ここから本文です

この知恵ノートを「知恵コレクション」に追加しました。

追加した知恵ノートはMy知恵袋の「知恵コレクション」ページで確認できます。

知恵コレクション」に登録済みです。

再登録しました。

追加に失敗しました。

ノートに戻り、もう一度やり直してください。

すでに1,000件のノートが登録されています。

新しく追加したい場合は、My知恵袋の「知恵コレクション」ページで登録されているノートを削除してください。

追加できませんでした。

ノートは削除されました。

電磁波犯罪、マインド・コントロールの真実

ライターさん(最終更新日時:2013/6/11)投稿日:

  • ナイス!:

    19

  • 閲覧数:24386

印刷用のページを表示する

電磁波犯罪とマインド・コントロール


 レーダーに使われる電磁波を悪用して、他人をマインド・コントロールしたり、精神疾患にする悪質な犯罪があります。電磁波は眼に見えないし、体調不良になっても、電磁波の影響であることは医者でも分かりずらく、簡単に完全犯罪ができます。
 電磁波の強度を大きくすることにより、慢性疲労などの症状がある電磁波過敏症も容易に引き起こせます。電磁波をスポットライトのようにビームとして照射して、ヤケドも引き起こせます。
 軍事技術であり、日本では自衛隊のスパイが悪用しています。このことは、当然、秘密であり、悪事がばれないように国家権力が濫用されています。

マイクロ波聴覚効果


 レーダーは第二次世界大戦で戦場に初めて投入されました。第二次世界大戦中に、軍事レーダー基地で、兵士がマイクロ波を発射するアンテナの近くを歩いていたら、頭に「カリッ」「ザーザー」などの音が聞こえる現象が観察されました。これをマイクロ波聴覚効果といいます。マイクロ波聴覚効果では、空気の振動が耳の鼓膜を振動させて、音が聞こえるのと全く異なる機構で音が聞こえます。マイクロ波が頭部に熱衝撃波を発生して、頭部に振動が生じ、内耳の蝸牛が振動を電気信号に変換します。
 テレビ、ラジオの電波と異なって、レーダーは、パルス波形で一方向に電波を発射することに特徴があります。マイクロ波聴覚効果もパルスでマイクロ波を発射したときに発現します。
 軍事技術なので、20年前後、マイクロ波聴覚効果は秘密にされ、1962年に米国コーネル大学のアラン・フレイ教授が応用生理学ジャーナルにマイクロ波聴覚効果を最初に報告しました。この論文では、マイクロ波聴覚効果が発生する電磁波パルスの条件が詳細に記載されています。
 1999年6月に、世界保健機構(WHO)が「レーダーと人の健康」という報告書を作成し、この報告書にもマイクロ波聴覚効果は記載されています。

http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf

 マイクロ波聴覚効果を示す電波の条件、電波の周波数、パルス幅、1秒当たりのパルスの回数は、下記のリンクのモトローラ・フロリダ研究所の文献に記載されています。

http://www.freedomfchs.com/auditoryresponsetopulsedrf.pdf



マイクロ波聴覚効果を利用した通信システム;幻聴発生装置

 軍事レーダーの送信機は、1秒に100回~1000回程度、等間隔にパルスを発射します。パルスは極めて短い時間だけマイクロ波を照射するものであり、ストロボに似ています。


 このように等間隔にパルスを頭部に照射したとき、「ポン」、「クリッ」という音が頭の中に聴こえるだけであり、はっきりした音声は伝達できません。


 そこで、送信機からパルスを発射するタイミングを工夫して、音声の波形を脳に直接、伝達する研究がされました。 


 軍事レーダーにマイクを接続する通信システムが開発されました。この通信システムでは、マイクに向かって話しをすると、レーダーのアンテナからマイクロ波が発射され、直進して人に当たって、人の頭の中でその話しが聞こえます。


