少しでも軽くなりますよう、心から祈っております。


e. 皆様も周りの人と同じく人間です。ですから、周りの人が気にせずとも普通に生活できていることは、皆様も気にせずとも普通に生活できるのですよ。
したがいましてどうかご安心なさり、周りの人と同様に他者の視線など気にせず生活なさってくださいね。

まずは、どうかご自分をお責めにならないでくださいね。
皆様も、周りの人と同じく人間なのです。ですので、周りの人が気にせずに普通に生活できていることは、皆様も気にせずに普通に生活できますからね。
周りの人と同様に皆様も視線を気にせず、皆様だけ不利益を被るということは一切ございません。
皆様も周りの人と同じく人間ですから、周りの人と同様に視線を気にせずとも、周りの人と同様に普通に生活できますからね。
ですのでどうかご安心なさり、他者の視線など気にせず生活なさっていってくださいね。


最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

皆様のお気持ちが少しでも軽くなっておりますよう、皆様が他者の視線など気にしなくて良いんだと思っていただけておりますよう、心から、心から祈っております。

そして本知恵ノートが、皆様が幸せな人生をお送りになる手助けとなっておりましたら、その事が何よりも嬉しいです。
皆様のご多幸を、心より、心よりお祈り申し上げます。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-2

ピックアップ

Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
ゲーム実況動画(プレイ動画)...
 「実況動画(実況プレイ動画)」と銘打った知恵ノートですが...
iPod入門: 新しいパソコンに i...
iTunesの移転方法はいろいろありますが、簡単に出来る方法を...
本文はここまでです このページの先頭へ