ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

「交通事故専門の行政書士」に関するよくある質問~その3

ライターさん(最終更新日時:2017/8/14)投稿日:

  • ナイス!:

    1

  • 閲覧数:176

印刷用のページを表示する

Q1.
ある「交通事故専門の行政書士」が自身のホームページで、「Yahoo!知恵袋で300以上のベストアンサーを頂きました」と自己紹介しています。やっぱり、「交通事故専門の行政書士」ってスゴいんですね。

A1.
知恵袋のベストアンサーなんて、本当に役に立つものは一握りでしかありません。
行書先生が獲得したBAにしても情報弱者や反知性主義者である質問者が、自身に都合のいい回答を選んだり、法律家(!)である行政書士の言うことだから…と、何も考えずに選んだものが数多く含まれているはずです。
また、組織票や他IDを使用して他のIPアドレスから投票を行うなどの「投票操作」や、他の捨てIDで質問を行って自身の回答をBAに選ぶ「自作自演」によるBA獲得も可能なわけです。
決して正しい回答や役に立つ回答が選ばれるわけではないのが、知恵袋のBAなのです。
また、単にBA数を誇るなら、何万というBAを獲得している知恵袋依存症患者のようなカテマス連中が存在するわけですから、300件程度のBAでは、この行書先生の知恵袋依存度自慢にすらならないわけです。


Q2.
「交通事故専門の行政書士」は、あなたのことを目の敵にしているそうですが、なぜあなたのことを目の敵にするのでしょうか?

A2.
それは私が常々、連中のケツ持ちをしている損保業界の「本音」の部分に触れる回答や知恵ノートを投稿しているからです。
「交通事故専門の行政書士」を交通事故被害者の味方と勘違いしている情報弱者である知恵袋利用者は数多く存在しますが、私がこれまで回答や知恵ノートで触れているように、実際には、連中は損保業界の下請としての事故調査業者上がりであったり、損保代理店を兼営しているなど、損保業界とズブズブの関係なのです。
保険会社はボランティア団体ではなく営利企業ですから、企業利益の追求のためには、少しでも保険金の支払いを抑制する必要があります。
その方法の一つが、交通事故被害者に労災保険や健康保険を使用してもらうことなのです。
医療費がどのように決まるのかと言えば、一定の医療行為ごとに点数が定められており、この点数に単価を掛けて決定します。
交通事故被害者が直接自動車保険を使用した場合、自由診療点数が適用され、保険会社は病院から診療点数1点あたり20円以上を請求されることになります。
一方、交通事故被害者が労災保険や健康保険を使用してくれれば、それぞれ、診療点数1点あたり12円及び10円を労災保険や健康保険から請求されるだけで済み、保険会社は大助かりとなるのです。(もちろん、被害者自身にも過失がある場合は、自動車保険より労災保険や健康保険を優先使用すべきなのですが)
したがって、交通事故において被害者が労災保険や健康保険を使用した場合、被害者は加害者側の保険会社に恩を売る形になるのですが、このカラクリが被害者側に分かってしまうと、示談交渉の際に「ねえ担当者さん、保険金支払抑制に協力したんだから慰謝料にイロつけてくださいよ。」となってしまうわけですから、損保業界の忠犬ポチ公である手合どもにとっては由々しき問題です。
特に私を目の敵にしているjikochousa大先生のケツ持ちをしていると思しき某損保会社は、交通事故被害者に対する保険金支払をビタ一文すら値切りたいという体質のようで、保険金不払が原因で、金融庁から「業務停止命令」を受けたほどの我利我利亡者の集団ですから、自動車保険のカラクリを知恵袋で大っぴらにしてしまう私を目の敵にするのは当然のことなのです(笑)。


Q3.
「交通事故専門の行政書士」たちのホームページや知恵袋における回答を見ていると、医証分析や画像所見といった言葉が出てきますが、彼らは卓越した医学的知識を持ち合わせているのでしょうか?

A3.
彼らの殆どは、医師免許を持っているわけでも医学博士号を持っているわけでもありません。
したがって、連中の医学的知識は、医療ドラマやお笑い芸人たちが出演している医療情報番組を視て、医療評論家気取りになっている年寄りたちと然程変わらないとみて差し支えないでしょう。
小難しい専門用語で小賢しい知識をひけらかしたところで、所詮お医者さんごっこは、どこまで行ってもお医者さんごっこでしかありません。


Q4.
それなら、弁護士にも同じことが言えるのではないですか?

A4.
一流大学法学部出身者ですら、おいそれとは突破できず、法律家の資質を判別するための司法試験に合格した人間と、中卒ヤンキーでも、ちょっと頑張れば合格できる、代書屋としての資質を問われるだけでしかない行政書士試験に受かっただけで、法律家を僭称する痛い輩どもを同一視すること自体がナンセンスというものです。


Q5.弁護士にとって交通事故専門の行政書士は、弁護士の職域を食い荒らすトンでもない輩であるはずなのに、弁護士の中には交通事故専門の行政書士と提携している者もいると聞きます。一体どういうことなのでしょうか?

