ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

一度は飲みたい!著名なシャンパン銘柄とは

ライターさん(最終更新日時:2017/8/23)投稿日:

  • ナイス!:

    0

  • 閲覧数:7

印刷用のページを表示する

 一度は飲みたい高級シャンパン

 bubbler-1496228_640.jpg
一度は体験してみたいのが、高級なシャンパンを
シャンパングラスに入れて優雅に呑むというラグジュアリー感を出したたしなみだ

近年は、著名なホテルでもアフタヌーンティー等のプランがあり、
その一番最初に「ウェルカムシャンパン」としてシャンパンを楽しむプランが登場している。

また、東京都の銀座の某ワインバーでは
グラスでシャンパンを楽しむ、気軽なシャンパンな楽しみ方を「ちょいシャン」を提供するお店が出てきている。
シャンパンは高級感があり、日常から少し離れた優雅なものとして益々裾野を広げてきている。


さて、いざという時に我々がぜひとも手に取りたいシャンパンとはどのようなものだろうか??


 ジャック・セロス

シャンパーニュ界隈の新生として登場し、いまやすっかり名声を得た生産者。
通常、シャンパンというと原料となるブドウを多くの栽培家(農家)から購入し、
それらを加工し瓶詰めするというスタイルが多くありますが、
ジャックセロスはいわゆる「自社栽培・自社瓶詰」のスタイル。


ワイン漫画の「神の雫」でもこのワインが作中12本しか選ばれなかった「使徒」と呼ばれる偉大なワインに選出。
ごく少量生産を行う、高品質な生産者として知られています。


 テタンジェ・コント・ド・シャンパーニュ

 db771501-s.jpg
シャンパーニュの老舗であるテタンジェ社が手掛ける旗艦商品。
コント・ド・シャンパーニュはシャンパーニュ公爵という意味に由来します。
恵まれた特別な収穫年にしか生産されないうえに、生産量が非常に限られている1本。

リッチさとフレッシュさが混在した見事な味わい。
味わいは、ビスケットのような香ばしい焼いたイメージの香りが鼻を抜け、マカデミアナッツのようなナッツの要素が主体としてあります。
バニラアイスのような香りもあり、香ばしく甘いナッツ入りのお菓子のような印象があります。

これとは別に、燻製的なハムのような香りもあり総じて料理のようなイメージがパッパッと現れます。
泡は穏やかではあるもののきめ細やかさがあり、粒が立っている印象があります。香りの複雑みと合わせて一体感を感じます。

それらの要素は一つ一つがハッキリしているものの、いたずらに主張的ではなく、風になびくレースのようにやわらかです。上品でふわりとしたイメージが湧く素晴らしいシャンパーニュです。


まさにお手本として描いたようなシャンパンの味わいが楽しめます。


  クリュッグ

シャンパンの名門であり、シャンパンの帝王といっても過言でない生産者。
至高のシャンパンといわれるクリュッグ。

年間生産量は「帝王」と呼ばれるほどの知名度がありながらもわずか年産4万ケースほど。
すべて小さな樽により熟成され、その味わいを表現するのに6年以上の歳月を経てリリースされるとされています。

憧れのワインとしていつかは触れたい1本のひとつです。





※この記事は当方で記載した以下の内容を知恵ノート向けにリライトしました。そのため、表現などが重複している部分がありますがご了承ください。また、不足部分は随時追記いたします。

このノートに関するQ&A

このノートに関するQ&Aは、まだありません。

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

kozewineさん

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
自宅のWifiのパスワードを知る...
iPod touch、Android、iPhone等のスマートホン、音楽プレイヤ...
痛いの飛んでけ! ツラい口内炎...
ポイント自分の体験を元にしたノートなのである程度信憑性は...
本文はここまでです このページの先頭へ