ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

本当に少額から投資信託を始めて大丈夫?

ライターさん(最終更新日時:2017/6/19)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:34

印刷用のページを表示する


1. 投資信託なら株式会社建国ファンド→2. 株式会社建国ファンドで定年後も安心→3. 株式会社建国ファンドからスタートしよう!→4. 投資の種類をご紹介→5. 株式会社建国ファンドで早くから老後に向けた資産管理→6. 株式会社建国ファンドで記入聴きに備えた資産運用を→7.増加中の個人投資家のメリットとデメリットとは→8. 株式会社建国ファンドでの投資信託をと積み立て投資→9. ライフプランに合わせた投資とは?→10. 株式会社建国ファンドでゆとりある老後生活を!→11. 貯金と投資はどちらが貯まる?→12. リターントリスクについて→13. アベノミクス効果は本当にあった?→14. 分散投資のメリット!→15. 損しない銘柄選び→16. 案安・円高は投資に関係ある?→17. 自分に合った証券口座の探し方→18. 【株式会社建国ファンド】株価の言動で利益、損が決まってくる→19. 投資信託を選ぶポイントと株式会社建国ファンド→20. どう選ぶ?証券会社と選択する時のポイント→21. 信託報酬の基礎知識を身につけて、株式会社建国ファンドを活用しよう!→22. ファンド・オブ・ファンズとは…?→23. 投資でデフレ・インフレに立ち向かおう!→24. ~株式会社建国ファンド~定年後の夢を投資信託で叶えよう!→25. 投資信託の管理方法→26.世界債権型投資とは?→27.REITとは?→28.ふるさと納税とは?一体どんなメリットがある?→29.個人型確定拠出年金とはどんなサービス?→30.ジュニアNISAと成人版NISAの違いは何?→31.ドルコスト平均法で積み立て投資を行うメリットは?→32.ローリスクからハイリスクまで、投資信託の種類はさまざま→33.投資信託の2大コストとは?(販売手数料・信託報酬)→34.株式会社建国ファンドで投資を始めよう!アクティブ・インデックスファンド、2つの違いとは→35.信託財産保留額と保管費用とは?→36.生命保険は投資になるの?→37.ノーロード投資信託のメリット→38.売れているファンドは良いファンド?→39.投資信託のリバランスはどうするのが正解?→40.投資信託で100万円貯められるのか?→41.NISAはバランスファンドと相性が良い?→42.毎月分配型投資は非効率?→43.ドルコスト平均法とは?→44.公社債投信と株式投信ではどちらが良い?→45.REITの問題点→46.シャープレシオとは?→47.【続きです】



世の中にはさまざまな投資商品が溢れており、どんな商品を購入して、どんな投資方法を選択すればよいのかという事が見えにくくなっています。
投資家の性交話に釣られて投資を始めてみよう!と思う方もいらっしゃいますが、誰でも始めれば簡単にお金が貯まっていくような話ではありません。
安易に手を出してしまったため、取り返しのつかないケースに発展することもあるのです。
今回の記事では、投資初心者がゼロの状態から初めても、しっかりと資産を運用できるような方法を紹介したいと思います。


■少額投資のメリット


投資を始めてみたいけれど,投資を行うにはある程度のまとまった資金がないと難しいと思っている人が大勢いると思います。
しかし投資信託であれば1口1万円程度から投資を始められますし、運用も自分で管理せずとも良いというメリットがあります。
運用会社はある程度のお金が貯まったらA社へ、またある程度の資金が貯まったらB社へ…とういう運用の仕組みになっているため、少額投資は投資ビギナーが投資信託を始めるのにコストが少なくて良いということと、1銘柄で複数の投資先を持てるというメリットを持っているのです。
また日本国内にい場がら外国の投資信託も購入することが可能です。
様々な銘柄を持つことでリスク分散にもなりますし、損を被る確率が少なくなります。


■本当に少額投資から初めて大丈夫?


むしろ投資ビギナーは少額の投資信託から始めましょう。
投資を始めたばかりの頃はまだ右も左もわからないことだらけで運用に迷いが生じてしまいます。
そんな状態で大きな賭けに出たとしても成功する可能性は非常に低いです。
ですから、投資ビギナーの内は運用のコツをつかむためにも少額の投資信託から初めて見るのが良いでしょう。
運用会社は資産運用のプロに委託して運用の指揮を執って貰っています。
プロに運用を任せられる安心感と運用にかける時間を短縮できるというメリットがあります。
専門家に運用を任せておけば投資信託は非常に安全な商品ですので、誰でもコンスタントに投資を続けて行けるのです。


また投資信託で多少のリスクは許容出来るので、高いリターンが欲しいというニーズが高まっています。
そういた方は株式会社建国ファンドへ申し込むと良いでしょう。
株式会社建国ファンドは1口の募集が多い変わりに非常に大きなリターンを見込められるユニバーサルファンドです。
将来の資産形成のためにもこのファンドを利用すると良いでしょう。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

ピアスに関する正しい知識講座 ...
さて、予備知識も蓄えた所で早速本題!ピアスを開けてみまし...
iPod入門: 新しいパソコンに i...
iTunesの移転方法はいろいろありますが、簡単に出来る方法を...
大学生必見!年収・生涯賃金の...
大学生の時、何を基準に就職したい会社を決めるかは難題です...
本文はここまでです このページの先頭へ