 マイクロ波がパルス波形で発射するタイミングが、マイクに入力した音声の波形で制御されています。


 要するに、何もないところから人の声が聞こえ、幻聴を引き起こせます。


 2006年12月に、米国陸軍が「非致死性兵器の一部の生体効果」という題名の報告書を情報公開し、永年秘密にしていたマイクロ波聴覚効果を利用した通信システムを公表しました。この通信システムは、非致死性兵器でもあり、電磁波兵器でもあります。この通信システムが、マインド・コントロールに悪用されているのです。

「非致死性兵器の一部の生体効果」という英文報告書は下記サイトにあり、
マイクロ波聴覚効果を利用した兵器は、報告書6~8ページに記載されています。

http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf

 余談ですが、「非致死性兵器の一部の生体効果」という英文報告書8~10ページでは、癲癇を発生させる電磁波兵器も情報公開されています。基本的には、強烈な電波を人間の脳に発射して、気絶させるのです。
 電波は眼に見えず、証拠が残らないから完全犯罪がされています。

思考盗聴の技術

 マイクロ波を利用して、脳の活動から思考を解読することができます。換言すれば、人の心を読むことができます。信じられないでしょうが、脳科学は軍事技術として極めて高度なレベルを達成しているのですが、一般には軍事技術として秘匿されています。
 思考盗聴の技術の基本特許は、米国特許6011991号です。米国特許6011991号は、脳波を分析する、又は脳活動を使用する通信システム及び方法に関します。
 この通信システムでは、被験者が思考するだけで、被験者の脳波を分析することにより、人工衛星を使って、その思考を遠隔地に伝達します。この人工衛星は、ペンタゴンが運用している軍事衛星です。
 この米国特許に記載されている例示では、被験者がヨーロッパ又は中近東にいるスパイであり、そのスパイに質問するだけで、そのスパイの思考が、米国首都のペンタゴンにいる上司に伝達します。
 この通信システムでは、電話、ファックス、電子メールを使わないので、National Security Agency(NSA)が運用しているエシュロンに捕捉されず、秘密に通信することができます。


 人工衛星を経由して、思考情報を送信するのは米国特許だけでなく、現実にもシステムが構築されています。

 wired という軍事技術情報に強いインターネット雑誌、2008年8月25日号には、米軍が人間の思考を送信するシステムを導入したことを紹介した記事が掲載されています。この記事では、米国Honeywell社は、準備電位として計測できるニューロンの反応を監視して、人工衛星を経由する画像でターゲットを区別するシステムを構築しています[5]。


 軍事通信システムはあまりにも先端技術なので、一般には信じられないものです。

 思考盗聴の技術は、ようやく民生利用も開始し、例えば、脳波コントローラーが発売されています。脳波コントローラーは、心の中で考えるだけで、コンピューターのカーソルを動かすことができ、マウス、タッチパネルなどの代替手段となります。
 パナソニックの新製品の補聴器では、脳波を測定することにより、補聴器の音量を制御することができます。

軍事技術の秘匿性

 2003年に、米国空軍が、マイクロ波聴覚効果を利用する通信システムについて 米国特許6587729号を取得して、米国空軍の関与を始めて明らかにしました。
 実は、ストックリンという発明者が、1989年8月22日に米国特許4858612号を取得して、幻聴を発生させる装置が公表されています。しかし、ストックリン特許では、特許権者の名前を公表せず、米国の軍隊の関与を隠していました。更に、マイクロ波を用いた補聴器と偽装しているので、幻聴を発生させる装置とは分からないように工夫されていました。

通信システムの具体例

 米国ネバダ州に、シエラ・ネバダ社という軍事通信システムを製造する会社の本社があります。シエラ・ネバダ社は、宇宙ステーションと地上との通信システム、空軍基地と戦闘機との通信システムなどを製造しています。
 シエラ・ネバダ社は、米国海軍から約10万ドルの資金提供を受けて、マイクロ波聴覚効果を利用した通信システムを開発し、その通信システムをMEDUSAと命名しました。MEDUSAは、マイクロ波をターゲットの頭部に照射して、マイクロ波聴覚効果という現象により、脳内に音声を発生させます。

http://wired.jp/wv/2008/07/08/マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『medusa』:/

http://japanese.engadget.com/2008/07/08/medusa/


 シエラ・ネバダ社が、最初にマイクロ波聴覚効果を利用した通信システムを開発したのではなく、米国の軍需製品メーカーのレイセオンが最初に開発しました。レイセオンは、マグネトロンというマイクロ波パルス発生器を開発し、マグネトロンを利用してレーダーを開発しています。レイセオンの製品で有名なのは、ミサイル防衛システムであり、例えば、パトリオットミサイルです。

