ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

株式会社建国ファンドで教育資金の準備をしよう

ライターさん(最終更新日時:2017/6/1)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:5

印刷用のページを表示する

結婚を機に子供について考える人も多いでしょう。
子供を育てるためには、思ったよりも多くの資金が必要となります。
そこで今回は、教育資金がどれだけ必要であるのかという疑問と共に、効率的な教育資金の貯め方を紹介していきます。


■教育資金を知ろう


まずは、教育資金がどれくらい必要なのかを見ていきましょう。
教育資金は、子供の進学コースによって大きく異なることになります。


例えば、小学校の1年間の平均額は

・公立…約32万円
・私立…約154万円


中学校だと
・公立…約48万円
・私立…約134万円


高校は
・公立…約41万円
・私立…約100万円


となっています。
ずっと公立で進んでいけば、家計からでも捻出できる範囲となりますが、教育費は学校費用だけではありません。
そろばん、習字、スイミング、野球などのお稽古事も教育費の一部となります。
将来のために様々なことを知ってもらいたいと考えているのであれば、教育費用は多めに用意する方が良いでしょう。


そして、なによりも1番費用がかかるのが「大学」です。
国公立であると入学金を含めた費用が4年間で約250万となっています。
私立の場合は学部によって異なるのですが、平成26年度文部科学省の調査によると、


・文系…約417万円
・理系…約578万円
・芸術系…約634万円
・医歯系…約3254万円(6年間)


となっています。

思ったよりも必要であると考える人は多いでしょう。
また、高校からは通学費も必要になります。
大学では自宅から通うのか、自宅を離れて通うのかでも違ってくるので、大学の入学までには膨大な資金を貯めておかなければいけません。


■目標金額を決めよう


教育資金を貯めていこうと考えた時には、まず目標金額を決めましょう。
そして、高校までは家計から捻出すると考えて、大学資金を貯めるようにすると良いでしょう。
大学の入学までに15年以上あるのであれば、500万円を目標にすると大学に通う費用が賄えることになります。
貯金をしていける期間が10年未満であれば、大体300万円前後を貯金できると大学に入学しても余裕が生まれます。
子供が中学生までは児童手当ももらえるので、そのことを配慮した計画をすると貯めていきやすいでしょう。


■株式会社建国ファンドで教育資金を準備しよう


投資信託によって、教育資金を確保する方法もあります。
投資となるので躊躇する人もいるでしょう。
ですが、投資信託は長期投資となるので利益を得やすい投資のひとつです。
株式会社建国ファンドは、コンピューターによる市場の監視で感情による失敗がありません。
24時間常に監視しているのでシステムには定評があります。
教育資金の準備で悩んでいる方は投資信託にも目を向けてみましょう。

このノートのライターが設定した関連知恵ノート

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
Android向けアプリ Yahoo!ブラ...
基本的な使い方(メニュー・操作)便利な使い方オススメの使...
本文はここまでです このページの先頭へ