A5.
まあ言わば、時代劇に出てくる越後屋や上州屋といった悪徳商人の用心棒をしている素浪人みたいなもので、「非弁提携弁護士」と呼ばれています。
最近は、マスコミなどでも報じられているとおり、弁護士余りの状態となって、弁護士が「就職難」の状況となっています。
そこで、仕事からアブれた弁護士の中には、素浪人が武士のプライドをかなぐり捨てて悪徳商人の用心棒になるように、弁護士のプライドをかなぐり捨てて示談屋や事件屋といった手合ども(=暴力団や似非NPOや交通事故専門の行政書士など)から仕事を紹介してもらったり名義貸しをしたりする者が出てくるのです。
このような行為は弁護士法第27条で禁止されているのですが、悲しいかな、カネのためなら悪魔ならぬ代書屋に魂を売る弁護士が後を絶たないのです。


Q6.
知恵袋における行政書士の回答を読んでいると、質問者さんの質問文を読んだだけなのに、「その医者の診断は間違っています。」とか「その医者はヤブです。」といった回答をしています。一体、何を根拠にそのようなことを言っているのでしょうか?

A6.
さあ、私にもさっぱりわかりません。
患部やレントゲン写真を見も触りもしないで、何を根拠にそのような主張をするのか理解に苦しむところです。
でも、世の中には科学で解明できない様々な事柄があるようですから、連中は「千里眼」などの超能力を持っているのかもしれません。
ただ、超能力を持っているのなら、それを交通事故撲滅のために活かした方がよっぽど世の中のためになると思ってしまうのは私だけでしょうか?(笑)


Q7.
「ブラック・ジャック」という有名なマンガがあります。主人公のブラック・ジャックは無免許医でありながら、医師免許を所持している正規の医者よりも優れた外科手術の技術を持っています。マンガと現実を混同してはいけないとはいえ、法律の世界においても、正規の弁護士よりも無免許弁護士である「交通事故専門の行政書士」が、優れた問題解決能力を持っている可能性はないでしょうか?

A7.
無免許医であるブラック・ジャックと、無免許弁護士である「交通事故専門の行政書士」には、根本的な違いが存在します。
ブラック・ジャックは無免許とはいえ、大学の医学部で医師としての正規の教育を受け、剰え大学病院の医局に所属すらしていた過去が作中で語られています。
一方、「交通事故専門の行政書士」に目を転じてみると、連中はただ行政書士試験という、ちょっと頑張れば誰でも合格できる試験に合格しただけであって、司法試験に合格して司法修習を受けたわけでも、ましてやそのうえで弁護士として活動した経験があるわけでもありません。
そのような経緯で弁護士登録を返上して、「交通事故専門の行政書士」なった者など寡聞にして存じ上げません。
医師としての正規の教育を受け、正規の医師としての活動経験のあるブラック・ジャックと、法律家としての正規の教育を受けた経験や、正規の弁護士としての活動経験のない「交通事故専門の行政書士」との根本的な違いがお分かりいただけたかと存じます。


Q8.
最近の知恵袋で、ある「交通事故専門の行政書士」が、投票に流れる寸前の質問に回答しているのですが、どういうわけか、その回答の殆どが「この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!」の形でBAに選ばれています。他に優れた回答をしている方がいらっしゃるのに、何故この「交通事故専門の行政書士」ばかりがBAに選ばれているのでしょうか?

A8.
所謂「投票操作」を行っているとみて間違いはないでしょう。
自身の回答に対して投票できないことはご存知のことと思われます。
しかし、それはあくまでも同じIDにおいてのことでしかありません。
Yahoo!IDは無数に取得することが可能です。
それらのIDを使用すれば、ネカフェ、会社、学校などの別IPアドレスのパソコンから、自身の回答に投票することが可能となるのです。
知恵袋にはこの方法を用いて、他の回答者さんが正しい回答をしているにもかかわらず、質問者さんがBAに選ばず投票に流そうとしているのをいいことに、「かぶせ回答」でBAを強奪し、BA獲得数やBA率を誇ろうとする「BA乞食」と呼ばれる知恵袋依存症患者が後を絶ちません。
その行書大先生も、この「投票操作」によって他の回答者さんたちからBAを強奪しているのでしょう。(尤も、BA獲得目的は知恵袋依存症患者とは異なり、自身の宣伝が目的なのでしょうが)
大先生本人のみならず、所員(子分?)や同業者も協力しているのかもしれません。
知恵袋のシステムを改善すれば、別IDを使用した別IPからの投票操作を防止できるはずなのですが、投票操作でBAを強奪している知恵袋依存症患者や行書大先生などは、Yahoo!にとっては知恵袋の大事な「お客様」ですから、Yahoo!に投票操作の防止を期待することは絶望的と言わざるを得ないでしょう。
それにしても、行書大先生が回答をしているのが、よい子たちが寝静まった深夜1時過ぎというのが恐れ入ります(笑)。
私はかつて他の知恵ノートで、「交通事故専門の行政書士」たちのことを「日陰でしか生きることのできない生き物」と表現したことがありますが、この「交通事故専門の行政書士」は、身をもってこの事実を証明しているようです。



Q9.
それでも私は「交通事故専門の行政書士」になりたいです。どうすればなれますか?

A9.
あなたの辞書から「恥」とか「分相応」などという言葉を消し去ってください。


このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:2-3

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