防衛省とテレパシー

 米国防総省の研究開発部門である防衛高等研究計画局(DARPA)は、上記の技術を組み合わせて、テレパシーを実用化しています。日本の防衛省技術研究本部先進技術推進センターは、米国のDARPAからテレパシー技術を導入しました。
 防衛省技術研究本部先進技術推進センターは、「先進技術が開く新たな戦い方」という16ページのマイクロソフトのパワーポイント(登録商標)形式の文書を公表して、その15ページに、テレパシー装置を開発した旨が記載されています。

防衛省情報本部の関与

 防衛省には、情報本部というスパイ組織を担当する部門があり、その傘下の自衛隊には情報保全隊というスパイ組織があります。情報保全隊は、調査隊という部門が名称変更されました。
 情報本部には、電波部という部門があり、電波部長は、慣例として、警視庁公安部から出向した元警察官が赴任します。電波部長を経た後、都道府県警本部に戻っていきます。
 警視庁公安部もスパイ組織であり、刑事事件の有無とは無関係に国民の電話、ファックスを盗聴したり、電子メールを盗み読みしたり、閲覧しているホームページをチェックしたり、ネットの書き込みを読むなどのスパイ活動をしています。例えば、ロシアなどの共産圏出身者、北朝鮮出身者、中近東(イスラム圏)出身者などに対して、刑事事件の有無とは無関係に、通信傍受法に違反して非合法に電話盗聴などをしています。
 情報保全隊は、全国に設けられている通信所に勤務して、シギントに従事しています。シギント(SIGINT; signal intelligence)とは、通信、電磁波、信号等を媒介とした諜報活動です。通信所は、埼玉県大井通信所などがありますが、陸上自衛隊の駐屯地(例えば、東京都練馬区の朝霞駐屯地)にも情報保全隊の隊員が配備されているようです。
 しかし、現実には、シギントと称して、上述したマイクロ波を利用した通信システムを使って、ターゲットとなった国民の脳に音声を聞かせ、マインド・コントロールを行っています。
 防衛省情報本部を頂点とする自衛隊のスパイ組織と、公安警察が協力関係にあることから、自衛隊のスパイが日本国内で非合法活動をしても、警察が介入せず、非合法活動を放置しています。

法的側面

 防衛省、自衛隊に付与された権限を逸脱して、マイクロ波を利用した通信システムを悪用して、国民を精神疾患にする行為は、刑法の傷害罪となります。
 傷害罪は、人間の生理機能を害した場合に成立し、実務的には、医者の診察を受けるような健康被害が生じたときに成立します。傷害罪は、典型的には、暴行の結果、ケガをしたときに成立しますが、暴行によらない傷害罪も摘発されています。
 しかし、現実には、暴行によらない傷害罪は珍しく、警察署の警官には初耳のことも多いです。マイクロ波を利用して、他人の脳に音声を送信することができる技術が完成しているということは、普通の警官には理解不能であり、犯罪被害が認知されていません。


