ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

FXは何故危険なのか

ライターさん(最終更新日時:2017/6/19)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:50

印刷用のページを表示する

FXは初心者でも下準備さえしっかり行っておけば簡単に始められる取引です。
FXの投資にはたくさんの取引スタイルがあり、工夫次第で短期間の間に大きな利益を取得できる資産運用です。
しかし「FXは危ない」「危険性が高い」といわれる原因は一体何なのでしょうか?


■FXは危険であるといわれる理由

比較的、上の年齢の方はFXは危ないからやめておいた方がよいと声を荒げますが、これは日本のバブル崩壊を経験した人が放つ言葉のようです。
当時は、銀行の破綻、会社が倒産する、投資話にうまく騙されたなどの話をよく耳にしていたからでしょう。
FXの危険性を発する人の多くは基本的な知識を得ずに、株取引や為替取引のFXと同じような投資であるか考えています。
しかし、FXのリスクと株のリスクは全く異なるものです。
取引の場合は、業績が好調に向かっている企業を探して株を購入することになりますが、もしも予想が外れてしまえば株の価値は当然なくなってしまうでしょう。
それに対してFXの場合は、取引対象は企業ではなく通貨であるため国家存亡の可能性がない限り価値がゼロになることはありません。
こうした違いがあるため、FXの場合はどんなに会社が倒産しようと国が存続している限りは投資資産が増える可能性を持っているのです。


■高いレバレッジを熟知していれば問題ない

FXは株に比べると低リスクになりますが、レバレッジをかけた証拠金取引でFXの危険性はぐんととび上がってしまいます。
レバレッジとは、少額資金を担保に多額の借り資金で為替の売買を可能にできるシステムですが、最大で投資資金の25倍までの取引が日本のFXでは可能になります。
レバレッジ制度は少額の資金でも多額の取引を実現できるため、トレーダーがマーケット市場に合った時の破壊力は想像以上で、数十万円からのトレードが数ヶ月後に数億円まで膨れ上がったという例もあります。
このように高いレバレッジは資産を何十倍にもする効力があるため、相場観から外れてしまった場合は資産の損失も大きなものになってしまうでしょう。
FXは、通常レバレッジ制度をかけずに取引すると、資産に対するリスクは銀行での預金並みと同等のものになります。
銀行よりもリスクは小さく手数料が安いという特徴もあります。
ですから、高いレバレッジという危険性をよく理解した上で付き合っていくのであれば、身近でFXを楽しんでみてもよいということがわかります。
最初は1000通貨単位で始めて、将来的に自由自在に取引するのも重要なポイントではないでしょうか。


このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
知っておきたい無線LANルーター...
知っておきたい無線LANルーターの知識と選び方iPod touchやPS...
iTunesカードの基礎知識
はじめにiTunesStoreやAppStoreの決済には通常クレジットカー...
本文はここまでです このページの先頭へ