マイクロ波の指向性

電波の波長は、0.1mmから10万キロにまで及び、電波の性質は波長によってかなり異なります。

超長波、長波、中波、短波、マイクロ波と波長が短くなっていますが、マイクロ波になると直進性を帯びます。

指向性アンテナから発射したマイクロ波は、ビームとなって直進する性質があります。この直進する性質がレーダーに適しているということもあります。

マイクロ波パルスがターゲットに当たって、ターゲットで反射するとき、直進性の性質があるので、ターゲットの方角、及び、ターゲットとの距離が計測できるのです。

ちなみに、遠距離レーダーの瞬間出力は、1メガワットから10メガワットにもなり、遠距離レーダーは、3000キロ離れたターゲットの位置を計測できます。

マイクロ波が拡散するので、人体に影響を及ぼせないというのは事実に反します。

まず、マイクロ波は指向性があり、直進するからです。

次に、マイクロ波聴覚効果が発生するレーダーは、出力が桁違いに大きいからです。

マイクロ波と脳波の関係

マイクロ波は搬送波であり、連続波でなく、パルスで脳に発射します。
パルス幅は、例えば、1秒の100万分の1です。

脳波は、0.5ヘルツから30ヘルツの周波数の電磁波になります。

簡単な例としては、1秒に10回、マイクロ波パルスを頭部に発射したときに、10ヘルツの脳波を形成できます。

計測される脳波は単純な波形ではないので、個々のマイクロ波パルスの強度を変化させながら、1秒に100回~800回も発射すれば、複雑な波形の脳波を形成できます。

事実を否定する人達

マイクロ波の可聴、マイクロ波聴覚効果は、このノートに引用した文献により立証することができます。

可聴性マイクロ波を利用して、人間の脳に直接、音声を送信する兵器が開発されていることは、米国陸軍が情報公開した文書などで立証することができます。

日本では、軍事に関する事項は、都合が悪いといくらでも否定する人が登場します。南京大虐殺は無かったと否定する人もいます。

ノートのアドバイスを拝見しましたが、知識が不足しているか、都合が悪いから否定しているかの何れかに過ぎません。

ガリレオ・ガリレイ

ガリレオ・ガリレイは、
天動説が一般的だったヨーロッパ中世に地動説を唱え、
当時の権力者である教会から異端のレッテルを貼られました。

21世紀の日本では、電波は聴くことができない、
という電波不可聴説が一般的です。 

ところが、実験結果は、マイクロ波パルスは可聴であることを
示しています。 

1999年6月に世界保健機構が作成した「レーダーと人の健康」という文献も、
200メガヘルツから6.5ギガヘルツの
周波数の電波をパルスとして人間の頭部に発射したとき、
ザーザー、カチカチ、シューシュー、ポンポンなど様々な音として聞こえることを明記しています。


脚注

[1] マイクロ波の可聴は下記の文献にあります。

(a) 「変調された電磁波エネルギーに対するヒト聴覚系の応答」
Allan Frey, J. Applied Physiology, 17:689-692, 1962

http://www.thatte.net/frey.pdf


(b) Taylor EM, Ashleman BT 
"Analysis of Central Nervous System Involvement 
in the Microwave Auditory Effect"
Brain Research 74:201-208; 1974

(c) ”Cochlear microphonics generated by microwave pulses”
Chou C, Galambos R, Guy AW, Lovely RH
The Journal of Microwave Power [1975, 10(4):361-7]

(d) "Microwave Hearing: Evidence for Thermoacoustic Auditory Stimulation
by Pulsed Microwaves"
Kenneth R. Foster and Edward D. Finch
Science 19 July 1974:
Vol. 185 no. 4147 pp. 256-258

(e) 

1999年6月

世界保健機構(WHO)

ファクトシート226
電磁界と公衆衛生「レーダーと人の健康」、

4ページ、「パルス化されたRF界」という段落にマイクロ波聴覚効果が記載されています。


http://www.who.int/peh-emf/publications/facts/radars_226.pdf

RF界とは、電波(RF)で生じる電界であり、
パルス化されたRF界とは、パルス波形の電波で生じる電界を意味します。

この段落では電界について記述するものではないので、
パルス化されたRF界は、パルス波形の電波と同義になります。

[2]  マイクロ波の可聴を応用した音声送信装置の文献

(a) 著者:ドン・ジャステセン

題名:「マイクロ波と行動」

雑誌:アメリカ心理学者、1975年3月号、391-401ページ


Microwaves and Behavior by Don Justesen, 
American Psychologist, March 1975, pp. 391-401.


著者のジャステセン医師は、
米国ミズーリ州カンザス市、
退役軍人管理病院、
実験神経心理学研究所に勤務しています。

ジャステセン医師は、上記の論文発表後、
カンザス大学医学部精神学科教授を兼任しています。

ジャステセン医師は、レーダーを動物に照射した動物実験について、
多数の論文を発表しています。

(b) 文書作成日:2006年12月13日
文書作成者:米国メリーランド州、フォートジョージ・ミード
米国陸軍 情報保全隊 情報公開室長スーザン・J・バターフィールド
文書の名称:「一部の非殺傷性兵器の生体効果」

http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf

[3]  マイクロ波の可聴を応用した音声送信装置の米国特許

米国特許4858612号
米国特許6470214号(米国空軍が特許権者)
米国特許6587729号(米国空軍が特許権者)

[4]  テレパシー通信の文献

(a) インターネット雑誌: Wired 2008年8月25日号
著者: Noah Shachtman
記事: 「合成テレパシー」の開発:思考をコンピューター経由で伝達

(b)防衛省 技術研究本部 先進技術推進センター
「技本判ifの世界(先進技術が開く新たな戦い方)」、
15ページ。

http://www.mod.go.jp/trdi/research/dts2011.files/low_pdf/R5-2.pdf


防衛省公式サイトの文献、15ページの表の下部に、
「IFの世界の実現化」と記載されています。
 
従って、強化スーツ、光線銃など、SFと思われている製品を研究開発して、
軍用品として実用化したことを示しています。
 
強化スーツ、光線銃などは軍用品として開発済みなのは確認できます。
 
次に、軍用品が民生利用されるのが通常の技術の流れです。
 
原爆が製造され、その後、原子力発電所が開発されました。
 
戦前、レーダーが製造され、戦後、電子レンジが開発されました。
 
1970年頃、米国陸軍がコンピュータ通信システムARPANETを実用化し、
1990年代に一般社会にインターネットが爆発的に普及しました。
 
同様に、テレパシー装置が開発され、
その後、ブレイン・マシン・インターフェースとして
民生利用されています。

ブレイン・マシン・インターフェースが民生利用された商品としては、
脳波に反応するネコ耳、脳波入力するツイッターなどです。

2012年11月17日に脚注を挿入しました。

[5] 雑誌: Wired 2008年8月25日号
著者: Noah Shachtman
記事: 「合成テレパシー」の開発:思考をコンピューター経由で伝達
ネット: http://wired.jp/2008/08/25/「合成テレパシー」の開発:思考をコンピュータ/


2012年12月15日に、[5]の文献を追加しました。
この文献には、人工衛星を経由して、人間の思考を送信することも記載されています。

参考

防衛省がテレパシー通信技術を開発していることは、
知恵ノートの「テレパシーの秘密」を参照してください。

テレパシーの技術的側面は、
知恵ノートの「テレパシーの科学」で説明しています。

幻聴に関しては、知恵ノートの
「幻聴の秘密 その1~その6」で
詳細に解説しています。

マイクロ波聴覚効果に関しては、
知恵ノートの「マイクロ波聴覚効果」に詳細に解説しています。


このノートのライターが設定した関連知恵ノート

このノートについて質問する

このノートについてライターの方に質問できます。

※ライターの方から必ず回答をいただけるとは限りません

※別ウィンドウで開きます

この知恵ノートのライター

グレード

グレード知恵ノートのグレード:1-3

patentcomさん

ガリレオ・ガリレイは、天動説が主流だった中世イタリアで、 ...[続きを見る]

その他の知恵ノート(78件)
中国戦艦の射撃制御レーダーの...
領海侵犯?
完全犯罪の秘密
皆に知ってもらいたいこと
国家テロの現実

ピックアップ

【iPhone】修理交換の申込方法...
 ※追記※2015/1/30現在iPhone6及び6+が発売されたのを受け、情...
お尻や足の贅肉にさよなら、「...
本にできない「正しい」下半身ダイエットなぜ「本にできない...
耳鼻科の先生に聞いた、しゃっ...
  皆さん、しゃっくりってわずらわしいですよね  ある時急に...
本文はここまでです このページの先頭へ